地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

失われた時を探して


あなたのシェアがとても嬉しいなので~あります。
LINE



題名:失われた時を探して
報告者:ダレナン

 人は大人になると、現実的なことに目を奪われ、過去の時を忘れがちになる。特に、幼少期・青年期などの思い出は、記憶のあいまいさも伴い、その出来事すら大人となると振り返ることがなくなる。あるいは、大人になるとその余裕すらも失われ、現実に目を奪われるどころか、自分自身を失っていることすら気づかず、日々を過ごすことが当たり前となる。

 しかし、どのような人であれ、過去には夢があったはずである。

 ただし、今という現実(現在)は、夢(未来)というよりも、現実(現在)に追われ、現実(現在)に身を置き、現実(現在)に埋没し、夢(未来)の所在を、過去の夢想として見失う。

 いや、見失うというよりも、むしろ。

 見なくて失った状況であるという方がふさわしいかもしれない。見えなくて失った状況であるともいえるかもしれない。

 そのような状況で、何気ないきっかけによって、人は何かを想い出す。その想いは深く深く、心の底に仕舞われた記憶の断片であったとしても、その記憶の断片がもたらした夢(未来)は、現実(現在)の自分自身に対する失われた時を掘り起こす。

 ただ、
 目を閉じ、心を開いたとしても、

 時の流れは止まることなく過ぎていく。

 それが、人生なのだ。それが、人生なのか。

 どうあがいたとしても、一瞬一瞬は矢の如く、無常にも流れてゆく。

 失われた時を探したとしても、失われた時は、もはや元には戻らない。人の気持ちとは裏腹に、夢(未来)を想い出したとしても、現実(現在)の何もない、何もない現実(現在)が止まることなく流れてゆく。

 ただ単純に、ただ単純に、生の循環のみが時を支配する。
 無常にも過ぎ去ってゆく時の流れは、誰にも止められない。アインシュタインという天才科学者であっても、その流れは止めることができない。
 それが、人生なのだ。それが、人生なのか。それが人が生きるということなのか...(Near Lightの下で)

From ここから。© 2015 This is 地底たる謎の研究室 version。

© 2015- 地底たる謎の研究室