地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ハトらしいイメージ

題名:ハトらしいイメージ 報告者:トシ ハトは“クルック―”と鳴く。さらに、ハトは歩くときは不思議と首が前後に動く。神社や仏閣などの公園に“クルック―”と発し、”首が前後”に動いている鳥を見かけたならば、そのほとんどはハトであろう。そして、“ポッ、ポ…

にこやかな顔はにこやかの素です。

題名:にこやかな顔はにこやかの素です。 報告者:ちょろりん 体と心は連動している。決して分かれて働いているのではなく、相互に影響を及ぼす。ただし、体は見て分かるが、心は見ることができない。そこに、もどかしさが生じる。そのことから、古くからこ…

エレーヌ・グルナック氏が語るマルグリッド・デュラスの魅力

題名:エレーヌ・グルナック氏が語るマルグリッド・デュラスの魅力 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて、小説家のマルグリッド・デュラスの研究者でもある関未玲博士による「マルグ…

「「不在」という場のフォルムを創造する」ためのエクリチュールの剥き出し

題名:「「不在」という場のフォルムを創造する」ためのエクリチュールの剥き出し 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 時に画像は、自己の内面をえぐり、まだ見ぬ創造の世界へいざなう道しるべと…

「めくるめく愛の枷」の記述を巡って –小説家マルセーヌ・デ=ベランダ―ルへの回想-

題名:「めくるめく愛の枷」の記述を巡って -小説家マルセーヌ・デ=ベランダ―ルへの回想- 報告者:ダレナン 生涯に渡って一小説家がどれくらいの量を執筆するのかは、その小説家の力量による。ただし、若くして非業の死を遂げた作家であれば、その量も少なく…

チキンはなぜチキンというのか?

題名:チキンはなぜチキンというのか? 報告者:トシ 所謂心が弱いことような人物を指してチキンという。しかしながら、なぜチキンというのであろうか。同じような用語として豆腐メンタルもある。これに関しては、豆腐の壊れやすさとメンタル(精神)の重なり…

”どーでもよい”から、ウナギを食べるから、美女を巡る思索

題名:”どーでもよい”から、ウナギを食べるから、美女を巡る思索 報告者:アダム&ナッシュ 一般的に分からない用語があると、それを調べなければいけない状況か、あるいは、調べなくてよくてスルーしてもよい状況かで、その用語に対するその後の知識が変わる…

茹でガエル現象を見直す

題名:茹でガエル現象を見直す 報告者:ダレナン 鍋に水がはってあり、その中にカエルが泳いでいる。そして、その鍋を火にかけ、鍋の中の水の温度を徐々に上げていき、その水をお湯に変化させる。ただし、その温度の変化は、あくまでも時間的にはわずかの変…