地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

オーディオメーカーMcIntoshにおける回路設計の特徴

題名:オーディオメーカーMcIntoshにおける回路設計の特徴 報告者:ログ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で部品一つ一つから電子回路を創り上げるディスクリート回路が、次第に集積化された回路の流れ…

電子回路におけるディスクリートから集積化の流れ

題名:電子回路におけるディスクリートから集積化の流れ 報告者:ログ 電子回路は一般的には抵抗器、コンデンサ、コイル、ダイオード、トランジスタなどの部品から構成される。トランジスタに関しては、かつては真空管が担っていたが、現在で真空管を使用す…

Joe Hendersonの音楽性から粋なJazzを巡って

題名:Joe Hendersonの音楽性から粋なJazzを巡って 報告者:ゴンベ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事でJoe HendersonのBlue Noteレーベルの4140番であるPage Oneのジャケットデザインについて解析した…

失われた時を探して

題名:失われた時を探して 報告者:ダレナン 人は大人になると、現実的なことに目を奪われ、過去の時を忘れがちになる。特に、幼少期・青年期などの思い出は、記憶のあいまいさも伴い、その出来事すら大人となると振り返ることがなくなる。あるいは、大人に…

Joe HendersonのリードアルバムPage Oneのジャケットデザインの解析

題名:Joe HendersonのリードアルバムPage Oneのジャケットデザインの解析 報告者:ゴンベ 優れたレコードレーベルはその音楽性だけでなく、アルバムのジャケットデザインも秀逸なことが多い。近年では、音楽自体がMP3というファイル媒体で販売され、ジャケ…

目隠しの知覚遮断がもたらした非接触性に伴う精神面への影響

題名:目隠しの知覚遮断がもたらした非接触性に伴う精神面への影響 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてデカダンス的な要素を人物画像から検討し、5つの要素を列挙することが…

人物画像におけるデカダンス的な要素の探索

題名:人物画像におけるデカダンス的な要素の探索 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事でデカダンスという言葉について検討した。ここでは、人物画像からデカダンス的な要素を探…

地底レストラン:うほぃ~、喜怒哀楽、あなたが起こしやすい感情はどれ?ナス炒めはいかが~

いつもは地底のエルベナノデ~帝国たる謎の研究室にいるB級シェフ ハペボンなので~あります。 本日も、地底レストランにご来店していただき、まことにありがとーございます。 ひさしぶりのお食事ターイム、なので~あります。 本日は、B級シェフ ハペボン…

デカダンスを致命的という言葉から見つめ直す

題名:デカダンスを致命的という言葉から見つめ直す 報告者:アダム&ナッシュ デカダンスは一般的には退廃的、あるいは、背徳的として訳され、理解されている。元々の語はフランスにあり、フランス語でdécadenceとして綴られ、それが日本に定着し、カタカナ…

人生の潮干狩りで見つけるべき2つの貝

題名:人生の潮干狩りで見つけるべき2つの貝 報告者:ダレナン 天気のよい中、潮の引いた海辺でザクザクと熊手をつかって取る貝は、まるで宝を掘り当てたような気になれる。一般的な潮干狩りで使用する道具は、先の熊手、バケツ、さらに手袋などがあれば事足…

日本の偉大なるバックパッカーの軌跡

題名:日本の偉大なるバックパッカーの軌跡 報告者:トシ バックパッカーという言葉をご存じだろうか。バックは英語でbackとなるため、日本語では背中、パッカーは英語ではpackerとなるため、日本語では積める人となる。この二つを合わせると背中で積める人…

Talking Deadの索張りによるWalking Deadでのたわみの抑制

題名:Talking Deadの索張りによるWalking Deadでのたわみの抑制 報告者:トシ Walking Deadはこの記事でも示したように、一大的な社会現象ともなっている。それは、アメリカだけではなく、日本を含めた各国でも様々な情報が飛び交っていることからも推測さ…

© 2015- 地底たる謎の研究室