地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

脇が甘いとされる人への教訓

題名:脇が甘いとされる人への教訓 報告者:エゲンスキー 脇が甘いとは、一般には防御がしっかりしておらず、相手につけこまれやすい意味であり1)、元々は相撲を由来とする言葉である。相撲においては、脇をかためる力が弱いと、相手に有利な組み手やはず押…

腸内のお花畑を可憐にお手入れする方法

題名:腸内のお花畑を可憐にお手入れする方法 報告者:エゲンスキー 近年、腸内菌叢が見直されてきている。腸内菌叢とは、この記事でも記述されているように、腸内にいる菌が共生し一つの生態系をなしていることを示すが、別名、腸内フローラ(フローラ:flor…

多様性と均一性に関する試論

題名:多様性と均一性に関する試論 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 多様性は英語でDiversity、その対語は英語でUniformityとされ1)、その訳語として、画一性、単様性、一様性などある2)…

ブラックとホワイトの存在性

題名:ブラックとホワイトの存在性 報告者:エゲンスキー 人の性格には様々な面があるが、表向きと裏向きの違いは陰陽として誰でもが秘めている性格面でもある。これを、生活面から見ると、日常と非日常とに区分できようが、それに伴う考察は、筆者によるこ…

「お客様は神様です。」論考 -権威なき権力のはき違えた世界-

題名:「お客様は神様です。」論考 -権威なき権力のはき違えた世界- 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 「お客様は神様です。」とよく言われるフレーズであるが、その原点は文献1)にもある…

「お手」をするイヌの心理 -権威と権力への補足-

題名:「お手」をするイヌの心理 -権威と権力への補足- 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて権威と権力について考え、この記事では権力から生じる歪んだ権威について考えた。そ…

”バカ殿”の権力

題名:”バカ殿”の権力 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 “バカ殿”といえば、ここであえて言うまでもなく、真っ先に思い浮かぶのはお笑い界の大御所、志村けん氏によるキャラクターのひとつ…

歪んだ権威の構造 -権力は下から来る-

題名:歪んだ権威の構造 -権力は下から来る- 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 今世紀最大の知の巨人のひとりでもあるフランスの哲学者、ミシェル・フーゴ博士を研究した森村修博士1)によ…

権力の構図 -権威がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!-

題名:権力の構図 -権威がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!- 報告者:エゲンスキー 権威と権力に違いについては、文献1)にあるように、権威:信頼があり、心理的に周りの人を服従させることができる、権力:他人を強制的に何かさせることができ、物理的に動かせる…

コンビニエンスストア情勢の肌で感じる主観的な状況

題名:コンビニエンスストア情勢の肌で感じる主観的な状況 報告者:エゲンスキー 今さらでもないが、コンビニエンスストア(コンビニ)は便利である。そのことから、コンビニエンス(convenience):便利、であることに違和感はない。 1974年に、東京都の豊洲に…

マロンのロマンを辿る旅路

題名:マロンのロマンを辿る旅路 報告者:エゲンスキー マロンは綴りでmarronとなり、これ自体はフランス語である。その実態は、ブナ科クリ属の木であるシャテニエ(châtaignier(ヨーロッパグリ、学名Castanea sativa))の実のことを指す1)。そのため、日本で…

ほめ続けといじめ続けが植物の生長に与える影響

題名:ほめ続けといじめ続けが植物の生長に与える影響 報告者:エゲンスキー ほめ続けられると、うきうきのいい気分になれる。逆に、いじめ続けられると、気分がどんどんとしょげる。それは、社会でも、仕事でも、学校でも、家庭でも同じである。そのさじ加…

新たな土食文化を感じる -土とヒトとの関係-

題名:新たな土食文化を感じる -土とヒトとの関係- 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて土壌中にいる微生物のマイコバクテリウム・バッカエ(Mycobacterium vaccae:M. vaccae)の…

土壌に含まれる微生物、マイコバクテリウム・バッカエ(M. vaccae)の作用

題名:土壌に含まれる微生物、マイコバクテリウム・バッカエ(M. vaccae)の作用 報告者:エゲンスキー 近年、ある微生物が注目されている。それが表題に示すマイコバクテリウム・バッカエ(Mycobacterium vaccae:M. vaccae)である。この微生物は土壌中、特に…

雪舟の山水画における空間構成力

題名:雪舟の山水画における空間構成力 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて室町時代における2つの文化、北山文化と東山文化について比較し、東山文化から日本の今の文化に繋が…

北山文化と東山文化の比較

題名:北山文化と東山文化の比較 報告者:エゲンスキー 室町時代に代表される文化様式として、北山文化と東山文化がある。北山文化は室町時代初期の文化であり、一方、東山文化は室町時代中期以降の文化となる1), 2)。同じ室町時代の文化であるが、その趣は…

