地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

明るい目と、明るい髪の人々の分布の関連性

題名:明るい目と、明るい髪の人々の分布の関連性 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で明るい色彩も持つ人々の分布についてヨーロッパ圏を中心に調べ、青い目の歴史について探…

明るい色彩の目を持つ人々の分布から調べた青い目の歴史

題名:明るい色彩の目を持つ人々の分布から調べた青い目の歴史 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて青い目の人からのインスピレーションでもって、青い目の秘密を探り、それ…

青い目の秘密

題名:青い目の秘密 報告者:アダム&ナッシュ 日本人であれば、多くの人の目は黒、または、黒に近い褐色がほとんどであろう。時おり、それとは若干異なる色を持つ人もいるが、欧米には中でも青い目の人も多く見かける。例えば、図の写真はMaryanna Vostokova…

注視が持つ意味

題名:注視が持つ意味 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で眼球の動きから、視線の様子、さらにその心理状態を探ることで視線の背後にある意味について考察した。ここでは、そ…

視線の背後にある意味

題名:視線の背後にある意味 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて運命的な意識的な意識について考え、そのきっかけは自己内に意識化された記憶に基づいて相手からの注視によ…

脳内の特別な記憶を特別な想起に変える注視 -運命の人の背景論-

題名:脳内の特別な記憶を特別な想起に変える注視 -運命の人の背景論- 報告者:アダム&ナッシュ 目は口ほどにものを言う、ということわざがある通り、人は目から受ける影響が非常に大きい。こと体の部位に関することわざを調べても、鼻を含むことわざは19、…

近代の写真が芸術へと至る価値観の事実

題名:近代の写真が芸術へと至る価値観の事実 報告者:アダム&ナッシュ 芸術はそれを観る側の見識によって解釈が大いに異なり、例えば、現代芸術のような抽象画ではその判断に一段と高い見識が求められる。これが、レオナルド・ダ・ビンチ以前の中世の絵画で…

目隠しの知覚遮断がもたらした非接触性に伴う精神面への影響

題名:目隠しの知覚遮断がもたらした非接触性に伴う精神面への影響 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてデカダンス的な要素を人物画像から検討し、5つの要素を列挙することが…

人物画像におけるデカダンス的な要素の探索

題名:人物画像におけるデカダンス的な要素の探索 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事でデカダンスという言葉について検討した。ここでは、人物画像からデカダンス的な要素を探…

デカダンスを致命的という言葉から見つめ直す

題名:デカダンスを致命的という言葉から見つめ直す 報告者:アダム&ナッシュ デカダンスは一般的には退廃的、あるいは、背徳的として訳され、理解されている。元々の語はフランスにあり、フランス語でdécadenceとして綴られ、それが日本に定着し、カタカナ…

感性とは

題名:感性とは 報告者:アダム&ナッシュ 感性とは字の如く感じる性質であり、ある対象物を観て、それを心の中で如何にして捉えているかが、重要視される。特に、アートの分野ではこの感性が重要であり、これをなくしては創造ができない。一方、脳科学におい…

女性ポートレイト写真における白と黒の表現法に潜む魅力と魔力

題名: 女性ポートレイト写真における白と黒の表現法に潜む魅力と魔力 報告者: アダム&ナッシュ 現在の写真の多くはカラーが標準であり、白黒で仕上げることは非常に少ない。銀塩時代は、白黒フィルムからカラーフィルムへと変遷した経緯があったために、古…

そばかすであろうとも、シミであろうとも、それはひとつの個性を表現する。

題名:そばかすであろうとも、シミであろうとも、それはひとつの個性を表現する。 報告者:アダム&ナッシュ そばかすはその人の元々の体質や遺伝に基づくことが多く、先天的に発生しやすい。一方、シミは年齢を重ねるとともにできるため、後天的に発生しやす…

撮影における光と影を求めて

題名:撮影における光と影を求めて 報告者:アダム&ナッシュ 写真にしても、動画にしても、撮像素子に受光された電荷の量が、画像・映像となる。撮像素子には大きく分けてCCDとCMOSのタイプがあるが、どちらも光の強弱をフォトダイオードでとらえ、カラーフ…

