人類初の月面レストランのメニューを考える

題名:人類初の月面レストランのメニューを考える 報告者:ナンカイン 近年の宇宙開発の競争に関しては、この記事に示されているが、ここでは、宇宙船などの宇宙開発の次に必要とされる宇宙基地でのレストランについてあえて考えたい。 宇宙基地の中でも、す…

スマートフォンの利用率上昇に伴うネット上のコンテンツの価値観

題名:スマートフォンの利用率上昇に伴うネット上のコンテンツの価値観 報告者:ナンカイン 先頃の報道1)にて、ネットにおけるパーソナルコンピューター(PC)から利用が、スマートフォン(SP)からの利用よりも逆転するということが示された。報道が発表された…

人類の健康と乳酸菌

題名:人類の健康と乳酸菌 報告者:ナンカイン 乳酸菌は人類の歴史から見ると、相当古くから活躍していた。乳酸菌が含まれるヨーグルトの歴史についてはこの記事にも記載されているが、かつて中近東に位置したオスマン帝国は14世紀~18世紀のおよそ500年に渡…

子育てにおけるアメとムチの配分

題名:子育てにおけるアメとムチの配分 報告者:ナンカイン 子育てはとても大変である。自らのDNAを引き継ぎつつ、それがプラスとなって子に表れていればよいが、自らの悪い面が如実に子に表れていると、遺伝の耐えがたい存在を確証せずにはいられない。その…

一週間のブルー度と、それの一生涯における累積

題名:一週間のブルー度と、それの一生涯における累積 報告者:ナンカイン 一週間は7日間と規定され、日曜日(Sunday)、月曜日(Monday)、火曜日(Tuesday)、水曜日(Wednesday)、木曜日(Thursday)、金曜日(Friday)、土曜日(Saturday)で構成される。その7日間の…

ネット社会において見過ごされがちな運動機能の大切さ

題名:ネット社会において見過ごされがちな運動機能の大切さ 報告者:ナンカイン 現在のネット社会はあらゆるものを便利にした反面、生活で明らかに衰えやすい機能が運動機能である。例えば、買い物一つをとってみても、店頭を見て回る機会が少なくなり、ネ…

生きる人の人生における勝敗を考える

題名: 生きる人の人生における勝敗を考える 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、他人からの意識を自ら意識でき、「ヒトは人からの何かしらの反応があって...」こそ、人の存在と…

なぜ、ヒトは、人として、なり得るのか?

題名:なぜ、ヒトは、人として、なり得るのか? 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、「ヒトは人しか興味がない」であろう可能性について言及した。しかしながら、それは、あくま…

ヒトは人にしか興味がないのか?

題名:ヒトは人にしか興味がないのか? 報告者:ナンカイン ヒトは哺乳類の一種である。同時に、霊長類の一種でもある。さらに、この地球には、生き物として、大別して、動物と植物があるが、ヒトは動物に分類される。現在、地球には動物が100万種1)、植物は2…

ヒューマンエンハンスメントなウェアラブルメガネでするカンニングのセキュリティ

題名:ヒューマンエンハンスメントなウェアラブルメガネでするカンニングのセキュリティ 報告者:ナンカイン 表題にこれだけのカタカナが並ぶと、実に壮大である。一般的に機器の説明書でも同じ傾向であるが、カタカナが羅列する説明書などはデジタル関連機…

笑いは人類の歴史の中でどのように継承されてきたか?

題名:笑いは人類の歴史の中でどのように継承されてきたか? 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事でヒトの心の進化において、他者を認識する枠組み(フレーム)のきっかけがお笑いで…

お笑いの質をヒトの進化から問い直す

題名:お笑いの質をヒトの進化から問い直す 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事にて、お笑いがヒトの心の進化で重要であったことが推測された。ここでは、その進化をもたらしたで…

ヒトの心の進化は、お笑いに由来するのか?

題名:ヒトの心の進化は、お笑いに由来するのか? 報告者:ナンカイン ヒトの進化においていくつかの岐路がある。その一つは、二足歩行であろうか。ただし、二足歩行は純粋に身体的な進化であると見なせるため、これが直接的にヒトにヒトらしい心理的な変化…

宇宙からの重力(重力子)が、脳内における時空間の知覚にどのような影響を与えているのか?

