地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ひとめぼれ前の慨視感に対する補足

題名:ひとめぼれ前の慨視感に対する補足 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、ひとめぼれ前の慨視感について提唱するとともに、恋ゆえのときめきは、個人の内観以上の存在性があっ…

ときめきという特別の事象に伴う慨視感とベターハーフの関連性

題名:ときめきという特別の事象に伴う慨視感とベターハーフの関連性 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてときめきに関するパズル理論を提出した。ここでは、それまでのこの記事~こ…

感覚・運動、感情、論理との段階性と生物体としての人の生き方

題名:感覚・運動、感情、論理との段階性と生物体としての人の生き方 報告者:ダレナン 感情の発露は行動となり、行動の規定は感情によって産み出される。ヒトは進化の過程で、感情をコントロールし、理性を勝ち取ったと勘違いするも、進化の過程で積み重ね…

人生における周期 -9-

題名:人生における周期 -9- 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事では春夏秋冬理論に基づき、春3、夏3、秋3、冬3の12という数字でもって、人生の周期を捉えた。しかしながら、もう…

さて、ここで問題です。

題名:さて、ここで問題です。 報告者:ダレナン という問題があった場合、その問題はどこにあるのか、どのような問題なのか、それが何なのかがさっぱり分からない。そこで、問題です。 問題は何でしょうか? という疑問が沸き起こる。これを読んでいけば問…

準洗濯機宇宙論に基づく宇宙生成過程の説明

題名:準洗濯機宇宙論に基づく宇宙生成過程の説明 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 以前のこの記事から始まった筆者の考えは、この記事~この記事に渡って宇宙における虚と実の時間として結び…

実の時間1/2の正体について

題名:実の時間1/2の正体について 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、重力の呪力を開放する虚と実の時間の複素平面において、リーマン予想における「ゼータ関数の自明でない零点…

実の時間1/2における零点は、重力の呪力を解放する

題名:実の時間1/2における零点は、重力の呪力を解放する 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で虚の時間の一致に伴う精神世界と、その次元における重力の呪力の解放について説明した。…

重力の呪力から解放されるべく因果応報への応答

題名:重力の呪力から解放されるべく因果応報への応答 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事にて「天は与えられた課題をあなたが乗り越えられるから与えているのです。」の言葉から宇宙と…

重力の影響に伴う時間の複素平面と虚と実のもつれについて -一仮説-

題名:重力の影響に伴う時間の複素平面と虚と実のもつれについて -一仮説- 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で時間の二次元化を考えるとともに、重力を基準とする時間軸の回転は、ズ…

時間軸の二次元化と重力

題名:時間軸の二次元化と重力 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて「天は与えられた課題をあなたが乗り越えられるから与えているのです。」に対する背景に関して考察するとともに、…

「天は与えられた課題をあなたが乗り越えられるから与えているのです。」という背景を考える

題名:「天は与えられた課題をあなたが乗り越えられるから与えているのです。」という背景を考える 報告者:ダレナン 文献1)によれば、「天は与えられた課題をあなたが乗り越えられるから与えているのです。」という言葉が掲載されている。その文献のHPアド…

脳科学のNo科学的側面

題名:脳科学のNo科学的側面 報告者:ダレナン 現在は様々な科学が発達し、それによって様々な技術恩恵を受けることができた。古くは印刷なども知識を蓄える技術として発達し、現在ではインターネットを含めたWeb技術がそれに相当するであろう。それによって…

神はこの世に存在するのか?

題名:神はこの世に存在するのか? 報告者:ダレナン ひよひよと年とともに薄れていく頭の髪を鏡で見るにつれ、この世に神は存在するのか、と自問自答せずにはいられない。気がつくと、家の中に髪の毛が落ちている(この記事も参照)こともしばしばである。そ…

脳科学的な神話からの脱却

題名:脳科学的な神話からの脱却 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事でヒトを含めた動物間における脳重量について調べ、ヒトの脳の重量は体重に比較して随分と大きいことを述べた。さら…

動物間における脳重量の比較

題名:動物間における脳重量の比較 報告者:ダレナン 動物には脳がある。もちろんヒトにも脳がある。ヒトの脳の特徴は、前の部分である前頭葉が発達していることにあるが、その前頭葉は、前頭前野と運動野、および、運動前野にさらに分類できる1)。この領域…

血液型によってモチベーションにも違いがあるのか?

