地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

もどかしいきおく


あなたのシェアがとってもうれしいなので~あります。
pocket LINE




題名:もどかしいきおく
報告者:ダレナン

 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 「きょうね、キッペイくんにつきあってもらたかったのはこれなの」
 そういって、ケイコさんはびじゅつかんのてんらんかいのけんをさしだした。
「じつはね。これ、ともだちといっしょにいくことにしてたんだけども、ともだちがきゅうにじっかにかえるようができてしまって。しかたないから、ひとりでいこうとおもっていたときに、きのうののみかいで。えっ、サナダくん、このひとしってるの、ってびっくりして。そのこと、おぼえてる? もしかして、おぼえていない?」

 すっかりおぼえていない。そうとうにでんすいしていなのだろうか。わるいくせだった。
「ゆうめいじゃないのに、キッペイくん、ものすごくよろこんでた。だから、ちょっとそれもうれしかったんだ。きくと、キッペイくんもこうこうのときびじゅつぶで、このひとのえがすきだった。そのこと、すっごいねつべんしてたじゃない」
 そんなきもした。すきなことになると、わきめもふらずそのことばかりねつべんする。これも、ぼくのわるいくせなのだろうか?

「わたしもそうだったんだ、おんなじだーっておもった。うれしかったよ。だから、きょう、いっしょにここにいってもいい、いいよね?」
「もちろん」

 そのときのケイコさんのえがおがまぶしかった。でも、ケイコさんも、ぼくも、じつはしたぎいちまいのすがたで、はなしていたことに、ここでふときづいた。じっとみていると、ケイコさんはすこしはずかしそうに、こっちみないで、といった。
 えっ、ほてる? なんかした? ケイコさんになんかしたの? さっぱりおぼえていない。きおくからけされている。そのとき、きゅうにはきけをおぼえて、といれにかけこんだ。

「やっぱ、のみすぎだよ。キッペイくん」

 おえっ。
 おえつするなかで、おもいだそうとしてもおもいだせない、そんなきおくがもどかしかった(ず)。



ず もどかしいきおく1)

1) https://www.pinterest.jp/pin/739645938784791331/ (閲覧2020.6.18)

From ここから。© 2015 This is 地底たる謎の研究室 version。