題名:宇宙からの重力(重力子)が、脳内における時空間の知覚にどのような影響を与えているのか? 報告者:ナンカイン 昨今、ブラックホールから計測された重力波が科学界を大いに沸かせたが(この記事も参照)、波は観察されども重力自体の存在は未だ謎である1…

龍角散の歴史と成分

題名:龍角散の歴史と成分 報告者:ナンカイン 龍角散の名前を知らない人はいないであろう。さらに、名前だけではなく、どのような薬かもほとんどの人は知っていることと思われる。「ゴホンといえば、龍角散」とあるように、ゴホンに対して効用がある。すな…

川の流れと人生論

題名:川の流れと人生論 報告者:ナンカイン ああ 川の流れのように ...1) 言わずと知れた昭和歌謡会の歌姫である美空ひばり氏の歌である。また、これもよく知られるところであるが、この歌の歌詞は秋元康氏による。もちろん、Youtube2)にもその素晴らしい…

ヒトにおけるメス・オスの性的二形の起源

題名:ヒトにおけるメス・オスの性的二形の起源 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ヒトは、基本的に動物であり、メスとオスの性的に二つの形に区別されている。そのような性別によって個体の…

ヒトの性行為(交尾)に隠された意味

題名:ヒトの性行為(交尾)に隠された意味 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事において、ヒトがなぜ裸を恥ずかしがるのかについて考えるとともに、その意識の根源について探った。そこ…

裸を恥ずかしがるのはヒトだけである。

題名:裸を恥ずかしがるのはヒトだけである。 報告者:ナンカイン ヒトは自然界において特別な存在である。それは、生物学的というよりも社会学的な要素が強いであろう。生物学的に見ると、チンパンジーの近縁であり、DNA上でも実に1.2%ほどしか違いがない(…

スマホに依存し、生きていく

題名:スマホに依存し、生きていく 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、現在の生き方の標語である「好きなことで、生きていく」について考えるとともに、勉強する意味を勉強によ…

勉強する意味の四次元的な解釈

題名:勉強する意味の四次元的な解釈 報告者:ナンカイン 小学校、中学校、高等学校と進むにつれて勉強が難しくなり、その難しさによって、今度は勉強が理解できないとなり、理解できないがやがて勉強したくない、に変貌する。近年は、Youtuberを中心として…

筆が走り、キーボードが走る。そして目が回る

題名:筆が走り、キーボードが走る。そして目が回る 報告者:ナンカイン ヒトの頭の中は、謎だらけである。しかしながら、現在は、CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(核磁気共鳴画像法)、あるいは、NIRS(近赤外線スペクトロスコピィ)などといった様々な脳画像法…

スパゲッティをゆでる際のマルチバース的な存在

題名:スパゲッティをゆでる際のマルチバース的な存在 報告者:ナンカイン マルチバースとは、単一の宇宙であるユニバースという考えから、多くの宇宙が実は存在するであろう可能性のもとに生まれた単語である。日本語では多宇宙、あるいは、並行宇宙とも言…

ウサギとカメの成果競争

題名:ウサギとカメの成果競争 報告者:ナンカイン ウサギとカメと言えば、即座に思い出すのが、「ウサギとカメ」の話である。作者はイソップ(ギリシアの伝説的な寓話作家で、ギリシア名はアイソポス(Aisōpos)1))とされる。イソップが亡くなったのは、紀元前…

福沢諭吉の魅力

題名:福沢諭吉の魅力 報告者:ナンカイン 今の日本で、福沢諭吉を知らない人はいないであろう。一諭吉、二諭吉など、札の勘定でよく出てくる名であり、その通りで、一万円札には福沢諭吉の肖像が記載されている。図に一万円札の表を示す。右の着物を着た知…

ルソンの壺に学ぶブランドの価値観

題名:ルソンの壺に学ぶブランドの価値観 報告者:ナンカイン 時は安土桃山時代のことである。堺に名立たる商人がいたが、その一人は千利休であろう。今でこそ、茶の聖人として知られている千利休であるが(この記事も参照)、堺出身で、そのルーツは商人でも…

おもしろさの基準

題名:おもしろさの基準 報告者:ナンカイン 人はそれぞれの人生があり、それぞれの人生経験がある。そのため、その人生における考えも、人それぞれである。よく言う十人十色は、その意味を端的に表している。同じように、笑いの壺も人それぞれであり、ある…

ビックリデータ時代の宇宙規模的な世界観

題名:ビックリデータ時代の宇宙規模的な世界観 報告者:ナンカイン 今まさにどんどんと増加するインターネット上の情報は、宇宙の星の数と同じような状態であろうか。宇宙空間にある一つの恒星・惑星、あるいは、彗星などを考えると、現在の宇宙空間上に存…

文章の「新情報の後置になります。」

題名:文章の「新情報の後置になります。」 報告者:ナンカイン 文章を書くのは、とても難しい。書き手である自分一人では、その文面を完全に理解していても、読み手にそれがどれほど伝わっているかが、判断できないからである。すなわち、伝えたつもりでも…

コンテンツの美味しい料理の仕方

題名:コンテンツの美味しい料理の仕方 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 コンテンツは、日本語では中身、あるいは、内容と訳され1)、媒体・メディアとも称される。しかしながら、端的な日本…