地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

大正ロマンを体現した作家、竹久夢二

題名:大正ロマンを体現した作家、竹久夢二 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 大正時代は、明治時代から昭和時代の移り変わりにあり、その年数は1912-1926年の約15年ほどである。しかし…

タマラ・ド・レンピッカの生きた時代

題名:タマラ・ド・レンピッカの生きた時代 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、女流画家ゲアダ・ヴィーイナ(Gerda Wegener)さんが活躍した時代の世相について調べ、その同…

時代の世相を映す絵画の芸術における作風

題名:時代の世相を映す絵画の芸術における作風 報告者:アダム&ナッシュ 芸術はその時代時代において、はやりすたりがどうしても存在する。ファッションでは、春夏秋冬、年代でブームがあり、はやりすたりは当たり前であっても、芸術という括りでもその傾向…

うるうる瞳がもつ意味を探る

題名:うるうる瞳がもつ意味を探る 報告者:アダム&ナッシュ 目は口ほどにものを言う、ということわざがあるように、目から受ける印象は強い。別に目から何か話し言葉が出る訳でもなく、言葉を発するのはあくまでも口であるが、口からの言葉がたいそう偉そう…

「Tus ojos, mis manos」から受けるセンス

題名:「Tus ojos, mis manos」から受けるセンス 報告者:アダム&ナッシュ 画像から受けるイメージは強く、それによって直観的に何かがひらめく。それが画像のよい所でもある。SNS(social networking service)の中でも、Instagramは画像に特化したSNSでもあ…

”どーでもよい”から、ウナギを食べるから、美女を巡る思索

題名:”どーでもよい”から、ウナギを食べるから、美女を巡る思索 報告者:アダム&ナッシュ 一般的に分からない用語があると、それを調べなければいけない状況か、あるいは、調べなくてよくてスルーしてもよい状況かで、その用語に対するその後の知識が変わる…

絵画におけるロマンティックな情景 -画家Ron Hicksの作例から-

題名:絵画におけるロマンティックな情景 -画家Ron Hicksの作例から- 報告者:アダム&ナッシュ 絵画の移り変わりは、歴史的な背景や絵画技法、絵の具、写真などの技術的な発展と関係が深い。ルネサンス以前では宗教的神話をもとに創造に基づく内容が多く、壁…

H.R. Gigerの世界観に触れる

題名:H.R. Gigerの世界観に触れる 報告者:アダム&ナッシュ ある程度にSF映画やプログレッシブ・ロックに詳しい人であれば、知っている人が多いであろうH.R. Giger(Hans Rudolf Giger:エッチ・アール・ギーガー)氏であるため、ここで取り上げるまでもない…

ラピスラズリの意味とアジュールな魅惑

題名:ラピスラズリの意味とアジュールな魅惑 報告者:アダム&ナッシュ 自然界が創りだす物は、人工では創ることができない天然の輝きがある。そこには地球の誕生、さらに意識を拡大すると、宇宙の誕生をも感じさせることがしばしばある。特に、天然石は、パ…

画家スティーブ・ハンクスに学ぶ絵画描写の極意

題名:画家スティーブ・ハンクスに学ぶ絵画描写の極意 報告者:アダム&ナッシュ 世の中には多くの画家が存在するが、一般的に名前が知られるのは、ルネサンス時代のレオナルド・ダ・ビンチ以降に活躍した油彩画家か、クロード・モネ以降の印象派の画家が多い…

美神アフロディーテの魔法の帯を求めて

題名:美神アフロディーテの魔法の帯を求めて 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、ヒトの裸における芸術とエロスについて思索するともに、ギリシア神話のエロースと、その…

芸術とエロスの接点について

題名:芸術とエロスの接点について 報告者:アダム&ナッシュ 人間の所業はあらゆる精神活動に結び付いている。その中でも、最たるものは生か死かである。悠久の人類の歴史から鑑みると、一人の人間の人生は長くても100年ちょいであり、この先にどのような科…

「天は二物を与えず」への反論

題名:「天は二物を与えず」への反論 報告者:アダム&ナッシュ 「天は二物を与えず」という。その意は、「天は一人の人間に、いくつもの長所や才能を与えてはくれないということ。」1)であるが、これは、人類は不公平ではなく、平等であるとの意も内包してい…

撮る側と撮られる側のまばたき感

題名:撮る側と撮られる側のまばたき感 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて公と私の境界を考えるとともに、好奇の目を活かして、「公」としつつも、「私」であるような印象…

