地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

かしこい地鶏は自撮りを好む

題名:かしこい地鶏は自撮りを好む 報告者:トシ 地鶏は在来種由来の血液百分率が50%以上の国産銘柄鶏の総称であるが1)、その名称に見合う鶏として、日本農林規格 (JAS) で4つの条件が課せられている。①在来種由来の血統が50%以上で出生証明ができる素びな…

トロッコに乗る我々ヒトという種の遺伝子

題名:トロッコに乗る我々ヒトという種の遺伝子 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、人生はメビウスの帯として近似できる可能性を提言し、人生は永遠に巡る謎を示した。ここでは、…

和牛と国産牛の違いから、新たな和牛のお肉感を探る。

題名:和牛と国産牛の違いから、新たな和牛のお肉感を探る。 報告者:トンカツる 食卓に上るお肉には、一般的に、牛肉、豚肉、鶏肉が挙げられよう。その他にも、ラム肉などあるが、どこの店頭でも見かけるのは、やはり先の3種類となる。さらに、この中でも牛…

人生はメビウスの帯なり

題名:人生はメビウスの帯なり 報告者:ダレナン 一人の人の人生は、人類の悠久の歴史から考えるとわずかしかない。平成27年の男性と女性の平均寿命は総務省統計局によれば、男性が80.79歳、女性が87.05歳とされている1)。ただし、健康寿命はこれよりも少な…

てんさい糖の調査

題名:てんさい糖の調査 報告者:ちょろりん 名前で得をする食品もあれば、その逆もある。表題に示した「てんさい糖」は間違いなく特をする方であろう。「てんさい糖」のてんさいとは、文献1)によれば、むろん天才ではなく、てん菜と書き、見た目は大根のよ…

クマのおそろしさとかわいらしさの乖離

題名:クマのおそろしさとかわいらしさの乖離 報告者:ゴンベ クマは哺乳類に属する動物である。日本にいるクマの種類は、ツキノワグマとヒグマの2種類であるが、その生息地は本州にはツキノワグマ、北海道にはヒグマとなる。なお、九州にはクマはいないとさ…

ぱふぱふプ~の日々 :うふぉー、生まれかわるなら~この人シリーズ。まさにテキトーな第二報。

第一報と同じく、まさに、テキトーすぎる第二報なので~あります。 申し遅れました。今日もぱふぱふプ~の日々を過ごす、エルベナノデ~帝国たる謎の研究室にいる特派員 ハペボンなので~あります。 ぱふぱふプ~の日々は、ぱふぱふゆえに、ぱふぱふプ~なの…

スキーにおけるスピードを計算する

題名:スキーにおけるスピードを計算する 報告者:ログ ウィンタースポーツの代表と言えば、スキー(スノボ)とスケートになるであろう。スキー(スノボ)は屋外がメインとなり、スケートは室内がメインとなる。そのため、屋外の天候にも左右されやすいが、雪質…

オムライスの世界、世界のオムライス

題名:オムライスの世界、世界のオムライス 報告者:トンカツる オムレツとライスの組み合わせでオムライス。まさに、点と点が合わさって、線が引かれたようなメニューである。そういう意味で言えば、この記事にも示されたように、PPAP法則の料理版とも言え…

プロ意識とは

題名:プロ意識とは 報告者:トシ プロとはプロフェッショナルの略であり、職業的である、専門的である、との意味が連想される。辞典でも、英語の元々の意味として、職業上の、専門的な、などの意味があり、あながち間違いではない1)。その一方で、アマチュ…

重さの単位からお肉の単位へ

題名:重さの単位からお肉の単位へ 報告者:ちょろりん 重さの単位には、一般的にはg(グラム)が基本となる。ただし、g(グラム)は、正確には質量の単位であり、国際単位系(SI)においては、キログラム(kg)の1000分の1の質量と定義されている1)。しかしながら、…

いしてるの心を知るための宇宙規模的な観測

題名:いしてるの心を知るための宇宙規模的な観測 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、いしてるの心について記述し、この記事にて、いしてるの心について機械的に反論した。ここで…

いしてるの心を知るに対する機械的な反論

題名:いしてるの心を知るに対する機械的な反論 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 自らの記事に対して、自ら反論するのはいささか妙な形式となりうるも、ここでは、機械側から見た反対の論理と…

いしてるの心を知る

題名:いしてるの心を知る 報告者:ダレナン 人の関係は、人と人との暗黙の了解でなされるだけではなく、コミュニケーションによって成立する。中にはテレパシー的な能力を有して(この記事も参照)、人と人と具体的な会話なくとも以心伝心なる状況も起こり得…

© 2015- 地底たる謎の研究室