John Coltraneを語る

題名:John Coltraneを語る 報告者:ゴンベ 表題にあるようにJohn Coltraneを語りたい。しかしながら、おいそれと語ることはできない。Jazz好きの人なら、間違いなくJohn Coltraneを語ることとなれば、一晩でも語りつくせないほどの刺激をColtraneから啓示さ…

PPAP法則に基づく発想の転換

題名:PPAP法則に基づく発想の転換 報告者:ゴンベ PPAP法則とは、今では多くの人が知っている法則と成りえたであろう。この法則を定義したのは天才音楽家のピコ太郎こと、古坂大魔王氏のことである。また、PPAP法則のPPAPとは、これまた今では誰もが (むろ…

恋愛における心情の動きを理解したいがために

題名:恋愛における心情の動きを理解したいがために 報告者:ゴンベ 恋愛において互いの心情を察することは非常に難しい。それは、恋愛でなくとも同じであり、一般的に人はどのようにコミュニケーション技術を磨こうとも、相手の本音を心底で聴きとることは…

笑いの壺を誘発する芸人さんを探せ

題名:笑いの壺を誘発する芸人さんを探せ 報告者:ゴンベ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事で、お笑いにとって大事な筋肉が大頬骨筋であることが分かり、その筋肉の動きを誘発できる芸人さんが、他…

音楽におけるデジャヴ(既聴感)

題名:音楽におけるデジャヴ(既聴感) 報告者:ゴンベ デジャヴとは元々はフランス語でdéjà-vuとなるが、日本語では既視感と訳され、初めて見た景色なのに、見たことがあるような錯覚が起きる現象とされる1)。そのため、正確に言えば、音楽にはデジャヴという…

ブラックホール的な失恋から新たな次元に移行する方法

題名:ブラックホール的な失恋から新たな次元に移行する方法 報告者:ゴンベ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて恋愛がどのようにもたらされるかについて検討したとともに、それによっておこる可能性…

恋愛に伴う重力波の同期現象

題名:恋愛に伴う重力波の同期現象 報告者:ゴンベ 人と人の出会いには、何か見えないひものようなものが間に存在している。それを一般的には赤い糸と呼ぶ。なぜ赤い色とされるのか、あるいは、その糸はどのような素材なのか、という疑問も答えられないまま…

心の中の雨は、いつ降り止むのか?

題名:心の中の雨は、いつ降り止むのか? 報告者:ゴンベ 人は生きるに際して、様々な岐路に立たされる。それは、将来の選択であったり、結婚の決断であったりするが、それらの岐路の中でももっとも深く心に刻まれるものがある。それが、死別と、失恋であろ…

終わりなき愛の回答を、Endless Loveに求めて

題名:終わりなき愛の回答を、Endless Loveに求めて 報告者:ゴンベ この世にいろいろな人がいるように、人と人の恋愛も様々ある。特に近年では、男性と女性だけの間に留まらず、男性と男性、女性と女性、あるいは、その他も実際はあるのかもしれない。それ…

夫婦間の空気を見つめ直す

題名:夫婦間の空気を見つめ直す 報告者:ゴンベ 時として、夫婦に伴う関係を見つめ直すことが迫られる。それは、夫婦自体が事実、赤の他人であり、理解しがたい行動が積み重なり、その理解が相手への不信感となるからである。なかには、おしどり夫婦と呼ば…

音楽に伴うダンスの縦揺れと横揺れに関する主観的比較

題名:音楽に伴うダンスの縦揺れと横揺れに関する主観的比較 報告者:ゴンベ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて「音楽のノリ」であるグルーブ感について説明するとともに、日本のグルーブ感のある音…

日本におけるグルーブ感のある音楽の市民権

題名:日本におけるグルーブ感のある音楽の市民権 報告者:ゴンベ グルーブとは、英語のGrooveが語源となり、そもそもはレコードの針溝を示す語句である1)。それが波、うねりという印象から、音楽用語に転じた語句である2)。ただし、具体的な定義は決まって…

