地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

画家スティーブ・ハンクスに学ぶ絵画描写の極意

題名:画家スティーブ・ハンクスに学ぶ絵画描写の極意 報告者:アダム&ナッシュ 世の中には多くの画家が存在するが、一般的に名前が知られるのは、ルネサンス時代のレオナルド・ダ・ビンチ以降に活躍した油彩画家か、クロード・モネ以降の印象派の画家が多い…

イタリアのチョコレート会社のカファレル社について

題名:イタリアのチョコレート会社のカファレル社について 報告者:ちょろりん 世界中にはチョコレートを扱う会社は多くあるが、その会社が老舗となると、その存在はひときわ光を放つ。販売されているチョコレートも普通とは違うのでは、とも思えるのが、老…

人生の後悔(航海)に対する重要な見解

題名:人生の後悔(航海)に対する重要な見解 報告者:ダレナン 人生はある意味、後悔の連続である。あの時ああしていれば、という仮定は頭の中では進行しても、時間は決して元に戻ることはない。そのため、その様な仮定は、生きている間はできるだけしないほ…

「愛」の透明さと不透明さ

題名:「愛」の透明さと不透明さ 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 現代の、結末のない「愛」によるその色が、ますます透明さを増すとともに、「愛」の関連性がより不透明となる時代に突入し…

うつろいやすい「愛」の概念の再考

題名:うつろいやすい「愛」の概念の再考 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、「愛」はヒト社会での共通の概念であっても、目に見えず、形がないために、うつろいやすい、と述べ…

コーヒーとチョコレートの類似点

題名:コーヒーとチョコレートの類似点 報告者:トシ よく似ているようで、あまり比較されないコーヒーとチョコレートであるが、コーヒーを飲みながらチョコレートを食べる瞬間は、幸せの局地でもある。そこで、これらの組み合わせの類似点について探ってみ…

ガルウイングからの技術考

題名:ガルウイングからの技術考 報告者:ログ ガルとは英語gullのことで、カモメとなる。ウイングは英語wingで翼となる。そのため、ガルウイングはカモメの翼となる。ただし、ガルウイングと聞いて、おっ、と多くの人が反応するのは、ほとんどがカモメの翼…

ヒト性的二形に纏わる「愛」の社会的諸問題

題名:ヒト性的二形に纏わる「愛」の社会的諸問題 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ヒトの性的二形は先の記事が示すように、生物の多様性を第一義とする進化の戦略でもある。しかしながら、…

アポ―・パイナポー的な解釈によるヒト性的二形の進化と問題

題名:アポ―・パイナポー的な解釈によるヒト性的二形の進化と問題 報告者:ナンカイン ヒトは性別として、男性と女性に大別できる。近年は、文化的な背景から、性的二形だけで簡単には区別することは一概とは言えないも、ヒトの生物体としての性別は、やはり…

ヒトの顔の前面への依存性について

題名:ヒトの顔の前面への依存性について 報告者:ナンカイン 一般的にヒトだけでなく、多くの動物(哺乳類)の顔のパーツは進化上からほぼ決定されている。目が二つ、鼻が一つ(ただし、穴は二つ)、口が一つ、耳が二つである。細かい相違はあるかもしれないが…

「笑う門には福」来るの背景理論

題名:「笑う門には福」来るの背景理論 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて「顔は性格を映す鏡」であるの背景理論を探り、脳内の機能との関連を調べた。本記事では、おなじことわざ…

「顔は性格を映す鏡」であるの背景理論

題名:「顔は性格を映す鏡」であるの背景理論 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて人相学に属するであろう研究の流れを調べ、今は占いに準ずるような人相学は、実は人類が進化の過程…

キングコングのサイズ比較

題名:キングコングのサイズ比較 報告者:トシ 映画「キングコング」は1933年のメリアン・C・クーパー氏、アーネスト・B・シェードザック氏の両監督で映画化されて以来、その内容の面白さから、数々のキングコングがリメイク、リボーン映画として産まれてい…

高カカオチョコレートの摂取による脳への影響と恋心

題名:高カカオチョコレートの摂取による脳への影響と恋心 報告者:トシ 今日は1月31日(元の記事は2018年1月31日に投稿)であるために、あと2週間でやってくるイベントがある。それがバレンタインである。そのため、巷では新たなチョコレートを販売すべく、店…

やがて人類は着装では着想しなくなるのか? -ハヌノオ・マンヤン族の研究からも着想-

題名:やがて人類は着装では着想しなくなるのか? -ハヌノオ・マンヤン族の研究からも着想- 報告者:ナンカイン 人類のみが着装(衣服を着る)する。この記事でも示したが、それは他の動物には見られない行為であり、裸を恥ずかしがるのはヒトだけである。さら…

おなら再考

題名:おなら再考 報告者:トシ おならをすると周りににおいが拡散する。そのにおいは、匂い(よい香り)もあれば、臭い(わるい香り)もある。えてしてわるい香りの臭いは、あまりよくはない兆候が多い。それは、周りの人間への臭気だけでなく、そのおならをし…

