撮影における光と影を求めて

題名:撮影における光と影を求めて 報告者:アダム&ナッシュ 写真にしても、動画にしても、撮像素子に受光された電荷の量が、画像・映像となる。撮像素子には大きく分けてCCDとCMOSのタイプがあるが、どちらも光の強弱をフォトダイオードでとらえ、カラーフ…

人からのパーソナルスペースに伴う余波は、第3者をも否応なしに緊張させる

題名:人からのパーソナルスペースに伴う余波は、第3者をも否応なしに緊張させる 報告者:アダム&ナッシュ 人と人との間に存在する距離に関して、心理学的にいわゆるパーソナルスペースが存在する。パーソナルスペースとは、人と人との間にある目に見えない…

写真からの頭身の計測

題名:写真からの頭身の計測 報告者:アダム&ナッシュ 写真は絵画と違って真実を写す。近年ではレタッチによる補正はあるものの、歪曲・誇張されたレタッチでなければ、写真そのものはよいわるいは関係なく、レンズを通して機械的に受光素子に撮像されるもの…

人の顔の構造とその美しさの基準

題名:人の顔の構造とその美しさの基準 報告者:アダム&ナッシュ 人の顔の構造は、特に言うまでもなく誰もが知っている内容であり、例えば、パーツで言えば、眉毛は二つ、目は二つ、鼻は一つ(ただし、鼻の穴は二つ)、口は一つ(ただし、唇は上に一つ、下に一…

絵画におけるリアリズムを思索する

題名:絵画におけるリアリズムを思索する 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 本記事は先に筆者らの個人的な好みが色濃く反映されているかもしれないことを前もって伝えたい。それは、絵…

写真がもたらした絵画の変遷

題名:写真がもたらした絵画の変遷 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて写真の絵画的なアプローチについて調べるとともに、この記事では写真が発展した当時の画家への絵画手…

写真の歴史を紐解き、当時の画家への影響を考える

題名:写真の歴史を紐解き、当時の画家への影響を考える 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事にて写真と絵画の技術の違いについて述べるとともに、近年では写真もアートとし…

写真における絵画的アプローチ

題名:写真における絵画的アプローチ 報告者:アダム&ナッシュ この記事とこの記事において、我々は写真と絵画の根本的な技術の違いについて説明した。そして、そこでは、写真は被写体を際立たせるマイナスの技術を要し、絵画は被写体を塗り込めるプラスの技…

85mmレンズの構造 -Carl Zeiss社の3つのレンズからの比較-

題名:85mmレンズの構造 -Carl Zeiss社の3つのレンズからの比較- 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事にて、ポートレイト写真における85mmの画角の一例として、フランスの写…

85mmレンズの特徴と、それを所有することで得られる心理的な影響

題名:85mmレンズの特徴と、それを所有することで得られる心理的な影響 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 まず初めに、私ごとではあるが、筆者らのカメラの系譜について供述させていた…

ポートレイト写真における85 mm画角の研究

題名:ポートレイト写真における85 mm画角の研究 報告者:アダム&ナッシュ 「ポートレイト写真でもっともよい画角をもつ単焦点レンズは?」という質問に対して、ある程度のカメラやレンズの知識がある人であれば、「85 mm」と答えるに違いない。その通りであ…

写真撮影における前後の文脈

題名:写真撮影における前後の文脈 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事にて、一枚の写真1)からその撮影に伴う技術的な背景を探った。ここでは、その写真の同時間帯であろう…

写真撮影に伴う技術的な背景

題名:写真撮影に伴う技術的な背景 報告者:アダム&ナッシュ 写真はある一瞬の出来事を記録した映像となる。例えば、撮影においてシャッタースピードが1/100秒であったならば、1秒の100分の1に相当する時間の瞬間を撮影したことになる。人物の撮影の場合は…

センスは努力で磨かれる

題名:センスは努力で磨かれる 報告者:アダム&ナッシュ まずは、標題について、それがYesかNoかを問いただしたい。センスははたして努力次第で磨かれるものなのか? 答えはYesでもありNoでもある。この記事にもあるように、天才的な場合に基づくセンスは先…

写真が持つ実在性について

題名:写真が持つ実在性について 報告者:アダム&ナッシュ 絵画と写真の違いについては、この記事で報告したように、絵画はプラスの技術、写真はマイナスの技術を必要とする。それは、像を得る技術的な過程でもって明らかではあるが、絵画は写実派や印象派な…

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」における推定上面図からのポージングの一仮説

題名:フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」における推定上面図からのポージングの一仮説 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて「真珠の耳飾りの少女」における構図について…

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の構図が持つ意味

題名:フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の構図が持つ意味 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、「真珠の耳飾りの少女」には、光学的な要素が多く含まれている可能性に…

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」における絵画の特徴

題名:フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」における絵画の特徴 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にてフェルメールの時代の流れを述べるとともに、彼の絵画の3つの特徴を挙…

ヤン・ファン・エイクからフェルメールへの流れと、その作品の特徴

題名:ヤン・ファン・エイクからフェルメールへの流れと、その作品の特徴 報告者:アダム&ナッシュ フェルメールは、一般的にヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)と呼称される17世紀のオランダを代表する画家の一人である。この時期のオランダの絵画…

ポートレイト写真における潜在的な無意識の意識を考える

題名:ポートレイト写真における潜在的な無意識の意識を考える 報告者:アダム&ナッシュ ポートレイト写真は、その人物なり、その人物の性格なりを映しだすことが重要である。そのため、如何に撮影者側と被写体側との間に心が通じ合っているかが、そのポート…

写真における顔の傾きと脳のニューロンの方位選択性の関係

題名:写真における顔の傾きと脳のニューロンの方位選択性の関係 報告者:アダム&ナッシュ 人は美に対して限りない欲求がある。特に女性であれば、日々美しくなりたいと願い、あらゆる方法で美しさを磨きあげていることであろう。その美しさは、外面だけでな…

西欧社会における赤毛の秘密

題名:西欧社会における赤毛の秘密 報告者:アダム&ナッシュ 一般的に日本人の髪の毛の色は黒である。やや褐色がかった人もいるが、基本的なベース色は黒である。しかしながら、世界の人々の髪の毛の色は、黒色だけでなく、褐色、茶色、金色、赤色がある。 …

女性のポートレイト写真における美しさの比率

題名:女性のポートレイト写真における美しさの比率 報告者:アダム&ナッシュ ポートレイト撮影では、画像データやフィルムなどに人物の存在感を映しだす必要があり、最終的な出力はディスプレイ上であっても、印画紙であっても、その人物の人となりが表現さ…