地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

トイレットペーパーの芯を覗くと、何が見えるのか?

題名:トイレットペーパーの芯を覗くと、何が見えるのか? 報告者:トシ トイレでトイレットペーパーを使う回数は人によって様々である。しかしながら、トイレットペーパーはシングルがいいのか、ダブルがいいのかについては、この記事でも報告したように、…

「考え方の違いは是正できない。できるとしても、どちらかが、結局は譲歩するだけである。それは意味のあることなのか?」に関する主観的時間の知覚論

題名:「考え方の違いは是正できない。できるとしても、どちらかが、結局は譲歩するだけである。それは意味のあることなのか?」に関する主観的時間の知覚論 報告者:ダレナン 社会的に存在するのが人であり、その社会的な存在になしには、人は存在しえない…

コンテンツが増えると飽きも早い。それはどうなのか?

題名:コンテンツが増えると飽きも早い。それはどうなのか? 報告者:トンカツる (カラアゲる) とんかつはうまい。なにも、それは、自分の名前が”トンカツる”だけであるからではない。とんかつが好きであることから、”トンカツる”としてみたものの、時折、”…

古代都市Pavlopetriの3次元的な新古学研究

題名: 古代都市Pavlopetriの3次元的な新古学研究 報告者:トシ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で3Dの新たな時代の幕開けとして花束 3Dケーキを取り上げていた。ここでは、同じ3D(3次元)的な要素を調…

新たな3D時代の幕開けに向けて

題名:新たな3D時代の幕開けに向けて 報告者:ちょろりん 映画監督のジェームス・キャメロン氏による映画「アバター」以降、世の中は多くの3Dにあふれるようになった。3DとはThree(3) Dimensionの略で、日本語であれば、本来の語は3次元となる。ただし、今で…

”怒りの呪い”は如何にして断ち切るか? -リングからの考察-

題名:”怒りの呪い”は如何にして断ち切るか? -リングからの考察- 報告者:トシ 特に子を持つ親として、容易ならざるを得ない状況で、親は怒ることがしばしばある。しかしながら、その怒りは子のために良くないとは理解しつつも、ヒートアップした怒りは留ま…

愛から情への移り変わりは波の如く

題名:愛から情への移り変わりは波の如く 報告者:ゴンベ 人の精神のはかなく、それでいて、移ろいやすい。それだけ、人の精神の脆弱性を示しているとともに、どのような人であれ、人という存在は完全なる存在ではないことをも示唆しているのかもしれない。…

単純モデルによる集団数と生産性との関係

題名:単純モデルによる集団数と生産性との関係 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で生存率とGDPの国別の推移をギャップマインダー1)により確認した。そのデータの推移から、かつ…

発展途上国へのイメージは、もはやかつての神話でしかない。

題名:発展途上国へのイメージは、もはやかつての神話でしかない。 報告者:エゲンスキー 現在、日本の人口はどんどんと減少し、それと同時に労働人口の減少も伴って、生産する能力においてもかつてのMade in Japanと誇れる状況が次第に失われつつある。今や…

天才を再考するから、バカ(アホ)を最高する

題名:天才を再考するから、バカ(アホ)を最高する 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事で才能と努力に基づく天才について再考した。ここでは、それを越えたレベルにあるであろうバカ(ア…

イライラ度に伴う円への換算

題名:イライラ度に伴う円への換算 報告者:ダレナン 生きているとなにかと不都合な事態が生じ、それが互いと自身との内面において相反する事象であれば、イライラ度もさらに募る。しかしながら、イライラ度が募ったとしてもそこにはメリットはほとんどなく…

Lovelessに対するLoveな感情

題名:Lovelessに対するLoveな感情 報告者:ゴンベ 人は時に恥ずかしさゆえに相反する行動をとることがある。特に、異性や同性に対して愛的な感情が芽生えた場合、その人に対して意図せずつけはなすこともしばしば観察される。それがやがて心理的に浸透し始…

© 2015- 地底たる謎の研究室