地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

宿命の蓋つきと一通の手紙

題名:宿命の蓋つきと一通の手紙報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 おやっさんに料理の何たるかを教えてもらい、タンちゃんからは料理の技術を学び、僕は料理人としてあるべき姿を模索し始めた…

伝説の家政婦の名言

題名:伝説の家政婦の名言報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 おやっさんは、僕の作ったカニチャーハンをうまいと言った。でも、やっぱり愛のスパイスが足りないらしい(この物語)。おやっさん:…

カニ、カニ、な気持ち

題名:カニ、カニ、な気持ち報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 物語、いわゆるストーリーは次第に、ヒャダインに佳境に入り、その華僑は、シンガポールに居るのだろうか、と思いつつも、もはや…

もしかちて、もちかちて、の売れ行き

題名:もしかちて、もちかちて、の売れ行き報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 タンちゃんの餃子、ザ・ニンニク焼餃子を試食して、初めて分かった(この物語)。見た目は、24か25歳の僕でも、本当…

耐えきれずツイスト&シャウトしたい

題名:耐えきれずツイスト&シャウトしたい報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 猫ラーメンに出勤する前に叔母さんへの手紙を送った(この物語)。これで、少しは思いが届くかもしれない。叔母なら…

性(サガ)

題名:性(サガ)報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 叔母さんに電話しても、受話器を取ってくれるも、一向に話してはくれない(この物語)。叔母が豹変しているのも分かった。あの事件と関係がある…

電話越しでもそれが分かった。

題名:電話越しでもそれが分かった。報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 朝になってまたもや口元から赤紫色した液体の芳香がした。妙な夢を見た夜(この物語)は、いつもこうだった。そうして、そ…

人の気持ちを癒す愛のスパイス

題名:人の気持ちを癒す愛のスパイス報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 看護師さんが店に入ると、タンちゃんを見て睨んでいるような感じがした。(ふん、なにさ、この人。ちょっと仕事ができる…

元気? 体調どう?

題名:元気? 体調どう?報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 病院から結局は一日で退院し、次の日には猫ラーメンにさっそくに出勤した。「おやっさん、昨日はすみませんでした」おやっさん:「お…

納豆市場において、ひきわりの人気が絶大

題名:納豆市場において、ひきわりの人気が絶大報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 貸してないにもかかわらず、自ら化してしまったその様相は、貸して、と、化して、が入り交じり、いやー、そう…