地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ひとめぼれ前の慨視感に対する補足

題名:ひとめぼれ前の慨視感に対する補足 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、ひとめぼれ前の慨視感について提唱するとともに、恋ゆえのときめきは、個人の内観以上の存在性があっ…

ときめきという特別の事象に伴う慨視感とベターハーフの関連性

題名:ときめきという特別の事象に伴う慨視感とベターハーフの関連性 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてときめきに関するパズル理論を提出した。ここでは、それまでのこの記事~こ…

家庭内お風呂の掃除に伴う高圧洗浄機の効果

題名:家庭内お風呂の掃除に伴う高圧洗浄機の効果 報告者:エコノ お風呂は湿気が多い。もちろん、それはお風呂の湯気などに起因するも、お風呂後にその湯気の換気が不十分な場合は、お風呂の壁面にいつしかカビが付着する。ただし、換気が十分にあったとし…

感覚・運動、感情、論理との段階性と生物体としての人の生き方

題名:感覚・運動、感情、論理との段階性と生物体としての人の生き方 報告者:ダレナン 感情の発露は行動となり、行動の規定は感情によって産み出される。ヒトは進化の過程で、感情をコントロールし、理性を勝ち取ったと勘違いするも、進化の過程で積み重ね…

美のメタ認識が品格に及ぼす影響

題名:美のメタ認識が品格に及ぼす影響 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて人間の二面性の乖離を恋と美の関連でもって解釈し、人格の統合(品格)を得ることについて検討した。ここ…

人間が持つ二面性の乖離と、その恋と美との関連性から、人格の統合(品格)に至る経緯

題名:人間が持つ二面性の乖離と、その恋と美との関連性から、人格の統合(品格)に至る経緯 報告者:ナンカイン 人には誰しも二面性がある。例えば、表向きには善であり、にこやかに対面していたとしても、裏向きには、その漢字の変換ミス的な、怨む気が潜ん…

果物の酸化にみる人間の本質

題名:果物の酸化にみる人間の本質 報告者:エゲンスキー 果物は食べる時期を逃すと、非常に変色しやすい。その代表としてバナナがあるが、バナナは食べずに放っておくと外側は黄色からやがて茶色に変色し、その後に黒く変色する。内側もそれに伴い熟し、外…

おフランス式・ベーコンの3つの味見

題名:おフランス式・ベーコンの3つの味見 報告者:ちょろりん 俗に言うおフランス式・ベーコンには3つの種類がある。一つはその名の通り、おフランス式で、フランス風は、実は英語でフレンチというが、おフランス式とすれば、これはフランシスと強引に言い…

美神アフロディーテの魔法の帯を求めて

題名:美神アフロディーテの魔法の帯を求めて 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、ヒトの裸における芸術とエロスについて思索するともに、ギリシア神話のエロースと、その…

人生における周期 -9-

題名:人生における周期 -9- 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事では春夏秋冬理論に基づき、春3、夏3、秋3、冬3の12という数字でもって、人生の周期を捉えた。しかしながら、もう…

さて、ここで問題です。

題名:さて、ここで問題です。 報告者:ダレナン という問題があった場合、その問題はどこにあるのか、どのような問題なのか、それが何なのかがさっぱり分からない。そこで、問題です。 問題は何でしょうか? という疑問が沸き起こる。これを読んでいけば問…

形而上、と、形而下、の裏メッセージ

題名:形而上、と、形而下、の裏メッセージ 報告者:ナンカイン 哲学を生業とする哲学者な人にとっては当たり前の言葉として、”形而上”や”形而下”がある。しかしながら、一般的に、日常で持って使用する言葉ではない。あるいは、その言葉の読み方すらも分か…

芸術とエロスの接点について

題名:芸術とエロスの接点について 報告者:アダム&ナッシュ 人間の所業はあらゆる精神活動に結び付いている。その中でも、最たるものは生か死かである。悠久の人類の歴史から鑑みると、一人の人間の人生は長くても100年ちょいであり、この先にどのような科…

準洗濯機宇宙論に基づく宇宙生成過程の説明

題名:準洗濯機宇宙論に基づく宇宙生成過程の説明 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 以前のこの記事から始まった筆者の考えは、この記事~この記事に渡って宇宙における虚と実の時間として結び…