地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ぱふぱふプ~の日々 :うふぉー、生まれかわるなら~この人シリーズ。まさにテキトーな第六報。



あなたのシェアがとても嬉しいなので~あります。
LINE


 

ついにぱふぱふプ~の日々も第六報ーーー。六といえば、ロック。そう、ロケンンロールなので~あります。

 

イェーイ。愛しあってるかーい!!

 

申し遅れました。今日もぱふぱふプ~の日々を過ごす、エルベナノデ~帝国たるの研究室にいる特派員 ハペボンなので~あります。

 

もはや、ちまたに広まったかもしれないであろう、ぱふぱふプ~は、生まれかわる呪文なので~あります。

 

そして、第六報は、この人...

 

イェーイ。ロケンンロール界からの......

 

ぱふぱふプ~ の ぴらぴらりん、ぷらぷらポ~ン。そして、もういちど、ぱふぱふプ~

 

ちゅど---ん

 

吾輩は、Ludwig van Beethovenである。名前はまだない。

 

(あれっ? ロケンンロール界からでない...。) 

 

 

Ludwig van Beethoven:おまえか。ワシをよんだのは?

 

特派員 ハペボン:いえ。そうではなかったのですが...

 

Ludwig van Beethoven:ワシになろうとは、100年ははやいわ。あほたれが...。

 

(かなり気難しいお方のようなので~あります。)

 

 

Ludwig van Beethoven:あのな。ワシはな。だんだんと、耳が聞こえんようになってな。そんでもって困っているにも関わらず、おまえというやつは....。

 

 

。。。。。。。。。。。。。。それから随分とナガーイ説教が続いた...。

 

 

Ludwig van Beethoven:そんでな...。人生とは...コレコレシカジカ、運命とはな...コレコレシカジカ。

おまえ、ちゃんとワシの話を聞いておるのか?

 

特派員 ハペボン:あっはっ、はい。

 

Ludwig van Beethoven:おまえ。いま、ワシの話を聞いておらんかっただろ。

 

特派員 ハペボン:いっ、いえ。そんなことは...。

 

Ludwig van Beethoven:じゃ、ワシが先ほど述べた人生や運命について、おまえが考える旋律で、それをあらわしてみろ。

 

特派員 ハペボン:センリツ。。。
の。。。
(;゜Д゜)ガクブル。

 

Ludwig van Beethoven:やっぱり、ワシの話をきておらんかっただろ。あほたれが...。

 

特派員 ハペボン:いっ、いえ。

 

Ludwig van Beethoven:じゃ、あらわしてみろ!!!

 

特派員 ハペボン:(そうして、思い出した...。運命といえばBeethovenさまの...)
じゃじゃじゃじゃーん...でしょうか?

 

Ludwig van Beethoven:なぬ。もっと大きな声で!!!

 

特派員 ハペボン:じゃじゃじゃじゃーん...

 

Ludwig van Beethoven:もっと大きな声で!!!!!

 

特派員 ハペボンじゃ じゃ じゃ じゃーん

 

Ludwig van Beethoven:

f:id:centeroftheearth:20180403230936j:plain

 

Ludwig van Beethovenさまは、いそいでペンを取り、五線譜に書きなぐった...。

 

f:id:centeroftheearth:20180403231609j:plain
© Beethoven's Fifth Symphony - View of Original Score

 

Ludwig van Beethoven:よっーしゃー。書けた。Symphony No. 5 in C Minor, Op. 67 (交響曲第5番)。名付けて「運命」じゃ。

 

特派員 ハペボン:Beethovenさま。ブラボーーーー。

 

Ludwig van Beethoven:いやいや、なーに、これしきのこと。

 

 

。。。。。。。。。そして、Beethovenさまは、随分と柔和なお顔となった...。

 

 

Ludwig van Beethoven:ところで、おまえ。名はなんと申す?

 

特派員 ハペボン:特派員 ハペボンにございます。

 

Ludwig van Beethoven:おまえは2018年の世界からきたようだな。そうだろ?

 

(なんでわかったのだろ? Beethovenさまは超能力者なのか?)

 

Ludwig van Beethoven:顔にそうかいてある。

 

f:id:centeroftheearth:20180403233000p:plain

 

特派員 ハペボン:ははっー
<( ̄∇ ̄)ゞ
......、ありがたきしあわせ
<(_ _)>
.....。

 

Ludwig van Beethoven:ところで、その年代はどんな曲がはやっておる?

 

特派員 ハペボン:いろいろあるのですが、主流は1970年頃からロケンンロールでしょうか?

 

Ludwig van Beethoven:そのロケンンロールとやらを聞かせてくれ。

 

特派員 ハペボン:それでは、代表的な曲で、

 

 

Ludwig van Beethoven:なるほどな...。随分と時代は変わったようだな。

 

Ludwig van Beethoven:ところで、ハペボン殿。その情報は、どこで手に入れたのだ?

 

特派員 ハペボン:はい。ふかづめさんに教えてもらいました...。

 

hukadume7272.hatenablog.com

 

Ludwig van Beethoven:どれどれ...。

そこを覗いて......みるか.........って

 

f:id:centeroftheearth:20180403235128j:plain
© ふかづめさん

 

Ludwig van Beethoven:ワォ!

 

ふかづめさん:ワォ!

ミセスGさん:ワオ!

特派員 ハペボン:うふぉー

 

Ludwig van Beethoven:ハ、ハ、ハペボン殿。このお姫様は...、どこの国のお姫様なのぉ~?

 

特派員 ハペボン:アメリカ合衆国の女優さん、なので~あります。

 

Ludwig van Beethoven:ナ、名はなんと申す?

 

特派員 ハペボン:カット・デニングスさんにござります。なので~あります。

 

Ludwig van Beethoven:よっーしゃー。なんか気合いが入ったぞ。耳に負けずに、これからも、がんばって、熱情のこもった、カットいい曲を書くぜイェーイ...............💓

 

 

f:id:centeroftheearth:20180404000255j:plain
© http://blog.musicgurus.com/did-beethoven-invent-boogie-woogie/

 

 

どどどどど---ん

 

はっ、もとの姿にもどってしまった...

 

どーですか。みなさま。吾輩のRock N' Roll、おっと間違った、「Symphony No. 5 in C Minor, Op. 67 」、なので~あります。

 

そして、 

 

特派員 ハペボンは、

 

ハイ・テン・ショーン

 

なので~あります。 

 

 

この記事は、地底のエルベナノデ~帝国たるの研究室で記者として働く、特派員 ハペボンからのぱふぱふプ~の日々なので~あります。

 

 

f:id:centeroftheearth:20170307233430p:plain

(正式名:エン=ベルス・ドドリオンゲット・プーカラッポナー・ウヒ・ハペボン)

 

サムネイル:© ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Wikipedia

 

© 2015- 地底たる謎の研究室