公と私の境界から

題名:公と私の境界から 報告者:アダム&ナッシュ 一般的に公と私は境界があり、そこに明確な線引きがなされる。巷でよく言われる「公私混同するな」とは、その線引きが明確でなくなった状況下でのとある人物の行動パターンを叱咤することに他ならない。一方…

画像と動画の中間に位置するシネマグラフについて

題名:画像と動画の中間に位置するシネマグラフについて 報告者:アダム&ナッシュ 一般的に、市販のカメラやスマートフォン(スマホ)で撮影する方法に、写真とビデオがある。前者は撮影された後は画像となり、後者は動画となる。このような撮影形態から、Web…

雨傘の情景下における人物画像の美的診断

題名:雨傘の情景下における人物画像の美的診断 報告者:アダム&ナッシュ 雨が降ると、水の恵みとなって、地球を潤す。しかしながら、雨模様は人の気分にも作用する。日本の気象学者である福岡義隆博士1)によれば、雨の日、あるいは日が照らない日は、普通の…

ポートレイト写真に基づくときめき的な観察の数式化

題名:ポートレイト写真に基づくときめき的な観察の数式化 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事でときめきの脳内の変化について報告され、A10神経におけるドーパミンの右往左往が…

レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザに見る平均美顔

題名:レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザに見る平均美顔 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 レオナルド・ダ・ヴィンチについては、ここで言うまでもないが、イタリアのルネサンス期…

美しさを感じる脳内の黄金率

題名:美しさを感じる脳内の黄金率 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、顔の認識における脳内の2つの系統について示すとともに、顔の表情の特徴は脳内にある約200個の細胞…

人の顔が認識されるに至る諸段階

題名:人の顔が認識されるに至る諸段階 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で人の顔の認識に伴う脳の領域について特定することができた。ここでは、人の顔がどのように認識され…

人の顔を認識する脳領域の特定

題名:人の顔を認識する脳領域の特定 報告者:アダム&ナッシュ 人の顔は様々である。それは、人種や親からの遺伝、あるいは、育った環境や生活因子などにも影響される。しかしながら、人の顔に対する印象は、この記事でも示したように、脳内の何らかの基準で…

心の球形をAndré Josselin氏の動画に求めて

題名:心の球形をAndré Josselin氏の動画に求めて 報告者:アダム&ナッシュ 学生時代には友達が多くとも、一旦社会に出ると、所謂気がおける仲間は限りなく少なくなる。それは、社会に出ると、どうしてもその社会性において利害関係が絡み、なんでも話し合え…

明るい目と、明るい髪の人々の分布の関連性

題名:明るい目と、明るい髪の人々の分布の関連性 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で明るい色彩も持つ人々の分布についてヨーロッパ圏を中心に調べ、青い目の歴史について探…

明るい色彩の目を持つ人々の分布から調べた青い目の歴史

題名:明るい色彩の目を持つ人々の分布から調べた青い目の歴史 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて青い目の人からのインスピレーションでもって、青い目の秘密を探り、それ…

青い目の秘密

題名:青い目の秘密 報告者:アダム&ナッシュ 日本人であれば、多くの人の目は黒、または、黒に近い褐色がほとんどであろう。時おり、それとは若干異なる色を持つ人もいるが、欧米には中でも青い目の人も多く見かける。例えば、図の写真はMaryanna Vostokova…

注視が持つ意味

題名:注視が持つ意味 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で眼球の動きから、視線の様子、さらにその心理状態を探ることで視線の背後にある意味について考察した。ここでは、そ…

視線の背後にある意味

題名:視線の背後にある意味 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて運命的な意識的な意識について考え、そのきっかけは自己内に意識化された記憶に基づいて相手からの注視によ…

脳内の特別な記憶を特別な想起に変える注視 -運命の人の背景論-

題名:脳内の特別な記憶を特別な想起に変える注視 -運命の人の背景論- 報告者:アダム&ナッシュ 目は口ほどにものを言う、ということわざがある通り、人は目から受ける影響が非常に大きい。こと体の部位に関することわざを調べても、鼻を含むことわざは19、…

近代の写真が芸術へと至る価値観の事実

題名:近代の写真が芸術へと至る価値観の事実 報告者:アダム&ナッシュ 芸術はそれを観る側の見識によって解釈が大いに異なり、例えば、現代芸術のような抽象画ではその判断に一段と高い見識が求められる。これが、レオナルド・ダ・ビンチ以前の中世の絵画で…