地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

死の直前に人がとる3つの行動

題名:死の直前に人がとる3つの行動 報告者:ナンカイン 人の死の直前に出あう職はいくつかある。その最たる職の一つとして医師が挙げられる。さらに、医師のもとに運ばれる前に、死に直面せざるを得ない職として、救急救命士が挙げられるかもしれない。往々…

謎の海底生物はジオフロンティア計画の夢を見るか? -そのⅡ-

題名:謎の海底生物はジオフロンティア計画の夢を見るか? -そのⅡ- 報告者:ナンカイン 先のこの記事にて、謎の海底生物に迫った。その生物は、メタノバクテリウムの仲間であり、微生物であることが分かった。さらに、人間は微生物とともに共生する立場にあり…

謎の海底生物はジオフロンティア計画の夢を見るか? -そのⅠ-

題名:謎の海底生物はジオフロンティア計画の夢を見るか? -そのⅠ- 報告者:ナンカイン 以前のこの記事にて、「原題を見て、この原題がフィッリプ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」をもじったことが分かる人も多いであろう。その通りで…

抑圧された意識の無意識化の行動パターン

題名:抑圧された意識の無意識化の行動パターン 報告者:ナンカイン 人が生きる上で様々な出来事がある。その中でもよい出来事であり、かつ、社会的にも容認されるような内容であれば、その人の人格の一つの糧となる。一方で、人にも言えないような負の側面…

個人におけるInputとOutputの質に求めるアイデアの所在

題名:個人におけるInputとOutputの質に求めるアイデアの所在 報告者:ナンカイン 情報をうまく整理するには、InputとOutputを上手にこなすことが必要となる。このInputとOutputの関係において、ブログ界隈でも著名な方であるちきりんさん曰く、「インプット…

社会の一集団である家族性という小集団に孕む問題

題名:社会の一集団である家族性という小集団に孕む問題 報告者:ナンカイン 表題に関して今更でもない話題ではある。しかしながら、霊長類の、中でもゴリラの研究で有名な京都大学の山極寿一博士によれば、家族という形態が、ヒトが人となった最大の要因と…

宇宙に満ちるダークエネルギーの正体に関する一仮説

題名:宇宙に満ちるダークエネルギーの正体に関する一仮説 報告者:ナンカイン 本記事は明らかに非科学的な内容を含む。そのため、「トンデモ本の世界」の”と学会”にも認定されるかもしれない。しかしながら、その本の中にある、例えば、ナチスはUFOを造って…

家庭内シンギュラリティに向けて -ゴミ捨てと片づけに対する人工知能への淡い期待-

題名:家庭内シンギュラリティに向けて -ゴミ捨てと片づけに対する人工知能への淡い期待- 報告者:ナンカイン 現在の人工知能の技術は大いに進み、この記事にもあるようにあと数年でシンギュラリティ(技術的特異点)を迎えると言われている。すなわち、このシ…

クリストファー・マッカンドレス氏の精神を辿って

題名:クリストファー・マッカンドレス氏の精神を辿って 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて人生の通過儀礼を相転移として捉え、人が相転移するための臨界における外乱の受け止め…

人生の通過儀礼を相転移から捉える

題名:人生の通過儀礼を相転移から捉える 報告者:ナンカイン 人の一生は長くても100年ほどであり、健康でいられる健康寿命から考えると(この記事、この記事も参照)、せいぜい70~80年ぐらいとなるであろうか。長いようで短い。短いようで長い。ただし、ほと…

暗黙知の事例をスティーブ・ジョブズ氏の伝記から紐解く

題名:暗黙知の事例をスティーブ・ジョブズ氏の伝記から紐解く 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事でスティーブ・ジョブズ氏の魅力を考えるとともに、この記事でAppleの歴代の製品発…

動画から見たApple史の変遷とAppleのコア

題名:動画から見たApple史の変遷とAppleのコア 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事にてAppleやスティーブ・ジョブズ氏の魅力について報告するとともに、Appleの理想の背景にはジ…

スティーブ・ジョブズ氏には一生にしても成れず

題名:スティーブ・ジョブズ氏には一生にしても成れず 報告者:ナンカイン ここであえて報告するまでもないが、Apple社の設立者であり、アメリカの実業家でもあったスティーブ・ジョブズ氏は2011年10月5日に56歳という若さで亡くなった。原因は膵癌である。5…

ヒトの時空間知覚における諸問題の一解法

題名:ヒトの時空間知覚における諸問題の一解法 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、ヒトの心理的な時間の矢に関して、虚の時間を行き来するヒトの意識の無意識が存在し、それゆ…

心理的な時間の矢に関する一考察

題名:心理的な時間の矢に関する一考察 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてアインシュタインの論文「時間の延びが外部感覚器の入力部に及ぼす効果について」1)により、ヒトの心理…

