地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

得られるものが何もない、から、何かを得る、かい(貝)。

題名:得られるものが何もない、から、何かを得る、かい(貝)。 報告者:ダレナン 様々な事柄において、二つの貝が重要になることは、この記事でも示した通りである。それがやり貝といき貝である。ただし、これらを人生というプライベートビーチで、潮干狩り…

現代アート・的アプローチをデジタルに委ねて

題名:現代アート・的アプローチをデジタルに委ねて 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 現代アートは様々な抽象的なアプローチも対象として、許容され、ここの記事でも示されたようにマ…

アーチストSarah Moon氏の描写を研究して

題名:アーチストSarah Moon氏の描写を研究して 報告者:アダム&ナッシュ いつの時代でも偉大なるアーチストの作例の系譜をなぞることは、古くから、絵画においては模写としてなされてきた。出来上がった模写自体は、もちろんオリジナルではない。しかしなが…

そして、それは、なまめかしい。

題名:そして、それは、なまめかしい。 報告者:ちょろりん なまめかしいとは、文献1)にもあるように、感覚的には、「少し怪しさを含んだ色気」の時に使われる。そのため、艶めかしい、妖艶ともなる。古典的な日本語では「なまめかし」 < 「なまめく」 < 「…

何もない空間のための美的なセンス

題名:何もない空間のための美的なセンス 報告者:ナンカイン 人の顔に関しては、その美しいと感じられる基準について、先頃のこの記事とこの記事を含めて様々な検討が実施された。さらに、能との関連に筆者のこの記事において、検討できた。しかしながら、…

常に決してない、曲に関する報告書

題名:常に決してない、曲に関する報告書 報告者:ゴンベ 誰か一人でも注目を集めればよい方かもしれない。少なくともGoogleにて検索しても日本内ではまったく引っかからなったカナダのアーチストAlways Never1)(日本語では「常に決してない」と訳せる)につ…

現代的な美しさは古代にも表現されたのか?

題名:現代的な美しさは古代にも表現されたのか? 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 以前のこの記事とこの記事において、新石器時代に作られたであろうと推定されている石仮面がイスラエルか…

顔面の美しさへの単純描画の試み

題名:顔面の美しさへの単純描画の試み 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、顔面の各パーツとの関係おいてその配置を知るとともに、それが美しいと感じられる比率について…

象徴性としての顔面が持つ美しさの比率

題名:象徴性としての顔面が持つ美しさの比率 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて「Deeplooks」による顔面の美しさを評価するAIを用いて様々な芸能人の顔について検討すると…

「Deeplooks」を用いて、美しさの象徴性から、汎用性のある能面の表情を探る

題名:「Deeplooks」を用いて、美しさの象徴性から、汎用性のある能面の表情を探る 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、能について理解を深めるために、能面の特性と能のもつ物…