フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の構図が持つ意味



あなたのシェアがとても嬉しいなので~あります。
LINE


題名:フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の構図が持つ意味
報告者:アダム&ナッシュ

 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 この記事にて、「真珠の耳飾りの少女」には、光学的な要素が多く含まれている可能性について類推した。ここでは、「真珠の耳飾りの少女」の構図が持つ意味について検討したい。その構図を検討する方法にはいくつかある。ここでは、美しさの比率とされる黄金比(この記事この記事この記事も参照)を用いたい。
 先のこの記事の「真珠の耳飾りの少女」に、黄金比に関して、黄金分割、黄金三角、そして対角線を導入すると図1のようになる。これを見れば分かるが、まず焦点となる目と目の間に黄金分割と黄金三角の交点が位置する。また、目や口、耳飾りといったポワンティエの位置がすべて黄金分割上に位置するとともに、目と目の間、鼻、口の真ん中が黄金分割上に乗る。これらだけの要素で、すでにこの絵の部分々々が如何にうまく配置されているかが、明らかとなる。さらに、黄金三角の斜線と顔の微妙な傾きが一致するとともに、ラピスラズリによる青のターバンの傾きと、服の襟の白い部分の傾きが、ちょうど対角線と平行に走る。絵の焦点とぼやけ方の技法について、この記事で述べたが、この絵は描き方だけでなく、構図についても焦点とぼやけ方を見事に一致させている。ここに、フェルメールの画家としての卓越なる技量が明らかにできる。
 レオナルド・ダ・ヴィンチもモナ・リザに関しては、生涯かけて手を入れ、誰にも手放さなかったが明らかにされている2)。フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」に関しては、生涯かけて手を入れたかは明らかではないが、少なくともフェルメールのその他の作品、例えば「窓辺で手紙を読む女」などは、幾

xl_earring-1

図1 真珠の耳飾りの少女1)を改図

度となく修正されていることが背景のX線写真などで知られている。同じく完全な焦点とぼかし方に関する絵画技法や構図については、この作品も例にもれずフェルメールは何度も見直したに違いない。
 この様な構図を持つポートレイト写真を調査すると、その数は多いようで少ない。それは、写真であれば、あまりにもありふれた状況となり、脳のフィルターを介さないカメラの表現としての限界をも意味している。これが、絵画であれば、描き方そのものも人間の感性を揺さぶることになり、そこに絵画の魅力が生まれる。指しずめポートレイト写真でこの構図を示

628084-1

図2 あるポートレイト写真3)

すとしたら、図2に相当するであろうか。

1) http://www.essentialvermeer.com/catalogue_xl/xl_earring.html#.VvounuKLSUk (閲覧2016.3.30)
2) http://suminofu.hatenablog.com/entry/2015/03/29/161825 (閲覧2016.3.30)
3) https://wall.alphacoders.com/big.php?i=628084 (閲覧2016.3.30)


From ここから。© 2015 This is 地底たる謎の研究室 version。