地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ハイパーループ・カプセル

題名:ハイパーループ・カプセル報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 見つめ合っていた二人はやがて僕の方に振り向くと、こっちこっちと僕を手招きした。手招きした位置まで歩くと、地面の上に、…

100平方km

題名:100平方km報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ぶーたれるツキオであったが、キーコさんはそっとツキオの手を握った。ツキオはそれを握り返した。二人、顔を見つめ合った。ツキオの顔に温和…

あそこも、あそこも

題名:あそこも、あそこも報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 僕とキーコさんの会話をしり目に、ツキオは相変わらずじーっと凝視して穴が開くんじゃないかというぐらいにキーコさんをガン見して…

もちろん

題名:もちろん報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 (Moon Townの、こぶちゃんブランド。 こぶちゃんブランドが、Moon Townにあるの? えっ、どういうこと。 こぶちゃんブランドは、僕のCreateの…

成長がストップ

題名:成長がストップ報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 「いつもお世話になっております」…。 無視したいのに無視できないツキオとキーコの2人。以前と同じ問答のやり取りから、僕は何かを見落…

いつもお世話になっております

題名:いつもお世話になっております報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 しばらくしてドーム内の明るさに目が慣れてくると、地球の小さな草原のように、月の表面に所々に緑色の草らしきものが点…

意識が変わった

題名:意識が変わった報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ツキオの提案で、取り調べは一端終了した。僕とツキオはMoon Townへと向かうことになった。ツキオは船内にいる他の搭乗員に声をかけ、宇…

赤信号が点滅から点灯へ

題名:赤信号が点滅から点灯へ報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 離れてはいけない、離してはいけない。その不安定で、安定した恋心によってこの世界で変わることのない永遠の誓いでもあったこ…

永遠の誓い

題名:永遠の誓い報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ラクダ・マこぶちゃんにほだされながら、少しずつ自分の、僕の中の枯葉がバーニングしているようなそんな感じがした。そしてバーニングした…

パンパース的な成長

題名:パンパース的な成長報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。(ラクダ・マこぶちゃん:…させちゃう時…(信吉:させちゃう時…)(ラクダ・マこぶちゃん:そうだ、させちゃう時。その時に、お前は…

今こそ復活

題名:今こそ復活報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。(フランコ・ハバド氏:あほ、ノブヨシ…)(ツキオ:君はな。実は、こぶちゃんを埋葬することで、Createを葬った。すなわち、今や何も残っち…

永遠に成長できない人間。

題名:永遠に成長できない人間。報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 僕は宇宙船に、そのMoon Town自警団と書かれた宇宙船に連れさられ、取り調べされていた。途中、かつ丼を食べたが、その後にス…

記憶の残骸

題名:記憶の残骸報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ここ最近、何も起こりそうのない、Moon Townの自警団という職を務めながら、宇宙船で月の世界を警備しながら、ツキオは目の瞼になぜかほろり…

もう、終わったことだった。

題名:もう、終わったことだった。報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 生ある中に、その罪が潜んでいる。生きているだけでも罪。そう言ったのは太宰で、堕罪だ。だから、僕は、何度も、母なるト…

聖なる実現

題名:聖なる実現報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 その瞬間、大天使ガブリエルは、聖母ツキオの母に下に跪き、こう言った。「あなたはたった今、精霊の恵みによって、この月の世界の救世主で…

受胎告知

題名:受胎告知報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この世の中に、時代を一変するようなクレバーな人物がいるとすれば、Moon Town宇宙科学研究所の所長、ジムズ・キャロメン博士はその一人であっ…

ロケットの積み荷

題名:ロケットの積み荷報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ヴェルヌーブ氏は、フランコ・ハバド氏の最期の願いを載せ、打ちあがってゆくロケットを傍から眺めながら、その周りの星々を鑑賞した…

最期の願い

題名:最期の願い報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ジュニ・ヴェルヌーブ氏の予想を待たずして、フランコ・ハバド氏は「地球の輩からテキトーに見繕った子種」の会話から、その子種の実体を見…

子種の人物

題名:子種の人物報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ヴェルヌーブ氏:「かし…こまりました」 ジュニ・ヴェルヌーブ氏は、病床に臥せっているフランコ・ハバド氏に「かしこまりました」と誓った…

かしこまりました

題名:かしこまりました報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 よわいにして87の頃。地球に居るフランコ・ハバド氏は日に日に体の衰えを感じていた。ただ、かつてよりも眼光は鋭く、病床で臥せって…

執着の疫の象徴

題名:執着の疫の象徴報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ツキオは、Moon Townを、月の世界を、巡回しながらパトロールしていた。近年のMoon Townは、かつてのあの食糧難での喧噪も落ち着きを取…

私の欲求

題名:私の欲求報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 (人の人生は、すべてが欲望なのよ…。欲望から来るの、ツキオくん…) ダオッコ博士はキーコの蘇りのために、ツキオの記憶を検索しながら、ツキ…

すべてが欲望

題名:すべてが欲望報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ダン・ダオッコ博士は、仕事に対してはいつも厳格な対処で臨んでいた。今回のツキオの実験に対しても、自分なりの研究者としての勝算があ…

若干の変化

題名:若干の変化報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ダン・ダオッコ博士は、ツキオからキーコの蘇りに対して、これを了承し、最新式の記憶装置によってツキオの記憶からキーコの想い出を引き出…

昏睡状態

題名:昏睡状態報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 気が付くと、そのドラゴンは僕を背に乗せ、羽ばたいていた。まじかで見ると、真っ白なドラゴン。とても美しい毛並みを持っていた。ふわふわと…

湖底には

題名:湖底には報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 ベッドに横たわっていると、ダオッコ博士は軽快に指をならした。パチン。すると、またも上からあの機械の棒がしゅるしゅると降りてきた。上部…

半分人間ハルバー・メンシュ。

題名:半分人間ハルバー・メンシュ。報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 「でもね。ツキオの父さんがダミーだって構やしない。だって、ツキオは母さんの子だもの…。ごほっ…」 その後、母は急に激…

父がダミー

題名:父がダミー報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 死神にとりつかれた僕は、もはやイケメンではなかった。ブラピではなくなっていた。キーコと居る幸せが、僕をブラピなりに輝かせていたが、…

イケメンではなかった

題名:イケメンではなかった報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 Moon Town宇宙科学研究所に着くと、ダン・ダオッコ博士が入口の前で満面の笑みを浮かべていた。僕が歩いて来るのを見つけると、ダ…

愛の信頼と責任

題名:愛の信頼と責任報告者:ダレナン 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 キーッキーッキーッ、というあの車輪の音が聞こえるたびに、僕はいつも何かを失っていった。目の前に居るキーコに対しても、僕は何かを…