David Bowieの表現者としての生きざま

題名:David Bowieの表現者としての生きざま 報告者:ゴンベ この10日に、イギリスのアーチストの一人であるDavid Bowieが残念ながら他界した。享年69歳であった。死因は癌であった。この69歳という年齢が、アーチストにとって早い死であるのかは分からない…

東西のラッパー抗争に見るアメリカの音楽業界

題名:東西のラッパー抗争に見るアメリカの音楽業界 報告者:ゴンベ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事で謎の多いR&Bシンガーであるfrankieについて追った。彼の曲の中でも”Forever With Me”は、イ…

謎のアーチストfrankieを追え

題名:謎のアーチストfrankieを追え 報告者:ゴンベ frankie。この名前を聞いて分かる人はほとんどいないであろう。アーチストの中でもシンガーに分類され、日本のシンガーではなく、海外の、しかもR&Bというジャンルの人である。そのため、日本で知っている…

世界一短い曲は、世界一長い曲の何分の一か?

題名:世界一短い曲は、世界一長い曲の何分の一か? 報告者:ゴンベ 世界にはありとあらゆる音楽が溢れている。Youtube1)にもあるようにその歴史を紐解いても、50000万年前のエジプトを起源として、様々な変化を遂げた。 現在の代表的なジャンルは、古くから…

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の音響効果

題名:サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の音響効果 報告者:ゴンベ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の構造と歴史について述べた。サンタ・マリア・マッジ…

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の構造と歴史

題名:サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の構造と歴史 報告者:ゴンベ サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂はイタリアのローマにある教会である。その教会について、建築様式は、一般的にバシリカ式と集中式に大きく分類される。バジリカ式は、長方形で、…

Les Disques Du Crépusculeの衝撃

題名:Les Disques Du Crépusculeの衝撃 報告者:ゴンベ Les Disques Du Crépusculeはベルギーにあるインディーズの音楽レーベルで、日本語ではCrépusculeだけを取り、カタカナでクレプスキュールと称される。ちなみにCrépusculeはフランス語では黄昏の意と…

Ms. Claire Boucherの発想の源

題名:Ms. Claire Boucherの発想の源 報告者:ゴンベ Ms. Claire Boucherという名のみでどれだけの人が理解できるかは不明である。しかしながら、一般的に彼女はGrimesという名で音楽活動をしている。そのGrimesの名ならば、音楽業界に詳しい人であれば、知…

Brian McKnightのバラードにみる抑圧された感情の美学

題名:Brian McKnightのバラードにみる抑圧された感情の美学 報告者:ゴンベ Brian McKnightは1969年生まれのアメリカのシンガーソングライターである。バラードを得意としたシンガーであり、その曲調や雰囲気から同じアメリカ出身のカーティス・メイフィー…

普遍性のある音楽について

題名:普遍性のある音楽について 報告者:ゴンベ 現在の音楽の状況について述べることは非常に難しい。ジャンルという様々な分類分けもその一理にあるが、それ以上に音楽には個人(聞き手)の考え(経験)が加わるゆえに、近年の音楽の多様性が足かせとなり…

「盗んだバイクで走り出す」は罪になるのか?

題名:「盗んだバイクで走り出す」は罪になるのか? 報告者:ゴンベ 1992年4月25日、音楽界に騒然となるニュースが流れた。ミュージシャン兼シンガーソングライターの尾崎豊の死である。死因は肺水腫とされているが、その真相は不明である1)。若干26歳であっ…

Jam & LewisとTR-808の軌跡

題名:Jam & LewisとTR-808の軌跡 報告者: ゴンベ Jam & LewisはJimmy JamとTerry Lewisの2人からなるアメリカのソングライター兼、音楽プロデュサー兼、ミュージシャンである。R & B界では超のつくほど有名人で、少なくともR & B音楽好きの人であれば知ら…

David Sylvianに伴う詩情性について

題名:David Sylvianに伴う詩情性について 報告者:ゴンベ この記事を見る人は間違いなくDavid Sylvianの何らかのファンに違いないと思う。実はSylvian以外にも優れた詩を書くアーチストは多く存在するが、ここではあえてDavid Sylvianに関して考察してみた…