地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ゴーガイジャー307:うひょー、さらになんかはっけんしてヒゃっほー?なあなたのために


あなたのシェアがとても嬉しいなので~あります。
LINE


 

いつもは地底のエルベナノデ~帝国たるの研究室にいる特派員 ハペボンなので~あります。

 

が、時に、地底から地上を覗きたくなるなので~あります。

 

そひて、地上を覗きながら、第ニゃっほー 話すとナガークなりそうですねぇ、篇、略して、「うひょー、なるほどそうだったのねのヒゃっほー?なあなたのために、至るゴーガイジャー283」にあいなった。なので〜あります。

 

www.centeroftheearth.org

 

そして、エルベナノデ~帝国の地図で、室長からマグマ温泉について教えてもらったなので~あります。

 

f:id:centeroftheearth:20180407233104p:plain

 

特派員 ハペボン室長。ところで、この地図にある洞窟穴(らくして)洞穴ってなんなのでしょうか。

 

室長:この洞穴ですかぁ。これはですねぇ。話すとナガークなりそうですねぇ。

 

特派員 ハペボン:ナガークとはどのくらいナガークなので~ありますか?

 

室長:そうですねぇ。地上歴にして13年はかかりそうですねぇ。

 

特派員 ハペボン:では、室長。話すと第五マグマ温泉に行けそうなぐらいの距離なので~ありますか?

 

室長:そうですなぁ。そのぐらいナガーイ話になりそうですねぇ。短めに話すと①ゴーガイジャーで終わりますがぁ.....

とりあえず、その前に地上歴の121年ぶりにソウコの掃除でもしますかねぇ。

 

特派員 ハペボン:らじゃー。

 

そうして室長とともにソウコにソッコーどぇ向かった

 

f:id:centeroftheearth:20180423161550p:plain

 

ギーぃっぃぃ。バタン。

 

ソウコの中は、まっくらーであった。ただでさえ、まっくらーな地底の世界であったが、ソウコはさらにくらかった。そこで、

 

f:id:centeroftheearth:20180423162152p:plain

 

特派員 ハペボン:はっ.....。室長なんかありますなので~あります。

 

室長:ほぉ~。めずらしいものがありますねぇ。

 

そして、その先には、

 

f:id:centeroftheearth:20180423164220p:plain

 

 

。。。。。。。。。。

 

 

室長:これはなつかしいですねぇ。わたくしの若かりしころの地底潜水艇、ポンコ2のキットじゃないですかぁ。うちょー。

 

特派員 ハペボン:うひょー

 

saya38sigin.hatenablog.jp

 

さやさん:Don't think・・・feel!!(┌´゚ω゚)┌ アチョー © さやさん

 

 

 

 

特派員 ハペボン:このキットをはっけんしたとき、考えなくとも、なにか感じるものがあった。

(キットそうだ。そうに違いない。キットなにかある...。)

なので~あります。 

 

。。。。。。。。。。

 

 

第三ゃっほー ソウコにソッコーどぇ向かった、篇

 

 

次回予告:ゴーガイジャー〇〇〇:うひょー、またさらにうちょーしてヒゃっほー?なあなたのために

 

 

そして、 

 

特派員 ハペボンは、

 

ハイ・テン・ショーン

 

なので~あります。 

 

 

この記事は、地底のエルベナノデ~帝国たるの研究室で記者として働く、特派員 ハペボンからのゴーガイジャー307なので~あります。

 

 

f:id:centeroftheearth:20170307233430p:plain

(正式名:エン=ベルス・ドドリオンゲット・プーカラッポナー・ウヒ・ハペボン)

 

 

© 2015- 地底たる謎の研究室