シャトー・マーモントのガーデンの一様相

題名:シャトー・マーモントのガーデンの一様相 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事では、ハリウッドにあるホテルの一つであるシャトー・マーモントについて外観と内装について触れ…

果物の酸化にみる人間の本質

題名:果物の酸化にみる人間の本質 報告者:エゲンスキー 果物は食べる時期を逃すと、非常に変色しやすい。その代表としてバナナがあるが、バナナは食べずに放っておくと外側は黄色からやがて茶色に変色し、その後に黒く変色する。内側もそれに伴い熟し、外…

フレグランスとしてのNeroliの特徴

題名:フレグランスとしてのNeroliの特徴 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてダイダイの花から精油されるNeroliについて、その由来などについて述べるともに、現在もその香りの…

ダイダイの花から精油されるNeroliの効能

題名:ダイダイの花から精油されるNeroliの効能 報告者:エゲンスキー 正月のしめ飾りにおいて、その中でも最も目立つ装飾にダイダイがある。その由来はダイダイの名に掛けて"代々"となり、そのことから代々家が途絶えることなく、栄えますように、との願い…

木の植え替えにおける根まわし術式の検討

題名:木の植え替えにおける根まわし術式の検討 報告者:エゲンスキー 背景 近年、環境破壊が謳われて久しいが、その環境破壊を抑止するには、木を適宜にふさわしい場所に植え替えることが必須である。すなわち、木の呼吸作用によって、自然界における悪化し…

うんこと肥溜めと便金術から、金のうんこの鉱脈へ

題名:うんこと肥溜めと便金術から、金のうんこの鉱脈へ 報告者:エゲンスキー 人は食べ物を食べる。そして、その食べ物はお腹の中(正確には胃や小腸・大腸など)で消化され、そのあと消滅するのではなく、消化されないものが排泄される。それが大便となる。…

地中海式ダイエットにおける医学的な見地

題名:地中海式ダイエットにおける医学的な見地 報告者:エゲンスキー ダイエットとは、日本では一般的に痩せるための意味合いが強いが、語源には食生活との意味もあり、例えば、進化的な属性としてチンパンジーの食べ方を研究した文献1)では、ダイエット(Di…

日常と非日常に伴う精神的な陰陽の境目

題名:日常と非日常に伴う精神的な陰陽の境目 報告者:エゲンスキー 生活にはいろいろな側面がある。一般的に行われる、習慣的な内容であれば日常的な行為と言える。しかしながら、一般的ではない、非習慣的な内容であれば、それは非日常的な行為となる。し…

単純モデルによる集団数と生産性との関係

題名:単純モデルによる集団数と生産性との関係 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で生存率とGDPの国別の推移をギャップマインダー1)により確認した。そのデータの推移から、かつ…

発展途上国へのイメージは、もはやかつての神話でしかない。

題名:発展途上国へのイメージは、もはやかつての神話でしかない。 報告者:エゲンスキー 現在、日本の人口はどんどんと減少し、それと同時に労働人口の減少も伴って、生産する能力においてもかつてのMade in Japanと誇れる状況が次第に失われつつある。今や…

人工的な構造物の欠点に関する一考察

題名:人工的な構造物の欠点に関する一考察 報告者:エゲンスキー 人の知能といえば、人が他の動物と異なる進化を選んだ自然界がもたらした一つの結果となる。そのため、人の知能は、自然知能の最たるものとも言い換えることができようか。これに対して、人…

シダ植物の形状の特徴を数学的に再現する

題名:シダ植物の形状の特徴を数学的に再現する 報告者:エゲンスキー シダ植物はその端正な形状と手入れが少なくとも美しくみえることから寺院にも多く植えられ、また、観葉植物としても栽培されることが多い1)。例えば、京都の右京区北嵯峨にある浄土宗の…

北欧デザインと禅にも通じる茶のデザイン(心)の共有点

題名:北欧デザインと禅にも通じる茶のデザイン(心)の共有点 報告者:エゲンスキー 北欧のデザインというとどのようなものを浮かべるであろうか。もっとも有名なものに世界最大の家具量販店のひとつである、スウェーデン発祥のIKEAを思い浮かべる人も多いに…

ポリアの壺問題における第三番目の壺

題名:ポリアの壺問題における第三番目の壺 報告者:エゲンスキー 世の中にイノベーションを起こすことは非常に難しい。それは、その元となる事象が世間ではまだ確定していないことも要因としてありうる。すなわち、何がイノベーションとなるのか、あるいは…