「自分の行為と他者の行為をつなげてコード化する」を高度化し、ミライニューロンに繋げる

題名:「自分の行為と他者の行為をつなげてコード化する」を高度化し、ミライニューロンに繋げる 報告者:ダレナン 編集工学研究所の所長でもあり、古今様々な情報を自ら編纂する松岡正剛氏によると、ミラーニューロンとは、表題にあるように、「自分の行為…

人相学に属するであろう科学的な研究に基づく人相学の科学的な水準

題名:人相学に属するであろう科学的な研究に基づく人相学の科学的な水準 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて人相学、文献1)の石丸氏は占いに属しがちな人相学ではなく、それを人相…

人相学はどこまで科学的なのか?

題名:人相学はどこまで科学的なのか? 報告者:ダレナン 世の中には科学と称して、科学的でないものも多い。例えば、骨相学(Phrenologie)も、かつては科学として扱われた経緯がある1)。骨相学とは、「脳は精神活動に対応する複数の器官の集合体であり、その…

ダンスにおけるDNA二重らせんへの投影

題名:ダンスにおけるDNA二重らせんへの投影 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてミハイロフスキーバレエ団(旧レニングラード国立バレエ団)のプリンシパルであるIrina Perren氏とM…

ホヤに関するホヤホヤでない調査

題名:ホヤに関するホヤホヤでない調査 報告者:ちょろりん 新しいものはホヤホヤである。例えば、炊き立てのご飯は、明らかにホヤホヤである(ホカホカとも言うが…)。一方で、海にいるホヤは、ホヤ貝ともよばれるも、厳密には貝ではない1)。脊索動物門尾索動…

精霊インデュワニデュワがもたらす神話の伝承の偉大さ

題名:精霊インデュワニデュワがもたらす神話の伝承の偉大さ 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて映画館と先史時代のラスコーの壁画が描かれた時代との類似点について探り、人類の…

映画館とラスコーの洞窟にある壁画との類似点

題名:映画館とラスコーの洞窟にある壁画との類似点 報告者:ナンカイン この記事とこの記事において、「寝ながら+香ながらの映画館」の提案がなされた。ここでは、そのような最新の映画館の形態と言うよりも、あえて古くからある映画館について考えるとと…

底なし沼の正体

題名:底なし沼の正体 報告者:トシ 底なし沼は、その名の通り底なしかといえば、そこには、そこそこ底がある。文献1)によれば、以前のTV番組において底なし沼と言われている沼を検証した結果、2m37cmという深さであることが判明した。その沼は、北海道の稚…

「凝縮体は多数の原子が一つの波動関数で表される巨視的な量子状態であり、コヒーレントに振る舞う」を学ぶ

題名:「凝縮体は多数の原子が一つの波動関数で表される巨視的な量子状態であり、コヒーレントに振る舞う」を学ぶ 報告者: ダレナン 表題(「」内は文献1)による)を見てすぐにその内容を理解できる人は、その道の科学者か、専門家、もしくは、その道に精通す…

実数・虚数、意識・無意識の次元

題名:実数・虚数、意識・無意識の次元 報告者:ダレナン 数学で扱う数には実数と虚数がある。実数に関しては、さらに大別すると、有理数と無理数に分けることができる。より細かく分類すると、有理数には整数、有限小数、循環小数とに分けることができる(図…

ピラニアのイメージと映画について

題名:ピラニアのイメージと映画について 報告者:トシ 一般的なピラニアのイメージは、魚であるが、凶暴で、かつ、骨までしゃぶりつくすみたいなその食性となろうか。まさに図のようなイメージがぴったりではある。 ピラニアは主に熱帯で、南アメリカの、ア…

こんぶとわかめの違い

題名:こんぶとわかめの違い 報告者:トシ こんぶとわかめはどちらも海藻であり、かつ、店頭でも多く見かける海藻でもある。そのため、こんぶとは、わかめとは、と問われるとそのイメージはつきやすい。しかしながら、その違いは何ですか、と問われると明確…

「へねげでばぼん」の世界を知る

題名:「へねげでばぼん」の世界を知る 報告者:ナンカイン 人の心の中に潜む闇には、時折その人の人格を超え、表出することもある。しかしながら、通常の社会生活においてはそれを表向きにしない。それが、人と人との間に契約された暗黙の人の社会の社会性…

MVの変遷 -ThrillerとRed Lips (feat. Sam Bruno) [Skrillex Remix]を例に-

題名:MVの変遷 -ThrillerとRed Lips (feat. Sam Bruno) [Skrillex Remix]を例に- 報告者:ゴンベ 今や音楽にはビデオが欠かせない。それがMV(ミュージックビデオ)への発展に至る。古くは、もともと音楽をプロモーションする映像としてのMVでしかなかったが…