地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

1-Clickで今すぐ読む


あなたのシェアがとってもうれしいなので~あります。
pocket LINE




題名:1-Clickで今すぐ読む
報告者:トシ

 インターネットの物販で最大の大手は、やはりAmazonになるであろうか。その品数の豊富さは、他の物販サイトの追従を許さない。もちろん、筆者もよく利用させてもらっている。さらに、近年では、Amazonだけでなく、電子ブックやMP3販売も多く、そのすべてがネット上にあるために、スマートフォンやタブレットがあれば、気軽に購入できるよう体制も整った。読みたい、あるいは、聞きたい、と思えば、すぐにその夢が実現する。それが、電子ブックやMP3のよさでもある。
 一方、Amazonでは数年前から「1-Clickで今すぐ買う」なるボタンも備わった。これによって、1クリックするだけで、電子ブックやMP3の即時購入が可能となった。ただし、そのシステムにも欠点がある。それはAmazon側ではなく、購入する側の脳システムにある。気軽に購入できる分、電子化されたファイルのため、返品は(たぶん)できない。気軽に購入してみたものの、その電子ブックやMP3が自分の予想と反して、メリットのない場合は、「金が…」と思えども、それは「戻らない」。気軽さと引き換えに、「金が…」はクレジットカードから決済される。あれも、これも、と「ポチる」と、クレジットカードからお金がどんどんと、「オチる」。さらに、「1-Clickで今すぐ買う」の利点は、1クリックするだけで、「○○さん、ありがとうございました。」となる。気軽な脳システムは、その「○○さん、ありがとうございました。」に、能(脳)天気に喜びつつ、その時は、心に太陽が照りつけるも、いざ購入した商品にメリットがないと判断されると、急に暗雲が立ち込める。恐るべし、「1-Clickで今すぐ買う」である。不確定な「ポチる」は、この記事にあるように、不安定な脳システムの状態では、その罠に気をつけなければならない。
 現在、世の中の景気は一向によくはならない。いろいろなニュースが流れるが、景気がとてもよくなったニュースは、ほとんどない。昨今のニュースは、実にネガティブな内容ばかりである。ジョージ・A・ロメロ監督による「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」(ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(字幕版))や「ゾンビ」(ゾンビ ディレクターズ・カット版 (字幕版))の劇中の名セリフにあるが、

「地獄が死者で一杯になると、地上に死人があふれ出てくる」

「When there's no more room in Hell, The dead will walk the Earth」

と同じように、

「世の中が不満で一杯になると、報道はネガティブがあふれ出てくる」

「When there's no more hope in World, The news will walk the Negative」

かのようである。しかしながら、一方で、つい1クリックを必要以上に繰り返しているにも関わらず、景気は一向によくなっていないことが、筆者には不思議でならない。たぶん、筆者だけではなく、この記事を「1-Clickで今すぐ読む」でしまった人は、多かれ少なかれ、不確定性の「ポチる」をよく理解でき、今の景気にもクエスチョンであろう、と確信している。ただし、安心なことに、この記事には、もちろん決済の機能は備わってはいない。ここまで、読んだなら10円くださいとも、口にはできない。

From ここから。© 2015 This is 地底たる謎の研究室 version。