地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

主体と客体の交いによる人間・性への転換

題名:主体と客体の交いによる人間・性への転換 報告者:ナンカイン 世界を構成するものとして、「見るもの、知るもの」と「見られるもの、知られるもの」の2種類の存在がある1)。それぞれ、主体と客体という。 文献1)によれば、主体とは感覚を受け取るもの…

中世ヨーロッパにおける学問分類について

題名:中世ヨーロッパにおける学問分類について 報告者:ダレナン 現在の学問は、細かく分類され、それぞれに専門性があり、それによって各種の学びも多様化した。そのため、例えば大学であれば、その流れを受け、様々な学部も多くなった。ちなみに、日本に…

お金と幸福

題名:お金と幸福 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 以前のここの記事の「お金と情報」では、それらの間にある価値について思索を巡らせ、ここの記事の「お金と物」では、それらの関連性を探…

愛のおいしさを噛みしめる現象

題名:愛のおいしさを噛みしめる現象 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、愛、に関する心理学的な研究の概観から、その愛ゆえのエクスタシーを共有できた。ここでは、愛ゆえのおい…

愛に関する研究の概観で、もん外漢であっても、もんもん快感を得る

題名:愛に関する研究の概観で、もん外漢であっても、もんもん快感を得る 報告者:ダレナン 近年、心理学領域、特にポジティブ心理学(*)と呼ばれる分野において、重要な研究対象として、愛、がある。愛とは、通常に生活を営んでいる人であれば、ほぼほぼよく…

有・無の意味の審判を待つあいまいな報告

題名:有・無の意味の審判を待つあいまいな報告 報告者:ダレナン 言語によってなんらかを表現できることは、人の文化にとって非常に意味のあることである。例えば、「彼はペンをとって字を書く」、を見ると、通常であれば何となくイメージがつく。しかしな…

モンブランのうねうねについて

下記の記事は、新型コロナウイルスがフェーズ1(前パンデミック期)になる以前に書かれたものです。 読者の方々で、もし記事内容がプレコロナ、ポストコロナにおける違和感を感じたとしても、そこはフェーズ1(前パンデミック期)以前ということでお許し願い…

「芸術における多様性の発生と組織」を起点とするBrian Eno氏の思想

題名:「芸術における多様性の発生と組織」を起点とするBrian Eno氏の思想 報告者:ゴンベ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、Brian Eno氏の曲「By This River」について内省し、その曲は川辺のほ…