ゴーガイジャー191 :うひょー、あこがれのサブマリンでデープシーへとするあなたのために

いつもは地底のエルベナノデ~帝国たる謎の研究室にいる特派員 ハペボンなので~あります。 が、時に、地底から地上を覗きたくなるなので~あります。 が、しかーし、地底潜水艇の夢ばかりみてはいけないなーと、ふと、思ったなので~あります。 そして、夢…

スキーにおけるスピードを計算する

題名:スキーにおけるスピードを計算する 報告者:ログ ウィンタースポーツの代表と言えば、スキー(スノボ)とスケートになるであろう。スキー(スノボ)は屋外がメインとなり、スケートは室内がメインとなる。そのため、屋外の天候にも左右されやすいが、雪質…

オムライスの世界、世界のオムライス

題名:オムライスの世界、世界のオムライス 報告者:トンカツる オムレツとライスの組み合わせでオムライス。まさに、点と点が合わさって、線が引かれたようなメニューである。そういう意味で言えば、この記事にも示されたように、PPAP法則の料理版とも言え…

プロ意識とは

題名:プロ意識とは 報告者:トシ プロとはプロフェッショナルの略であり、職業的である、専門的である、との意味が連想される。辞典でも、英語の元々の意味として、職業上の、専門的な、などの意味があり、あながち間違いではない1)。その一方で、アマチュ…

重さの単位からお肉の単位へ

題名:重さの単位からお肉の単位へ 報告者:ちょろりん 重さの単位には、一般的にはg(グラム)が基本となる。ただし、g(グラム)は、正確には質量の単位であり、国際単位系(SI)においては、キログラム(kg)の1000分の1の質量と定義されている1)。しかしながら、…

いしてるの心を知るための宇宙規模的な観測

題名:いしてるの心を知るための宇宙規模的な観測 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、いしてるの心について記述し、この記事にて、いしてるの心について機械的に反論した。ここで…

いしてるの心を知るに対する機械的な反論

題名:いしてるの心を知るに対する機械的な反論 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 自らの記事に対して、自ら反論するのはいささか妙な形式となりうるも、ここでは、機械側から見た反対の論理と…

いしてるの心を知る

題名:いしてるの心を知る 報告者:ダレナン 人の関係は、人と人との暗黙の了解でなされるだけではなく、コミュニケーションによって成立する。中にはテレパシー的な能力を有して(この記事も参照)、人と人と具体的な会話なくとも以心伝心なる状況も起こり得…

しょうゆの作り方

題名:しょうゆの作り方 報告者:トンカツる 当たり前のように使用されている調味料にしょうゆがある。日本の料理では、その多くは、このしょうゆを欠かすことができない。それだけ、当たり前に存在しているにも関わらず、そのしょうゆがどのように作られて…

地底、未知、探検を実現する鉄モグラの構造

題名:地底、未知、探検を実現する鉄モグラの構造 報告者:トシ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 映画「地底王国」は、この記事でも述べたように、エドガー・ライス・バローズ作の「地底世界ペルシダー」を元に…

薬とチョコレートを同時に摂取する実験

題名:薬とチョコレートを同時に摂取する実験 報告者:トシ はじめに 良薬は口に苦しということわざがあるように、一般的に薬は苦いことが多い。一方、チョコレートは甘いお菓子のイメージがあるも、チョコレートの歴史を探ると、アステカ文明においてはチョ…

道楽という人間性を紐解く

題名:道楽という人間性を紐解く 報告者:ダレナン 道楽という語句は道楽者と連想され、その意味には、怠け者、あるいは、横着者というネガティブな要素がある。その他にも、本業に身を入れない者という意味もあり1)、とかく人に対する語句としては悪い印象…

世界最大のキノコの調査

題名:世界最大のキノコの調査 報告者:トンカツる キノコの世界は奥深い。一見、植物と思えるものの、分類上では菌類に属するため(この記事も参照)、その特徴も植物とは大いに異なる。前川二太郎博士1)によれば、植物に比べてキノコのような菌類は研究が進…

人間とコンピューターのスペック比較

題名:人間とコンピューターのスペック比較 報告者:ナンカイン 人間は生物である。コンピューターは機械である。そのため、人間とコンピューターを比較しようにも比較できない。しかしながら、人工知能の技術がどんどんと進化している現在は、やがて人間の…

茶色の温泉を探せ

題名:茶色の温泉を探せ 報告者:トシ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、家庭のお風呂における入浴剤の色について、透明がいいのか、はたまた、にごりがいいのかについて問い正した。ここでは、家…

重い重りに細い糸がついていて、それが無慈悲に揺れると重りは必ず落下する。

題名:重い重りに細い糸がついていて、それが無慈悲に揺れると重りは必ず落下する。 報告者:ゴンベ 人の精神は他人からの影響を受けて形成される。それは人が他人を意識するようになった年齢から始まり、一生続く。その影響は、あらゆるテクノロジーがもた…

