視線の誘導を伴わない文章の解明



あなたのシェアがとても嬉しいなので~あります。
LINE


題名:視線の誘導を伴わない文章の解明
報告者:ダレナン

 人は何かを読むときにはその視線が文字の流れに             重要であろう。
内容を吟味するもの  明らかに必要である。
    文章は正しい流れに沿って
                                   すなわち、誘導しても
  これらのことから、単純に視覚の誘導だけではなく
誘導は通常の慣例によって       ことがよく分かる。
                      より困難度が増すこととなる。
分断された文章でも全体的に
         このように慣例によって誘導される文章は
  しかしながら、その文脈性を捉えるには
                          そのため、文章はこのように分断された形式では
    故意に行われた時に、人はそれを
   流れるようになったのかについては、             記述することが
よって誘導される。
             この文脈性を読み解く能力が
 文章は成り立ちにくい。            解明できない。したがって、
                       これを解決することは文章を増やすにつれ、
                          文章としてみなせるのかについて検証したい。
               文章の前後を認識するという文脈が
その歴史を探ることがキーポイントとなる。
                 行う。そして、文章は特に記事の
  なぜ、文章は左から右へと      記憶だけではなく文と文との関連性を

そこで、本記事ではこの視線の誘導が            眺めることで、その内容の一部は
                          記述するものである。
     しかしながら、このように流れを分断された文章は
         そのため、順序良く文章を記述することが     探し出せる時系列を
 備わっていることで文章を解明できる
                                   何を伝えているのかが
ではなく、ただの誘導の試みとして
理解できるが、最終的に著者が何を伝えているのか
理解しにくいことが分かる。                   支離滅裂とならないのは、
どのように読めばよいのかが不明である。      整理できることが求められる。

       重要であることが理解できる。

From ここから。© 2015 This is 地底たる謎の研究室 version。