地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ゴーガイジャー367:うひょー、明らカイマがカイマでヒゃっほー?なあなたのために


あなたのシェアがとても嬉しいなので~あります。
LINE



 

いつもは地底のエルベナノデ~帝国たるの研究室にいる特派員 ハペボンなので~あります。

 

が、時に、地底から地上を覗きたくなるなので~あります。

 

そひて、地上を覗きながら、第五ゃっほー 明らカイマってけっきょく何だどぇ、篇、略して、「ゴーガイジャー359:うひょー、しだいに明らカイマでヒゃっほー?なあなたのために、至るゴーガイジャー359」にあいなった。なので〜あります。

 

www.centeroftheearth.org

 

そして、地底たる謎の研究室の旧第三洞穴の奥からのデンゴンで「モーソー」自由帳のれきしをしったなので~あります。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

室長:こぇ、こぇ、これはぁー、もしかしてぇー

 

室長はうまっているなんかをとりだしたなので~あります。

 

f:id:centeroftheearth:20180622081415p:plain

 

室長特派員 ハペボンこれはぁー、まさしく「モーソー」自由帳ーーーーーー

 

室長:とと、特派員 ハペボンどのぉー。まさか、こんなところにうまっているなんてぇ。

 

室長は、ソートーにうぁれしい表情をしていたー、なので~あります。)

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

特派員 ハペボン:ところで、室長。ナヂュ=ヘンス・リリビアンドット・プーシッポリーナー・ノヘ・オイボンというのは、誰なので~ありますか。

 

室長特派員 ハペボン殿。これがわたくしの正式名なので~ありますよぉ。室長の前は技術員だったので、その当時、みんなからは、技術員 オイボンとよばれていたのですよぉ。

 

なるほど、ぼくの正式名がエン=ベルス・ドドリオンゲット・プーカラッポナー・ウヒ・ハペボンなので、今、特派員 ハペボンと呼ばれているのとおなじようなので~あります。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

室長特派員 ハペボン殿。うまっていたので、少しボロボロのようですが、わたくしの「モーソー」自由帳をのぞいてみますかぁ。

 

特派員 ハペボン:うひょー。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

f:id:centeroftheearth:20180622083122p:plain

 

ながいあいだうまっていたために、字がうっすらとしていたが、そこには「マグマ温泉を発見したい。」と書いてあった。

 

特派員 ハペボン:へぇー、室長はこのねがいがかなったなので~ありますか。

 

室長:かないましたよぉー。実は、地底たる謎の研究室の第三マグマ温泉がありますがぁー、あれはわたくしが発見したのでよぉー。

 

特派員 ハペボンうひょー。

 

ここで、ポケットから、室長は、むかしのエルベナノデ~帝国(旧 エルベナノデ~帝国)の地図を取り出した。

 

f:id:centeroftheearth:20180622092103p:plain

 

室長:むかしのマグマ温泉は、第一マグマ温泉と第二マグマ温泉しかなかったのですよぉ。洞穴に関しては、第一から第三洞穴まで発見されていたのですがぁ、どうも第三洞穴が他の洞穴とどうもようすが違うことからぁ、エルベナノデ~帝国の国王に、じきじきに調査を依頼されたのですよぉ。そうしてわたくしがそのとき、四次元空間とのつながりを発見したのですよぉ。

 

特派員 ハペボン:へぇー。では、室長。第三マグマ温泉はこのときに発見したなので~ありますか。

 

室長:実は、正確にいうと、わたくしが発見したのではないのですがぁ、四次元空間のそうじで、その洞穴の奥からこの時も何かが見えたのですよぉ。今、思い出すと、たぶん、おじいちゃんの小人ですよぉ。

 

特派員 ハペボン碧乃あか男さんの娘さんが発見したという、あのおじいちゃんの小人さんなので~ありますか。

 

mraka2015.hatenablog.com

 

室長:そうですよぉー。たぶん、おなじおじいちゃんの小人さんかもしれませんねぇー。そのおじいちゃんの小人さんが、「Dangerous Zoneのやじるしのここほれ。じぃじぃ」、といってくれたので、ほると、マグマ温泉がふくだしたのですよぉー。そのときは、そのふくには、びっくりしましたねぇ~。「モーソー」自由帳に「マグマ温泉を発見したい。」と書いた後でしたのでぇ~。

 

特派員 ハペボン:うひょー、まさしくカイマなので~あります。

 

 

 

 

室長特派員 ハペボン殿。わたくしの「モーソー」自由帳をみつけてくれてたいへんかんしゃしていますですよぉ~。

 

特派員 ハペボン:どういたましてー。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

そうして、またちがうカイマの謎にせまった

なので~あります。 

 

 

。。。。。。。。。。

 

 

第六ゃっほー けっきょくカイマっていったい何なんだどぇ、篇

 

 

次回予告:ゴーガイジャー〇〇〇:うひょー、もうひとつの謎にせまりたいでヒゃっほー?なあなたのために

 

 

そして、 

 

特派員 ハペボンは、

 

ハイ・テン・ショーン

 

なので~あります。 

 

 

この記事は、地底のエルベナノデ~帝国たるの研究室で記者として働く、特派員 ハペボンからのゴーガイジャー367なので~あります。

 

 

f:id:centeroftheearth:20170307233430p:plain

(正式名:エン=ベルス・ドドリオンゲット・プーカラッポナー・ウヒ・ハペボン)

 

 

© 2015- 地底たる謎の研究室