地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ゾンビの社会学的な側面 -社会学 of the Dead-

題名:ゾンビの社会学的な側面 -社会学 of the Dead- 報告者:トシ ゾンビに関する記述は、ハイチにおけるブードゥー教での精神状態から始まり、世に知れるようになったジョージ・A・ロメロ監督による1979年のゾンビによって大きく社会へと解き放たれた(この…

「Tus ojos, mis manos」から受けるセンス

題名:「Tus ojos, mis manos」から受けるセンス 報告者:アダム&ナッシュ 画像から受けるイメージは強く、それによって直観的に何かがひらめく。それが画像のよい所でもある。SNS(social networking service)の中でも、Instagramは画像に特化したSNSでもあ…

ハトらしいイメージ

題名:ハトらしいイメージ 報告者:トシ ハトは“クルック―”と鳴く。さらに、ハトは歩くときは不思議と首が前後に動く。神社や仏閣などの公園に“クルック―”と発し、”首が前後”に動いている鳥を見かけたならば、そのほとんどはハトであろう。そして、“ポッ、ポ…

にこやかな顔はにこやかの素です。

題名:にこやかな顔はにこやかの素です。 報告者:ちょろりん 体と心は連動している。決して分かれて働いているのではなく、相互に影響を及ぼす。ただし、体は見て分かるが、心は見ることができない。そこに、もどかしさが生じる。そのことから、古くからこ…

エレーヌ・グルナック氏が語るマルグリッド・デュラスの魅力

題名:エレーヌ・グルナック氏が語るマルグリッド・デュラスの魅力 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、小説家のマルグリッド・デュラスの研究者でもある関未玲博士による「マルグ…

「「不在」という場のフォルムを創造する」ためのエクリチュールの剥き出し

題名:「「不在」という場のフォルムを創造する」ためのエクリチュールの剥き出し 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 時に画像は、自己の内面をえぐり、まだ見ぬ創造の世界へいざなう道しるべと…

「めくるめく愛の枷」の記述を巡って –小説家マルセーヌ・デ=ベランダ―ルへの回想-

題名:「めくるめく愛の枷」の記述を巡って -小説家マルセーヌ・デ=ベランダ―ルへの回想- 報告者:ダレナン 生涯に渡って一小説家がどれくらいの量を執筆するのかは、その小説家の力量による。ただし、若くして非業の死を遂げた作家であれば、その量も少なく…

チキンはなぜチキンというのか?

題名:チキンはなぜチキンというのか? 報告者:トシ 所謂心が弱いことような人物を指してチキンという。しかしながら、なぜチキンというのであろうか。同じような用語として豆腐メンタルもある。これに関しては、豆腐の壊れやすさとメンタル(精神)の重なり…

”どーでもよい”から、ウナギを食べるから、美女を巡る思索

題名:”どーでもよい”から、ウナギを食べるから、美女を巡る思索 報告者:アダム&ナッシュ 一般的に分からない用語があると、それを調べなければいけない状況か、あるいは、調べなくてよくてスルーしてもよい状況かで、その用語に対するその後の知識が変わる…

茹でガエル現象を見直す

題名:茹でガエル現象を見直す 報告者:ダレナン 鍋に水がはってあり、その中にカエルが泳いでいる。そして、その鍋を火にかけ、鍋の中の水の温度を徐々に上げていき、その水をお湯に変化させる。ただし、その温度の変化は、あくまでも時間的にはわずかの変…

白玉粉自体の作り方

題名:白玉粉自体の作り方 報告者:エコノ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事ではつぶあんとこしあん、さらにさらしあんと3種類のあんこについて調べた。そのあんこの組み合わせとしてベストマッチング…

つぶあんとこしあん、そしてさらしあんの違い

題名:つぶあんとこしあん、そしてさらしあんの違い 報告者:エコノ 意外と奥が深いあんこの世界である。もちろん、都はるみさんの名曲「アンコ椿は恋の花」の”あんこ”ではなく、深海魚の”あんこ(う)”でもない。小豆などの豆からつぶした饅頭などに使い材料…

”のどぬ~る”の要素としてのヨウ素

題名:”のどぬ~る”の要素としてのヨウ素 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事でヨウ素について調べ、ヨウ素には消毒薬として用いられ、放射線の内部被ばくに対する甲状腺へのがん予防…

ヨウ素の要素

題名:ヨウ素の要素 報告者:ナンカイン ヨウ素とは、フランスの化学者であるベルナール・クールトア氏によって海藻灰から発見された原子番号 53、原子量 126.9 の元素である1), 2)。小学生の過程において理科の時間などでジャガイモの切った表面にある液を…

おいしい笑顔のそばにホシザキ

題名:おいしい笑顔のそばにホシザキ 報告者:トンカツる 家電の日本メーカーの名を挙げるならばPanasonic、Hitachi、Toshiba、Sharpあたりになろうか。ただし、近年では韓国や台湾、中国の方が家電にも強く、韓国のSamsungやLG、台湾のTatung、中国のHaier…

