地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

道楽という人間性を紐解く



あなたのシェアがとても嬉しいなので~あります。
LINE


題名:道楽という人間性を紐解く
報告者:ダレナン

 道楽という語句は道楽者と連想され、その意味には、怠け者、あるいは、横着者というネガティブな要素がある。その他にも、本業に身を入れない者という意味もあり1)、とかく人に対する語句としては悪い印象を持ちやすい。一方、大阪府大阪市中央区西心斎橋2-9-16にある「かに道楽」は、道楽とあるものの、イメージはよい。道楽かもしれないが、実はかに一筋のようなポジティブなイメージがある。あのかにが動く看板を見ると、これぞ、かにだー、かにをたべるぞー、The・大阪だー、とも言える象徴でもある。このことから、道楽なる語句は、人に対してはイメージダウンとなる。しかしながら、その他に対してはイメージアップとなる可能性が高い。そこで、ここでは、この道楽なる語句を使って言葉遊びを実験してみたい。

研究道楽

実に、いい響きである。道楽で研究しています、でも、実をいうと、それ一筋なのです、的な感じもしないではない。では、次に前後を逆に変えてみよう。

道楽研究

なにやら、この記事で提唱されたテキトー科学のようでもあるが、これも悪くはない。見方を変えれば、道楽とは何かを追求する研究のようにも思える。
 ここで、話を変えて、車のハンドルについて考えてみたい。車のハンドルには遊びがある。すなわち、ハンドルの回転には影響しない、いわば、本回転に役立たない機構があり、言い換えると”ハンドル道楽”となるかもしれない。そこで、車のハンドルにおける操作と遊びの割合をみると、クルマを直進方向に正しく向けた状態でエンジンを始動させ、ハンドルを左右に動かして、約15°くらい振れれば正規の遊びが保たれていると言われている2)。ただし、ハンドルの回転する量も車で異なり、ロック・トゥ・ロック(左から右までハンドルをクルクル回せる回転数)3)も異なる。一般的に、ファミリーカーではだいたい4回転前後、スポーツカーでは3回転程度、F1に至っては1回転以下と言われている3)。これに伴って、”ハンドル道楽”もファミリーカーよりもスポーツカー・F1では少ない。スポーツカー・F1で”ハンドル道楽”が多いと危険も増す。ただし、逆に言えば、突っ走らなければ、”ハンドル道楽”も、多少は増してもよいことになる。
 人生、時には突っ走らなくてはいけないものの、時に道楽な人生も、ロック・トゥ・ロックからすれば、約15°くらいはあるほうがよいのであろう。そこで、ここでいきなり日本の音楽史でロックな人は誰かと問われれば、多くの人は、矢沢永吉氏を挙げるに違いない。永ちゃんが、「俺はロック道楽だぜー」と言っても、まったくもってかっこいい人間性が失われない。そこで、「俺は研究道楽だぜー」とここで言ってみたい。少しはかっこいい(かもしれない)。やはり人生約15°くらいのゆるさが、人間性としても必要である(と思う)。

1) https://kotobank.jp/word/%E9%81%93%E6%A5%BD%E8%80%85-581611 (閲覧2017.2.28)
2) http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/knowledge_adjustment/chas_trouble4/ (閲覧2017.2.28)
3) http://nomano.shiwaza.com/tnoma/blog/archives/008131.html (閲覧2017.2.28)

From ここから。© 2015 This is 地底たる謎の研究室 version。

© 2015- 地底たる謎の研究室