家庭用お風呂の最適なサイズ

題名:家庭用お風呂の最適なサイズ 報告者:エゲンスキー 日本には古くからお風呂の文化がある。その根底は、日本には温泉が多く、温泉文化(この記事も参照)もあるからとも言えるかもしれない。風呂文化研究会の資料によれば、日本のお風呂は、お寺で地域の…

果物の歴史と効能

題名:果物の歴史と効能 報告者:エゲンスキー 果物、英語ではFruit(フルーツ)とつづられるが、その魅力は、言うまでもないであろう。匂い・形・色などどれをとっても人の感覚に訴え、人を幸せにし、人と根源的なつながりを持つ1)。その背景には、果物の繁栄…

イチョウの葉の形状の解析

題名:イチョウの葉の形状の解析 報告者:エゲンスキー 本報告書は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、フィボナッチ数列と黄金比の関係について報告があった。そこで、ここでは、イチョウの葉を取り上げ、自…

茶道に対等するコーヒー道への極み

題名:茶道に対等するコーヒー道への極み 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事にて、エチオピアにおけるコーヒーの歴史を調べるとともに、コーヒーの発見となった伝説についても…

エチオピアにおけるコーヒーの歴史

題名:エチオピアにおけるコーヒーの歴史 報告者:エゲンスキー エチオピアは、東アフリカに位置する連邦共和制国家である1)。アフリカ最古の独立国および現存する世界最古の独立国の一つとして知られ、サハラ以南のアフリカでは、ナイジェリアに次いで人口…

ネオジェネレーションな盆栽は、ミニ庭園と化す

題名:ネオジェネレーションな盆栽は、ミニ庭園と化す 報告者:エゲンスキー 古くからの日本の家屋には庭があり、その庭の一角には盆栽がよく見られた。それは日本の風物詩でもあり、盆栽は日本の心と感じる人も中にはいるに違いない。しかしながら、近年の…

ジャガイモの歴史と未来のジャガイモ

題名:ジャガイモの歴史と未来のジャガイモ 報告者:エゲンスキー ジャガイモはその名の通りイモの一種である。時折、人に対して、いわゆる鈍くさいような人を、"イモ"と揶揄するが、それはなぜだろうか。その揶揄とは反対で、実はヨーロッパや北海道の食糧…

室内でもない、屋外でもない、第3の空間

題名:室内でもない、屋外でもない、第3の空間 報告者:エゲンスキー 家庭という字をよく見ると、そこには面白いものが見えてくる。すなわち、家+庭である1)。その家庭は、英語でhomeやfamilyとなるが、homeの語源は、家、家屋、あるいは、ふるさと・場所…

オリーブの起源とその栽培の歴史

題名:オリーブの起源とその栽培の歴史 報告者:エゲンスキー オリーブの起源は古く、古代メソポタミヤ文明まで遡れる1)。そのメソポタミヤとは、ギリシア語で"川と川の間の地"を意味し、メソポタミヤ文明はティグリス川とユーフラテス両河流域にあった世界…

なめこのとろとろの成分について

題名:なめこのとろとろの成分について 報告者:エゲンスキー なめこはとろとろしている。そのため、名前もなめと付いているのであろう。スーパーなのでよく見かけるキノコは、しいたけ、しめじ、えのき、なめこ、エリンギ、まつたけ(その時節のみであるが)…

ギリシア・クレタ島における素焼き鉢の製法

題名:ギリシア・クレタ島における素焼き鉢の製法 報告者:エゲンスキー ギリシアのクレタ島は、ギリシャ共和国南方の地中海に浮かぶ同国最大の島で、古代ミノア文明が栄えた土地でもある。そのため、クノッソス宮殿をはじめとする多くの歴史ある遺跡が現存…

マルメロの陽光を夢見て

題名:マルメロの陽光を夢見て 報告者:エゲンスキー マルメロは中央アジア原産のバラ科マルメロ属の一種で、その果実はカリンとよく似ている。別名でセイヨウカリンと称されることから、カリンの一種として思われていることが多い1)。しかしながら、実際は…

家づくりにおける1.3~1.8回の経験から得られる知識

題名:家づくりにおける1.3~1.8回の経験から得られる知識 報告者:エゲンスキー 家づくりはとても大変である。それは、設計のような平面図から、具体的な家という立体造形を作りだし、さらにそこに居住としての価値が必要とされるからである。価値が必要と…

縁側でお茶を飲むという行為

題名:縁側でお茶を飲むという行為 報告者:エゲンスキー 縁側は日本の古い家屋によく見られ、庭と家の境にあり、段としても機能し、廊下としても機能する空間である。Wikipediaによると1)、日本の和風家屋の独特の構造で、家の建物の縁部分に張り出して設け…

植物は知能を持つか?

題名:植物は知能を持つか? 報告者:エゲンスキー 植物は動物と異なり、素早い動きができない。素早くはなくとも、毎日植物を観察している人であれば、植物の生長は見てとれる。そこに植物の動きを感じる人もいるかもしれない。通常では風などによる外力に…