地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

移動における人類の技術革新と移動の本質的な意味

題名:移動における人類の技術革新と移動の本質的な意味 報告者:ナンカイン 現在、日本の交通網は様々に整備され、列車のみならず、車道も拡張され、移動には便利な世の中となった。少し時代をさかのぼると、江戸時代には電車も、車もなく、身分の高い人な…

アーチストの観点から探った社会性の特色の違い

題名:アーチストの観点から探った社会性の特色の違い 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、言語体系から人々の社会的な捉え方に何らかの関係があることを提示し、その捉え方には…

言語体系に基づいた個人・集団への帰属に対するあいまいな観測

題名:言語体系に基づいた個人・集団への帰属に対するあいまいな観測 報告者:ナンカイン 人間の最たる能力の一つに、他の個体(他人)の意図を推論できることが挙げられる(この記事も参照)。それはテレパシーのような超能力でないにしても、完璧な推論ではな…

広告における欲求の探求

題名:広告における欲求の探求 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ここに記事において、広告記憶に残る広告の作り方について検討するとともに、この記事において、その検討をさらに進めて、実…

広告的な図に基づく反応のしやすさの実験

題名:広告的な図に基づく反応のしやすさの実験 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 以前、筆者のこの記事において、ヒトは人にしか興味がないことを、人の進化の過程から探った。それと同様に…

記憶に残る広告作りのコツ

題名:記憶に残る広告作りのコツ 報告者:ナンカイン 新聞やCM、あるいは、インターネット上の広告をはじめとして、今では一日たりとも広告を目にしない日常はない。日々、膨大に流れる広告は、消費社会の一旦を担う。しかしながら、そのような多くの広告の…

毛ガニの生態 -そのⅢ-

題名:毛ガニの生態 -そのⅢ- 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて毛ガニの成長について調べた。ここでは、毛ガニの配偶行動に関して調べたい。 その前の記事でも示したように、毛…

毛ガニの生態 -そのⅡ-

題名:毛ガニの生態 -そのⅡ- 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて毛ガニの漁場や旬を調べるとともに、毛ガニの大きさや体重といったサイズについて調べた。ここでは、毛ガニの成長…

毛ガニの生態 -そのⅠ-

題名:毛ガニの生態 -そのⅠ- 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 毛ガニは北海道を中心として採取されるも、近年はその資源が減少気味にあり、漁獲量の規制が行われている1), 2)。そのため、毛…

存在の耐えられる軽さ -そのⅢ: ステルス戦闘機に属して-

題名:存在の耐えられる軽さ -そのⅢ: ステルス戦闘機に属して- 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて人の存在感を無意識に測っているであろうオーラ的な存在について調査した。さら…

存在の耐えられる軽さ -そのⅡ: フィリップ・カウフマンに属して-

題名:存在の耐えられる軽さ -そのⅡ: フィリップ・カウフマンに属して- 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 1988年にアメリカから一本の映画が封切られた。それが、映画「存在の耐えられない軽…

存在の耐えられる軽さ -そのⅠ: オーラの研究に属して-

題名:存在の耐えられる軽さ -そのⅠ: オーラの研究に属して- 報告者:ナンカイン ある人が前から歩いてくる。とても目立つ人である。服装はやや地味系で、帽子やマスクし、サングラスをかけているもなぜか魅かれる。そのような人は、大概芸能人であったりす…

”のどぬ~る”の要素としてのヨウ素

題名:”のどぬ~る”の要素としてのヨウ素 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事でヨウ素について調べ、ヨウ素には消毒薬として用いられ、放射線の内部被ばくに対する甲状腺へのがん予防…

ヨウ素の要素

題名:ヨウ素の要素 報告者:ナンカイン ヨウ素とは、フランスの化学者であるベルナール・クールトア氏によって海藻灰から発見された原子番号 53、原子量 126.9 の元素である1), 2)。小学生の過程において理科の時間などでジャガイモの切った表面にある液を…

Apple史における人的な流れを図で表現する

題名:Apple史における人的な流れを図で表現する 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてスティーブ・ジョブズ氏が創業したAppleの歴史を製品の発表などに伴う動画で振り返るとともに…

のんべんだらりと書くサルに向けて

題名:のんべんだらりと書くサルに向けて 報告者:ナンカイン のんべんだらりとは、「だらしなく時 日を過ごすさま」とされ、この言葉を分けると、のんべん+だらりとなる。その内、のんべんは「のんびりと平然としていること」、だらりは、「だらしのないさ…

