地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

なんやかにゃと、ひとのこころにのこせるのは、すげーなー。



「宇宙コロニー( Off-world colonies )での新しい生活が貴方を待っています。チャンスと冒険に満ちた黄金の土地に、再び巡ってきた好運。」 “A new life awaits you in the Off-world colonies. The chance to begin again in a golden land of opportunity and adventure.”

広告


pocket LINE




題名:なんやかにゃと、ひとのこころにのこせるのは、すげーなー。
報告者:ダレナン

 本記事は、この記事の続きです。

 きのうにつづいて(この記事)、ぶいおーでぇいーしました。そうして、きのう、かいたとおりでありますが、まいかいおなじどうがでぽいんとしたのは、いっと、それがみえたらおしまいです、でした。ぽいんとなくなりました。まえもおなじようにして、ぷれでたーでだぶるぽいんとしちゃいました。こまったことに、わすれやすいのですよ。でも、いっとみておもいました。ぜんぜん、さいごまでみていないじゃないのってなかんじで、みてみるとさいごまでみることができました。もしかしゅると、いぜんもなおちしながらぜんぶみたのかもしれないところなのですが、なかなかしんせんなかんじでみることができたのですよー。すてぃーぶん・きんぐやるなーですた。でも、べつのばーじょんのいっともあったようなきがしました。むかしみたやつです。おぼえていないのですが、たぶん、きのうみたのとちがうとおもえますた。どーでしょうか。たぶん、いっとはふたつあうのですねー。そういえば、すてぃーぶん・きんぐのランゴリアーズも面白かった。これもスティーブン・キングで、なかなか素晴らしい作家さんですよねー。映像化すると、面白くないとも言われていましたが、そういえば、シャイニングもそうでしたね。その監督さんは、かの有名な、2001年宇宙への旅の人。だれだったかな。おもいだせない。なんとか・ほにゃららさんですよねー。たしか。うーん。おもいだせない。おもいだせない。ほら、ほかにも時計仕掛けとか何とかの映画の人。監督。えーっと。えーっと。えーっと。キューブリック。そうそう、キューブリック監督だった。なに・キューブリックだったかな。えッとーー。スタンリー。そうそう、スタンリー・キューブリック監督。おー、偉大な完璧主義者のスタンリー・キューブリック監督によるシャイニングは、面白いけど、スティーブン・キングには酷評だったように思える。たしか、どこかにかいてあったような。なかったような。なんかのホンだったかな。それとも、どっかのサイトだったかな。えっーっと。えっーーと。わすれっぽいのだ。さいきん、わすれっぽいいのだ。これは、なんかあるのだろうか。ろーがい。ろーがいなのか。これが、ろーがいなのか。
 でも、きのうのぬんちゃくかんとくの、「お嬢さま」。ちがった「お嬢さん」だった。すごかったなー。なんだか、こころにのこるいんぱくとがおおきかったなー。だから、けっこうあーるじゅうはちでも、しじされているんだろうーなー。そんなかんじがしたよ。なんやかにゃと、ひとのこころにのこせるのは、すげーなー。すげーよ。しんぞーときめいちゃうよなー(ず)。



ずずちゃん1)

1) https://www.pinterest.jp/pin/297519119129394564/ (閲覧2019.6.29)

From ここから。© 2015 This is 地底たる謎の研究室 version。