人からのパーソナルスペースに伴う余波は、第3者をも否応なしに緊張させる

題名:人からのパーソナルスペースに伴う余波は、第3者をも否応なしに緊張させる 報告者:アダム&ナッシュ 人と人との間に存在する距離に関して、心理学的にいわゆるパーソナルスペースが存在する。パーソナルスペースとは、人と人との間にある目に見えない…

写真からの頭身の計測

題名:写真からの頭身の計測 報告者:アダム&ナッシュ 写真は絵画と違って真実を写す。近年ではレタッチによる補正はあるものの、歪曲・誇張されたレタッチでなければ、写真そのものはよいわるいは関係なく、レンズを通して機械的に受光素子に撮像されるもの…

人の顔の構造とその美しさの基準

題名:人の顔の構造とその美しさの基準 報告者:アダム&ナッシュ 人の顔の構造は、特に言うまでもなく誰もが知っている内容であり、例えば、パーツで言えば、眉毛は二つ、目は二つ、鼻は一つ(ただし、鼻の穴は二つ)、口は一つ(ただし、唇は上に一つ、下に一…

絵画におけるリアリズムを思索する

題名:絵画におけるリアリズムを思索する 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 本記事は先に筆者らの個人的な好みが色濃く反映されているかもしれないことを前もって伝えたい。それは、絵…

写真がもたらした絵画の変遷

題名:写真がもたらした絵画の変遷 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて写真の絵画的なアプローチについて調べるとともに、この記事では写真が発展した当時の画家への絵画手…

写真の歴史を紐解き、当時の画家への影響を考える

題名:写真の歴史を紐解き、当時の画家への影響を考える 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事にて写真と絵画の技術の違いについて述べるとともに、近年では写真もアートとし…

写真における絵画的アプローチ

題名:写真における絵画的アプローチ 報告者:アダム&ナッシュ この記事とこの記事において、我々は写真と絵画の根本的な技術の違いについて説明した。そして、そこでは、写真は被写体を際立たせるマイナスの技術を要し、絵画は被写体を塗り込めるプラスの技…

85mmレンズの構造 -Carl Zeiss社の3つのレンズからの比較-

題名:85mmレンズの構造 -Carl Zeiss社の3つのレンズからの比較- 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事にて、ポートレイト写真における85mmの画角の一例として、フランスの写…

85mmレンズの特徴と、それを所有することで得られる心理的な影響

題名:85mmレンズの特徴と、それを所有することで得られる心理的な影響 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 まず初めに、私ごとではあるが、筆者らのカメラの系譜について供述させていた…

ポートレイト写真における85 mm画角の研究

題名:ポートレイト写真における85 mm画角の研究 報告者:アダム&ナッシュ 「ポートレイト写真でもっともよい画角をもつ単焦点レンズは?」という質問に対して、ある程度のカメラやレンズの知識がある人であれば、「85 mm」と答えるに違いない。その通りであ…

写真撮影における前後の文脈

題名:写真撮影における前後の文脈 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事にて、一枚の写真1)からその撮影に伴う技術的な背景を探った。ここでは、その写真の同時間帯であろう…

写真撮影に伴う技術的な背景

題名:写真撮影に伴う技術的な背景 報告者:アダム&ナッシュ 写真はある一瞬の出来事を記録した映像となる。例えば、撮影においてシャッタースピードが1/100秒であったならば、1秒の100分の1に相当する時間の瞬間を撮影したことになる。人物の撮影の場合は…

センスは努力で磨かれる

題名:センスは努力で磨かれる 報告者:アダム&ナッシュ まずは、標題について、それがYesかNoかを問いただしたい。センスははたして努力次第で磨かれるものなのか? 答えはYesでもありNoでもある。この記事にもあるように、天才的な場合に基づくセンスは先…

写真が持つ実在性について

題名:写真が持つ実在性について 報告者:アダム&ナッシュ 絵画と写真の違いについては、この記事で報告したように、絵画はプラスの技術、写真はマイナスの技術を必要とする。それは、像を得る技術的な過程でもって明らかではあるが、絵画は写実派や印象派な…

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」における推定上面図からのポージングの一仮説

題名:フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」における推定上面図からのポージングの一仮説 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて「真珠の耳飾りの少女」における構図について…

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の構図が持つ意味

題名:フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の構図が持つ意味 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて、「真珠の耳飾りの少女」には、光学的な要素が多く含まれている可能性に…

© 2015- 地底たる謎の研究室