地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ふりかえると、そこにみす・えめらるど


あなたのシェアがとってもうれしいなので~あります。
pocket LINE




題名:ふりかえると、そこにみす・えめらるど
報告者:ダレナン

 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 やがて、あいは、げきじょうへとへんかする。そうして、げきじょうのしゅやくとなって、あたまいたー、いがいたー、う○んこしてー、となって、たべすぎたことをおかんする。そうだ、おなかがひえて、くだってしまったのだ。さきのくだりは、この物語のつづきは、たべすぎはよくない、とのきょうくんにむすびつく。でも、でも、でーっも、れいとうこには、あったのだ。どーんと800mlのあいすが。そのなは、ニュージーランドアイスクリーム。えめらるどの、ちょことちょこちっぷばにらは、きらきらと、もうぜんとしてかがやき、すぷーんがとまらなくなる。そうして、きづくと、はこのなかのはんぶんがなくなっていた。すなわち、400mlな、べてぃー・ぶるー、っていうよりも、べてぃー・えめらるど、ってなわけだ。

「にゅうほししんさのかかりさん。もー、いいんじゃない、そのへんで、このふたりのにゅうほしみとめたら…。37.2どなら、37.5どじゃないんじゃなーい」

 そのことばに、ふりかえると、そこにみす・えめらるど(ず)がいた。どーしてもみてしまう、そこはかとない、えめらるどぐりーんに、くぎづけになった。
みてまうでーこれ、どーしてもみてまうでー。
あかとみどりのこんとらすとは、まさに、ディーホリック1)。くらくらするほど、まぶくひかりかがやいている。



ず みず・えめらるど1)

「でも、みす・えめらるど。これをみてください」
 そうして、にゅうほししんさのかかりさんは、ぼくちゃんからたいおんけいをうばうと、そのすうちをみす・えめらるどにみせた。

「あらっ、37.5ど。おんどが、あがってるじゃないの。いやーね、もう。また、あらーとじゃないの? たしか、このひとたち、おっちゃんせいからきたっていってたわね?」
「そうです」
「もー、おくりかえしましょ。わたしのうつくしさをみないで、へんなとこばっかみてるから。もー、おっちゃんよ。このひとたちも…、りっぱなおっちゃん。かれいしゅうがにあってるわ…」
「せめて、このほしにきたおみあげを…」
「じゃあ、これあげるから…」
 きむちをもらって、おっちゃんせいへとふたたびわーぷした。

1) https://www.dholic.co.jp/NShopping/GoodView_Item.asp?Gserial=833493 (閲覧2020.6.3)

From ここから。© 2015 This is 地底たる謎の研究室 version。