時間処理施設の仕組み

題名:時間処理施設の仕組み 報告者:ダレナン 一日は、00:00を開始として、23:59.59を最後として終了する。時間にすれば24時間、分に換算すると、1時間は60分であるために、24時間×60分 = 1440分となる。秒に換算すれば、1分は60秒であるために、86400秒で…

りんごがゾウを食べるイワカン

題名:りんごがゾウを食べるイワカン 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事では人工知能(AI)による短編小説の執筆状況を調べるとともに、現在では文献1)にその作例があるように違和感のな…

人工知能によるだれそれ小説執筆への違和感

題名:人工知能によるだれそれ小説執筆への違和感 報告者:ダレナン 推論や判断といった処理においては、古くから人工知能(AI)は得意とする領域である。ただし、新たにものを生み出すというような創造といった領域に関しては、人間の方が得意とされ、長らくA…

テレタビーズのメインキャラクター4体のダンス能力について

題名:テレタビーズのメインキャラクター4体のダンス能力について 報告者:トシ テレタビーズ(Teletubbies) は、イギリスのBBCによって1997年3月31日から放送された幼児向けテレビ番組である1)。その名の由来は、お腹にテレビ(television)があり、ずんぐりし…

四次元超地球の体積と面積 -そのⅠ-

題名:四次元超地球の体積と面積 -そのⅠ- 報告者:ログ この世の中は縦×横×高さの3軸から構成され、それを一般的には空間という。さらに、それに時の流れ、これは1軸であるが、正確には現実として逆方向には進まない不可逆性の1軸でもあり、そこに時の流れの…

「○○○」におけるエドワルド・バルウィン氏への考察

題名:「○○○」におけるエドワルド・バルウィン氏への考察 報告者:ダレナン 2113年5月17日に、フィルムデオブヘッソン界(旧 ムービー界)に衝撃を与える作品が提示された。それが、「○○○」である。その「○○○」には、主役としてイデルボ王国出身の俳優、エドワ…

四次元超地球の体積と面積 -そのⅡ-

題名:四次元超地球の体積と面積 -そのⅡ- 報告者:ログ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 d(d=4, 5, 6, …)として、三次元以上の高次元における球は超球と呼ばれ、このことから、四次元における地球は、実は超地…

ペコちゃんの昭和史

題名:ペコちゃんの昭和史 報告者:トシ ペコちゃんと言えば、すぐに浮かぶであろうあのペコちゃんである。図にペコちゃんを示す。今ではあまり見かけなくなったが、昭和時代を体現した人は、かつて店頭の前にペコちゃんの首振り人形を見かけたこともある人…

チョコバナナ演劇論

題名:チョコバナナ演劇論 報告者:ちょろりん この世の中には、フルーツが沢山あり、かつ、フルーツハンターなる人も存在する(この記事も参照)。そして、日々のフルーツの開拓、交配によって新たなフルーツが市場に並び、フルーツ界が活気づく。 日本におけ…

ボルドーのイメージに関するときめきと憧れ

題名:ボルドーのイメージに関するときめきと憧れ 報告者:エコノ ボルドーといえばフランス南西部の中心的な都市であるが、一般的にボルドーといって思い出すのが、都市よりもワインになるのかもしれない。それもそのはずで、世界的に最も有名なワイン産地…

Apple史における人的な流れを図で表現する

題名:Apple史における人的な流れを図で表現する 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてスティーブ・ジョブズ氏が創業したAppleの歴史を製品の発表などに伴う動画で振り返るとともに…

ほめ続けといじめ続けが植物の生長に与える影響

題名:ほめ続けといじめ続けが植物の生長に与える影響 報告者:エゲンスキー ほめ続けられると、うきうきのいい気分になれる。逆に、いじめ続けられると、気分がどんどんとしょげる。それは、社会でも、仕事でも、学校でも、家庭でも同じである。そのさじ加…

オーバー風呂ー問題をアルキメデスに嘆願する

題名:オーバー風呂ー問題をアルキメデスに嘆願する 報告者:ログ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で、お風呂への固形物の浮力問題を考えたことによって、頭がオーバー風呂ーに至った経緯について陳述…

お風呂の浮力問題を考えたことにより、頭がオーバー風呂ーに至る

題名:お風呂の浮力問題を考えたことにより、頭がオーバー風呂ーに至る 報告者:ログ つるつるいっぱいまでに満たされたお風呂を考えてみる。そこに身体を沈めると当たり前であるが、お風呂からお湯があふれ出す。そのあふれ出したお湯の量は、お湯内に浸か…

ゴム人間ベムベ零号(仮)の一生

題名:ゴム人間ベムベ零号(仮)の一生 報告者:ダレナン このつど開発された特殊ゴムは、人間と同じように骨や筋肉となる機能を備えることができ、また、脳の働きと同じように意識や記憶といった機能も備えることができるぐらいに精度の高い物質で分子化レベ…