地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

形而上、と、形而下、の裏メッセージ

題名:形而上、と、形而下、の裏メッセージ 報告者:ナンカイン 哲学を生業とする哲学者な人にとっては当たり前の言葉として、”形而上”や”形而下”がある。しかしながら、一般的に、日常で持って使用する言葉ではない。あるいは、その言葉の読み方すらも分か…

芸術とエロスの接点について

題名:芸術とエロスの接点について 報告者:アダム&ナッシュ 人間の所業はあらゆる精神活動に結び付いている。その中でも、最たるものは生か死かである。悠久の人類の歴史から鑑みると、一人の人間の人生は長くても100年ちょいであり、この先にどのような科…

準洗濯機宇宙論に基づく宇宙生成過程の説明

題名:準洗濯機宇宙論に基づく宇宙生成過程の説明 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 以前のこの記事から始まった筆者の考えは、この記事~この記事に渡って宇宙における虚と実の時間として結び…

実の時間1/2の正体について

題名:実の時間1/2の正体について 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、重力の呪力を開放する虚と実の時間の複素平面において、リーマン予想における「ゼータ関数の自明でない零点…

実の時間1/2における零点は、重力の呪力を解放する

題名:実の時間1/2における零点は、重力の呪力を解放する 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で虚の時間の一致に伴う精神世界と、その次元における重力の呪力の解放について説明した。…

重力の呪力から解放されるべく因果応報への応答

題名:重力の呪力から解放されるべく因果応報への応答 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて「天は与えられた課題をあなたが乗り越えられるから与えているのです。」の言葉から宇宙と…

重力の影響に伴う時間の複素平面と虚と実のもつれについて -一仮説-

題名:重力の影響に伴う時間の複素平面と虚と実のもつれについて -一仮説- 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で時間の二次元化を考えるとともに、重力を基準とする時間軸の回転は、ズ…

時間軸の二次元化と重力

題名:時間軸の二次元化と重力 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて「天は与えられた課題をあなたが乗り越えられるから与えているのです。」に対する背景に関して考察するとともに、…

「天は与えられた課題をあなたが乗り越えられるから与えているのです。」という背景を考える

題名:「天は与えられた課題をあなたが乗り越えられるから与えているのです。」という背景を考える 報告者:ダレナン 文献1)によれば、「天は与えられた課題をあなたが乗り越えられるから与えているのです。」という言葉が掲載されている。その文献のHPアド…

生体リズムとそのシステム概要

題名:生体リズムとそのシステム概要 報告者:ムトウ 日が昇り、日が沈み、そしてまた、日が昇る。当たり前の周期であるが、これは地球の自転によってもたらされ、太陽と地球との位置関係によって陰と陽を生じる。その時間は一般的には24時間とされる。しか…

4n+1の素数について

題名:4n+1の素数について 報告者:ログ 素数は1とその数以外に割ることが出来ない数であり、一桁の自然数からピックアップすると、2、3、5、7となる。どれも1と自身の数以外に割ることは出来ない数である。ちなみに、今年の西暦である2017も素数であり(元の…

脳科学のNo科学的側面

題名:脳科学のNo科学的側面 報告者:ダレナン 現在は様々な科学が発達し、それによって様々な技術恩恵を受けることができた。古くは印刷なども知識を蓄える技術として発達し、現在ではインターネットを含めたWeb技術がそれに相当するであろう。それによって…

丼ものの魔力

題名:丼ものの魔力 報告者:トンカツる 丼ものといえば、どんぶりにご飯が盛ってあり、その上におかずがのる、所謂丼物のことを指す。ここで、それを改めて言うまでもないが、今は各種丼ものが存在する。親子丼やカツ丼や牛丼を始めとして、天丼、他人丼な…

Neroliが持つ音楽的な素養

題名:Neroliが持つ音楽的な素養 報告者:ゴンベ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 以前のこの記事にてダイダイ(ビターオレンジ)の花から精油されるNeroliに関する歴史を概観されたとともに、この記事にて現代の…