題名:血液型によってモチベーションにも違いがあるのか? 報告者:ダレナン 血液型は人であれば、間違いなく存在する型である。大きく分類して、A型、B型、O型、AB型の4つに分かれるも、正確にはA型がAA型とAO型の二種類あり、B型も同じくBB型とBO型の二種…

10110000110001011011100111100110

題名:10110000110001011011100111100110 報告者:ダレナン 101111001100001010111000101100111100010110101010101001001100101111000110111111001100101111011100101110001110110010100100111100101100011011110011101111111100101010111111111101001010010…

人生における性格のビックファイブの変化

題名:人生における性格のビックファイブの変化 報告者:ダレナン 人の性格は、年齢に応じて変化する。例えば、昔はとがっていたと思える人も、年とともに丸くなったと思われるのはその一つである。一方で、しかしながら、年齢とともに表層の性格が変わろう…

デグーの知能について

題名:デグーの知能について 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、げっ歯目総選挙においてげっ歯目62のセンターを勝ち取ったデグーの活躍について報告した。さらに、デグーの特徴に…

げっ歯目総選挙におけるデグーの活躍

題名:げっ歯目総選挙におけるデグーの活躍 報告者:ダレナン ○○総選挙という表現の仕方は、AKB48総選挙を始めとして、選挙という言葉が幼い世代でも認識されるよい機会となった。また、日本政治における選挙に関しては、昨日の10月22日付(元の投稿は2017年1…

ハムスターにおけるランナーズハイを考える

題名:ハムスターにおけるランナーズハイを考える 報告者:ダレナン ハムスターは哺乳類のげっ歯類の一つであり、比較的大きな前歯を持つも、哺乳類といえども小型であり、かつ、体には大きな力など特別な能力もなく、ライオンなどのような捕食者(*)ではない…

ハクソロルールズ・オベランの生涯

題名:ハクソロルールズ・オベランの生涯 報告者:ダレナン かつてイギリスのとある小さな町に、ハクソロルールズ・オベランが住んでいた。ハクソロルールズの本業は漁師であったが、生来の魚嫌いから、ニセ漁師として町の人にたぶらかされていた。 「お前は…

ときめきパズル理論に基づくときめく時の様相

題名:ときめきパズル理論に基づくときめく時の様相 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で、ときめきによって得られたメモリーと、そのときめきで起こったメモリーの近接した関連づけに…

とにかく帰りたい。が。どこに帰りたいか分からない。という…

題名:とにかく帰りたい。が。どこに帰りたいか分からない。という… 報告者:不明 居場所がない。 いろんなことがあっても、いろいろと、頑張っていた。はずなのに、 とにかく帰りたい。でも。帰る場所も知らない。 帰りたいのに。帰れない。 帰りたい場所が…

脳内表象の特別なクラスタ化に基づくときめきの実体

題名:脳内表象の特別なクラスタ化に基づくときめきの実体 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、「ときめくのは、たぶんに脳内表象の特別なクラスタ化とも結論づけられるかもしれな…

ときめき過程における脳内表象の推測

題名:ときめき過程における脳内表象の推測 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてロシアの写真家であるVladimir Arndt氏によるポートレイト写真を取り上げ、その写真からときめきの数…

ときめきによる脳内の変化

題名:ときめきによる脳内の変化 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてときめきの所在を探るとともに、それは、「脳内の神経ニューロンがきっと何らかのsparkをしている。その現象が…

ときめきの所在

題名:ときめきの所在 報告者:ダレナン ある時、ふとときめく。それは、何か物であったりすることもある。しかしながら、最大のときめきは対、人に対してであることは、たぶんに人の共通の意見であろうか。すなわち、生体的に言えば、なぜかしら、対、人に…

ライフスパンにおける数12とフィボナッチ数との間にある変化

題名:ライフスパンにおける数12とフィボナッチ数との間にある変化 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 以前のこの記事にて数12という数字はライフサイクルにおいて重要な意味合いがあることを示…