コウモリの超音波にみる危機管理能力の高さ

題名:コウモリの超音波にみる危機管理能力の高さ 報告者:トシ コウモリは、脊椎動物亜門哺乳綱コウモリ目に属する1)。ちなみに、ネズミは、脊椎動物亜門哺乳綱ネズミ目に属し、イヌは、脊椎動物亜哺乳綱ネコ目イヌ亜目に属する2), 3)。さらに、トリは、脊…

共同、協同、協働という3種のきょうどう

題名:共同、協同、協働という3種のきょうどう 報告者:トンカツる 日本語は漢字、カタカナ、ひらがなと3種類の表現があり、とても難しい。日本で育ち、日本で暮らしている筆者とて、その様々な表現方法に戸惑うことも少なくない。さらに、最近では、英語を…

スポンジケーキにおける「絶対ふくらむ方程式」について

題名:スポンジケーキにおける「絶対ふくらむ方程式」について 報告者:エコノ スポンジケーキは、あまりにも固く締まっていると、スポンジとはいえない。場合によって、それは、岩石ケーキともなる。そのため、如何にしてスポンジ化を実現できるかが、スポ…

近代モダニズムの精神に呼応するパンツの形状

題名:近代モダニズムの精神に呼応するパンツの形状 報告者:ナンカイン 人はあらゆることに対して理論づけしようとする。特に、年齢とともに経験値が大きくなるために、「俺は(私は)、いろんなことを知っているんだぜ(知っているから)」と言わんばかりに、…

ポリアの壺問題における第三番目の壺

題名:ポリアの壺問題における第三番目の壺 報告者:エゲンスキー 世の中にイノベーションを起こすことは非常に難しい。それは、その元となる事象が世間ではまだ確定していないことも要因としてありうる。すなわち、何がイノベーションとなるのか、あるいは…

お風呂の入浴剤は、透明がいいのか、はたまた、にごりがいいのか?

題名:お風呂の入浴剤は、透明がいいのか、はたまた、にごりがいいのか? 報告者:トシ お風呂に入るに際して、非常に難しい問題がある。それが表題の入浴剤の問題である。ある読者の方にとっては、実にどーでもよい問題かもしれない。しかしながら、筆者はあ…

トートバックの歴史から浮かび上がる2人の女性デザイナー

題名:トートバックの歴史から浮かび上がる2人の女性デザイナー 報告者:エコノ トートバックはとても便利である。口ががばっと開いていて、なんでも入れやすい。しかも、丈夫なものも多く、適当になんでも詰め込んでも、破けることが少ない。そのトートバッ…

スポンサードリンクを調査する

題名:スポンサードリンクを調査する 報告者:ログ スポンサードリンクという名から、どのようなものが浮かぶであろうか。一般的には、スポンサーは、ラジオ・テレビなどの放送番組の提供者として認識されていることから、スポンサーとドリンクを分けて考え…

夢を描く曲線

題名:夢を描く曲線 報告者:キャらまろ 才能は持って生まれた能力であり、努力では買うことはできない。しかしながら、努力することによって人の才能を開花させることもできる。それが、アンジェラ・リー・ダックワース博士曰く「やり抜く力」1)であり、ど…

大人的にケーキショップをオープンするには

題名:大人的にケーキショップをオープンするには 報告者:エコノ ケーキはスイーツの代表でもあり、王道でもある。そのため、ケーキを上手に作ることができれば、その夢はやがてケーキショップへのオープンへと繋がることも多いであろう。その先の一歩とし…

掃除機ロボットの人工知能能力の進化に関する一考察

題名:掃除機ロボットの人工知能能力の進化に関する一考察 報告者:ナンカイン 今の家電の中でも最も人工知能が進んでいるものと言えば、掃除機になるであろう。掃除機ロボットの代名詞でもあるルンバは、2017年1月30日現在での最新型はルンバ980になるが、…

地底レストラン:うほぃ~、あなたという人格を金額で表してみたラーメンはいかが~

いつもは地底のエルベナノデ~帝国たる謎の研究室にいるB級シェフ ハペボンなので~あります。 先日から始まった地底レストランでのお食事タイムなので~あります。 またもや懲りずに今日もB級シェフ ハペボンとしてエンヤコラなメニューを追加した、なの…

新しいフェロモンを発見する。

題名:新しいフェロモンを発見する。 報告者:ちょろりん フェロモンとは、行動や生理学的な変化をうながす物質であり、その存在の発見は、フランスの博物学者であるジャン=アンリ・ファーブルの時代まで遡ることができる。ファーブルは、ガのオオクジャクヤ…

地底潜水艦の開発の進捗状況

題名:地底潜水艦の開発の進捗状況 報告者:トシ 今や人類にとって、地球上で行けない所はなくなった。空であれば、飛行機、あるいは、宇宙船が活躍し、海であれば、船、あるいは、潜水艦が活躍する。その潜水艦については、初期に開発された潜水艦の仕組み…