エントロピーが高い状態に至った観測的宇宙論の卵からオムレツを創る方法

題名:エントロピーが高い状態に至った観測的宇宙論の卵からオムレツを創る方法 報告者:ナンカイン 時間は後戻りはできない。例え、タイムマシンがつくられたとしても、光の速度を超えるような「タキオン」のような仮説的な粒子が存在しない限りは、過去に…

人間にとって普遍的な「いいね」を有するコンテンツ

題名:人間にとって普遍的な「いいね」を有するコンテンツ 報告者:ナンカイン 人は生まれてから、成長する過程において様々な夢を追う。しかしながら、その夢が実際に追えるかどうかは、その本人による。ただし、夢は追えども、現実は甘くはない。そこに夢…

創造の分類から検討した天才への道のり

題名:創造の分類から検討した天才への道のり 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事にて、大人における想像から創造への難しさを考えるとともに、創造に伴う分類について報告した。…

何かを創造するのは想像するだけでも大変である。

題名:何かを創造するのは想像するだけでも大変である。 報告者:ナンカイン 表題の通りではあるが、「何かを創造するのは想像するだけでも大変である」ことは、大人になるとよく理解できる。特に、大人になると経験値や知識レベルはアップするも、その過去…

Alejandro Jodorowskyにみる魂に触れる表現力

題名:Alejandro Jodorowskyにみる魂に触れる表現力 報告者:ナンカイン Alejandro Jodorowsky(アレハンドロ・ホドロフスキー)氏は一般的には映画監督として括られる人物である。しかしながら、文献1)にもあるように、その仕事は多岐にわたり、演出家、マリ…

AndroidタブレットからBluetoothキーボードを用いての報告書作成の実験

題名:AndroidタブレットからBluetoothキーボードを用いての報告書作成の実験 報告者:ナンカイン はじめに 一般的にWordで文章を入力する場合、WindowsをOSとしてMicrosoftのOfficeで実施することがほとんどである。官公庁などでは経費削減を目的として、無…

人間とコンピューターのスペック比較

題名:人間とコンピューターのスペック比較 報告者:ナンカイン 人間は生物である。コンピューターは機械である。そのため、人間とコンピューターを比較しようにも比較できない。しかしながら、人工知能の技術がどんどんと進化している現在は、やがて人間の…

近代モダニズムの精神に呼応するパンツの形状

題名:近代モダニズムの精神に呼応するパンツの形状 報告者:ナンカイン 人はあらゆることに対して理論づけしようとする。特に、年齢とともに経験値が大きくなるために、「俺は(私は)、いろんなことを知っているんだぜ(知っているから)」と言わんばかりに、…

掃除機ロボットの人工知能能力の進化に関する一考察

題名:掃除機ロボットの人工知能能力の進化に関する一考察 報告者:ナンカイン 今の家電の中でも最も人工知能が進んでいるものと言えば、掃除機になるであろう。掃除機ロボットの代名詞でもあるルンバは、2017年1月30日現在での最新型はルンバ980になるが、…

夢が深層心理に与える影響

題名:夢が深層心理に与える影響 報告者:ナンカイン 夢と深層心理に関係については、スイスの精神科医であり、心理学者であったカール・グスタフ・ユングを祖として、今更論じることもないであろう。そのため、ユングによる夢との深層心理の体系を紐解けば…

人間に備わる3つの指数

題名:人間に備わる3つの指数 報告者:ナンカイン 人間に備わる指数として有名なものに、IQがある。IQとはIntelligent Quotientの略で、日本語では知能指数と呼ばれる。このIQは一般的には知能検査で測ることができ、例えば、ビネー式知能検査、ウェクスラー…

人類初の月面レストランのメニューを考える

題名:人類初の月面レストランのメニューを考える 報告者:ナンカイン 近年の宇宙開発の競争に関しては、この記事に示されているが、ここでは、宇宙船などの宇宙開発の次に必要とされる宇宙基地でのレストランについてあえて考えたい。 宇宙基地の中でも、す…

スマートフォンの利用率上昇に伴うネット上のコンテンツの価値観

題名:スマートフォンの利用率上昇に伴うネット上のコンテンツの価値観 報告者:ナンカイン 先頃の報道1)にて、ネットにおけるパーソナルコンピューター(PC)から利用が、スマートフォン(SP)からの利用よりも逆転するということが示された。報道が発表された…

人類の健康と乳酸菌

題名:人類の健康と乳酸菌 報告者:ナンカイン 乳酸菌は人類の歴史から見ると、相当古くから活躍していた。乳酸菌が含まれるヨーグルトの歴史についてはこの記事にも記載されているが、かつて中近東に位置したオスマン帝国は14世紀~18世紀のおよそ500年に渡…

子育てにおけるアメとムチの配分

題名:子育てにおけるアメとムチの配分 報告者:ナンカイン 子育てはとても大変である。自らのDNAを引き継ぎつつ、それがプラスとなって子に表れていればよいが、自らの悪い面が如実に子に表れていると、遺伝の耐えがたい存在を確証せずにはいられない。その…

© 2015- 地底たる謎の研究室