地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

人生の通過儀礼を相転移から捉える

題名:人生の通過儀礼を相転移から捉える 報告者:ナンカイン 人の一生は長くても100年ほどであり、健康でいられる健康寿命から考えると(この記事、この記事も参照)、せいぜい70~80年ぐらいとなるであろうか。長いようで短い。短いようで長い。ただし、ほと…

世界一巨大なエビを探せ

題名:世界一巨大なエビを探せ 報告者:トシ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事で今現在で最も大きなタコはミズダコであることが判明した。しかしながら、世界最大といえどもその大きさは体長3m、体重30…

心臓の拍動を操る自律神経の機能

題名:心臓の拍動を操る自律神経の機能 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で心臓の働きのきっかけを生むキース=フラックの結節について調べるとともに、その発見の経緯についても触れ…

心臓の拍動を決定するキース=フラックの結節の発見

題名:心臓の拍動を決定するキース=フラックの結節の発見 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で心臓とハートとこころについて考えた。ここでは心臓の働きについて、その働きのきっかけ…

心臓にはこころはないが、ハートにはこころがある

題名:心臓にはこころはないが、ハートにはこころがある 報告者:ダレナン 心臓はその名が示す通りで、心の臓器となる。今よりも医学が発達していなかったかつては、心臓は心の臓器となり、この臓器がこころ(物質的な心ではなく、精神的な心を、ここではひら…

人を操る謎の球体による洗脳的な感覚

題名:人を操る謎の球体による洗脳的な感覚 報告者:ゴンベ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事では鎖につながれた象の心理について検討していた。そこでは、鎖という心の洗脳によって象が操られている状…

鎖につながれた象の寓話に基づく象の心理

題名:鎖につながれた象の寓話に基づく象の心理 報告者:ダレナン とあるサーカスの象は小さい時から鎖につながれている。その小さな象にとって、鎖につながれた杭はあまりに大きく、逃げようと頑張っても、逃げられない。そのうちに、象は自分の無力さを認…

「The Fat of the Land」のカニの特定

題名:「The Fat of the Land」のカニの特定 報告者:ゴンベ 音楽はその音からもたらされる聴覚的な刺激だけでなく、時には視覚をも刺激する。例えば、この記事にも示したように、ジャケットからもたらされる音の印象は、そのアルバムを印象付ける大きな要素…

人工的な構造物の欠点に関する一考察

題名:人工的な構造物の欠点に関する一考察 報告者:エゲンスキー 人の知能といえば、人が他の動物と異なる進化を選んだ自然界がもたらした一つの結果となる。そのため、人の知能は、自然知能の最たるものとも言い換えることができようか。これに対して、人…

甘鯛はあま~い鯛なのか?

題名:甘鯛はあま~い鯛なのか? 報告者:ちょろりん 甘鯛は、その字の通り、甘い鯛と書く。何だか心が疲れて、誰か、人に、”甘えたーい”、時に食べる、そんな訳ではないだろうが、甘い、と、鯛、が組み合わさることで、なんて素敵な鯛なのと思いきや、さらに…

暗黙知の事例をスティーブ・ジョブズ氏の伝記から紐解く

題名:暗黙知の事例をスティーブ・ジョブズ氏の伝記から紐解く 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事でスティーブ・ジョブズ氏の魅力を考えるとともに、この記事でAppleの歴代の製品発…

直感と直観を調べることで、ちょっかんの勘を養う

題名:直感と直観を調べることで、ちょっかんの勘を養う 報告者:トンカツる 「ちょっかん ちょっかん ... ちょかん ..」と何度も繰り返すと、いずれ、ちょっとは口を噛んでしまう。その”ちょっと口を噛む”、略してちょっかんであるが、ちょっかんには漢字で…

人を動かすのは理性でなく、感情である

題名:人を動かすのは理性でなく、感情である 報告者:ダレナン ここで説明するまでもなく、自明の解答ではあるが、人は人からの影響によって人自身が形成されるも、その形成は理性ではなく、感情による影響が多くを支配している。理性は人が人であることを…

ピタゴラスの定理への理解

題名:ピタゴラスの定理への理解 報告者:ログ 例えば、街中を歩くと、ふと地面には綺麗なタイルが並んでいることがある。これを正方形のタイルとする。さらに、その正方形のタイルには対角線となる位置に線が入っている。そのタイルを巧妙に4枚づつ組み合わ…

© 2015- 地底たる謎の研究室