地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

トイレでのスマホ所有率について

題名:トイレでのスマホ所有率について 報告者:エコノ ガラケー(フューチャーフォン)からスマホ(スマートフォン)へと情報端末の所有率がここ数年で大きく変化した。MM総研によると、ガラケーもスマホも携帯電話として見なした場合、スマホは2016年比で1.5%…

カラアゲとトンカツの人気と歴史の違い

題名:カラアゲとトンカツの人気と歴史の違い 報告者:トンカツる カラアゲとトンカツの違いについて、ここで今更述べることもないが、まずは材料となる肉が違う。カラアゲは鶏肉、トンカツは豚肉である。どちらも肉料理として著名であるが、かつての調査(こ…

ゾンビによる世紀末様相の再現 -Munz博士らの研究の追試-

題名:ゾンビによる世紀末様相の再現 -Munz博士らの研究の追試- 報告者:トシ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、カナダのカールトン大学のPhilip Munz博士の論文1)を提示した。Munz博士らは疫学の…

ハムスターの回し車における発電量の計算

題名:ハムスターの回し車における発電量の計算 報告者:ダレナン これまで当ショではハムスターに関する様々な研究を報告した。ここでは、この記事でも記載したハムスターの回し車(ハムスターの仕事)に関して、物理学的な意味での仕事率を求め、ハムスター…

コミュニケーションにおける誤解を説く –ヒューマン-ヒューマン間の不満を探って-

題名:コミュニケーションにおける誤解を説く –ヒューマン-ヒューマン間の不満を探って- 報告者:ダレナン ヒトの生活ではコミュニケーションを欠かすことが出来ない。そもそも、ヒトはヒト一人では存在は成し得ず、ヒトとヒトとの間の何らかの連携で生活が…

運命の赤い糸の素材を考える

題名:運命の赤い糸の素材を考える 報告者:ゴンベ 糸には様々な素材がある。特に、手編みの手芸においてよい素材となるのは、20/8綿糸、あるいは、ウールの中でも上級種とされるメリノウール糸、あるいは、南米に生息するラクダの1種であるファインアルパ…

3:06の静かなる王者のレクイエムにおけるひとつの解釈

題名:3:06の静かなる王者のレクイエムにおけるひとつの解釈 報告者:ゴンベ 人は年齢を経るごとに経験は多くなるも、現実に対してはより現実的となり、次第に夢を忘れる。目の前にある現実的な仕事に自らが埋没してしまうことで、かつてあった夢も次第に埋…

感性とは

題名:感性とは 報告者:アダム&ナッシュ 感性とは字の如く感じる性質であり、ある対象物を観て、それを心の中で如何にして捉えているかが、重要視される。特に、アートの分野ではこの感性が重要であり、これをなくしては創造ができない。一方、脳科学におい…

もしもカレーライスがスイーツだったら…

題名:もしもカレーライスがスイーツだったら… 報告者:ちょろりん カレーライスは今やラーメンなどと並ぶ国民食である。あるいは、カレーライスやラーメンは専門店の多さや日本独自での発展を考えると、もはや完全な日本料理とも言えるであろう1)。 カレー…

主観世界を詠む -ショコラスペシャルからの思想-

題名:主観世界を詠む -ショコラスペシャルからの思想- 報告者:ダレナン 文字や記号、画像といったコミュニケーションツールを利用して、ヒトは互いの共通の理解を測る。しかしながら、そのツールもヒトの個性によって種々様々であり、機構や精度もかなり異…

ヒトの時空間知覚における諸問題の一解法

題名:ヒトの時空間知覚における諸問題の一解法 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、ヒトの心理的な時間の矢に関して、虚の時間を行き来するヒトの意識の無意識が存在し、それゆ…

女性ポートレイト写真における白と黒の表現法に潜む魅力と魔力

題名: 女性ポートレイト写真における白と黒の表現法に潜む魅力と魔力 報告者: アダム&ナッシュ 現在の写真の多くはカラーが標準であり、白黒で仕上げることは非常に少ない。銀塩時代は、白黒フィルムからカラーフィルムへと変遷した経緯があったために、古…

「小さなことからコツコツと」のギャグが、やがて名言と至る背景理論

題名:「小さなことからコツコツと」のギャグが、やがて名言と至る背景理論 報告者:ダレナン お笑いタレントで”ちょー”が付くほど有名な西川きよし氏のギャグに、「小さなことからコツコトと」がある。そのギャグが生まれるきっかけは、文献1)に詳しいが、…

Welcome To The 地球動物園 from 宇宙人

題名:Welcome To The 地球動物園 from 宇宙人 報告者:宇宙人 あと何年後か、あるいは何十年後か、あるいは何百年後かは分からないが、いずれ発見されるであろう(かもしれない)宇宙のかなたに暮らしている宇宙人からのメッセージとして、ここで捉えるのもよ…

© 2015- 地底たる謎の研究室