”あい”の奇蹟 -111001101000010010011011からの愛の記号-

題名:”あい”の奇蹟 -111001101000010010011011からの愛の記号- 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 日本語には、漢字、カタカナ、ひらがなと3種類の表記がある。通常は、例えば、愛、アイ、あ…

情報操作に伴う偽記憶の定着

題名:情報操作に伴う偽記憶の定着 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で「幸福の概念は現実の体験に基づいて形成される」という、やがて明言へと至るかもしれない言葉について、その…

幸福の概念は現実の体験に基づいて形成される

題名:幸福の概念は現実の体験に基づいて形成される 報告者:ナンカイン 時に、ある時に、ふと、感じる。それが言葉であれば、明言ともなり得るかもしれない。「知ることが少なければ愛することも少ない。」1)とは、かのレオナルド・ダ・ビンチが残した名言…

世界から宇宙の食文化を読む(食べる)

題名:世界から宇宙の食文化を読む(食べる) 報告者:ナンカイン 国立民族博物館の池谷和信博士によれば、人類の文化の中で最も基本的な要素は食であるという1)。その通りで、人類がこれほどまでに繁栄したのは、食のあり方に知恵を凝らしたからであり、その…

神様からご先祖様への逆系譜

題名:神様からご先祖様への逆系譜 報告者:ナンカイン 神様といえば、信仰の対象であり、それを簡単に分類すると唯一神(一神教)と多数神(多神教)となる。世界各国には様々な神が存在するが1)、例えば、一神教の代表ではユダヤ教、キリスト教、イスラム教が…

死から生への逆再生 -映像のゾンビ化を考える-

題名:死から生への逆再生 -映像のゾンビ化を考える- 報告者:ナンカイン 通例であれば、今現在は死は尊ぶものであり、そこに映像はあまり関与しない。例えば、ある葬儀において、その故人に対してバシバシと写真撮影をしている、あるいは、その葬儀の模様を…

「愛」の透明さと不透明さ

題名:「愛」の透明さと不透明さ 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 現代の、結末のない「愛」によるその色が、ますます透明さを増すとともに、「愛」の関連性がより不透明となる時代に突入し…

うつろいやすい「愛」の概念の再考

題名:うつろいやすい「愛」の概念の再考 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、「愛」はヒト社会での共通の概念であっても、目に見えず、形がないために、うつろいやすい、と述べ…

ヒト性的二形に纏わる「愛」の社会的諸問題

題名:ヒト性的二形に纏わる「愛」の社会的諸問題 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ヒトの性的二形は先の記事が示すように、生物の多様性を第一義とする進化の戦略でもある。しかしながら、…

アポ―・パイナポー的な解釈によるヒト性的二形の進化と問題

題名:アポ―・パイナポー的な解釈によるヒト性的二形の進化と問題 報告者:ナンカイン ヒトは性別として、男性と女性に大別できる。近年は、文化的な背景から、性的二形だけで簡単には区別することは一概とは言えないも、ヒトの生物体としての性別は、やはり…

ヒトの顔の前面への依存性について

題名:ヒトの顔の前面への依存性について 報告者:ナンカイン 一般的にヒトだけでなく、多くの動物(哺乳類)の顔のパーツは進化上からほぼ決定されている。目が二つ、鼻が一つ(ただし、穴は二つ)、口が一つ、耳が二つである。細かい相違はあるかもしれないが…

やがて人類は着装では着想しなくなるのか? -ハヌノオ・マンヤン族の研究からも着想-

題名:やがて人類は着装では着想しなくなるのか? -ハヌノオ・マンヤン族の研究からも着想- 報告者:ナンカイン 人類のみが着装(衣服を着る)する。この記事でも示したが、それは他の動物には見られない行為であり、裸を恥ずかしがるのはヒトだけである。さら…

ダンスにおけるDNA二重らせんへの投影

題名:ダンスにおけるDNA二重らせんへの投影 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてミハイロフスキーバレエ団(旧レニングラード国立バレエ団)のプリンシパルであるIrina Perren氏とM…

精霊インデュワニデュワがもたらす神話の伝承の偉大さ

題名:精霊インデュワニデュワがもたらす神話の伝承の偉大さ 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて映画館と先史時代のラスコーの壁画が描かれた時代との類似点について探り、人類の…