地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

夢に向かって走るランナーとしての正しい行いを、イモづる的に掘りあてる例示

題名:夢に向かって走るランナーとしての正しい行いを、イモづる的に掘りあてる例示 報告者:エゲンスキー 栄光に向かって走るには、あの列車に乗ればよい。その列車とは、「TRAIN-TRAIN」であり、THE BLUE HEARTSというバンドに他ならない。その一方、夢に…

「背中を掻いて頂戴な」的な青色・桃色吐息に関する世紀の血闘

題名: 「背中を掻いて頂戴な」的な青色・桃色吐息に関する世紀の血闘 報告者:エゲンスキー 明治、大正、昭和、平成と時代が流れ、その次に来たのは、令和であった(2019年4月1日に発表)。その和号に込められた考えなどは、ここで示すまでもない。検索にて他…

No one knows.

題名:No one knows. 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 壊れた機械のように、同じことを繰り返し、そうしてまた、僕は同じ地点に立つ。 何かが壊れたとしても、目の前に立つのは彼女しかいない…

あなたに逢いたくて、いま。

題名:あなたに逢いたくて、いま。 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 いまどこにいるの? そうして、いま。 どこに愛があるのか? でも、本当は、愛など、どこにもないのか。 でも、愛の断片を…

こころの時間旅行

題名:こころの時間旅行 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 あっ、なんとなく想い出した。 そうだ。 僕はあの時、君にときめいてたんだ。 君に触れると、こころも触れて。 そうして、お互いに何…

可能な限りつまびらかな愛の断片を追って –PartⅡ:翻弄的叙述編-

題名:可能な限りつまびらかな愛の断片を追って –PartⅡ:翻弄的叙述編- 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 目隠しされることによって、視界からの情報が途絶え、その他の耳から、鼻から、あるい…

可能な限りつまびらかな愛の断片を追って -PartⅠ:遍歴的叙述編-

題名:可能な限りつまびらかな愛の断片を追って -PartⅠ:遍歴的叙述編- 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 「こころの中で過去に時間旅行することと未来に時間旅行することは、人間だけが持つ同…

肉汁じゅわ~へのじゅわ~りたく考察

題名:肉汁じゅわ~へのじゅわ~りたく考察 報告者:ちょろりん 以前、どこで見たのかは、覚えはない。しかしながら、とあるTV番組で、肉汁じゅわ~はよくはないことを討論していた。そして、そこでは、例えば、ハンバーグを切ると、肉汁じゅわ~となるのは…

飯盒の使い方

題名:飯盒の使い方 報告者:トンカツる 飯盒は漢字で書くとなかなか難しいが、はんごうとひらがなで書くと、「あっ、はんごうね」と理解できる。その飯盒は、その名の通り、飯の盒(容器)であり、キャンプ等でご飯を炊く際に、時おり用いられる道具である。…

空想と没頭における臨界期仮説のがらくたの塊

題名:空想と没頭における臨界期仮説のがらくたの塊 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事の続きであるとしながらも、記述しながらも、最後にどこに辿りつくのか分からない。まったくもっ…