地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ゴーガイジャー601:うひょー、ホワイトカレー、ホワイトカレ~で、ヒゃっほー?なあなたのために


あなたのシェアがとても嬉しいなので~あります。
LINE



 

いつもは地底のエルベナノデ~帝国たるの研究室にいる特派員 ハペボンなので~あります。

 

が、時に、地底から地上を覗きたくなるなので~あります。

 

そひて、地上を覗きながら、第二十一ゃっほー まさか、じぶんが、The 地底世界の救世主、だったなんて~、篇、略して、「ゴーガイジャー599:うひょー、とんでもにゃいことになったでーヒゃっほー?なあなたのために」にあいなった。なので〜あります。

 

www.centeroftheearth.org

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

地底世界の探検おシリーズ化
その名はヒゃっほー
ただいま好評につき絶賛放送中

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

そうして、saki-biancaさんから、saki家パーティに参加してもらうよう、招待状が届いたおかげで、ローヤからでることができた、なので~あります。

 

エルベナノデ~帝国の国王特派員 ハペボン殿。よかったのー、これでローヤ生活からもかいほうされるじゃが。

 

特派員 ハペボン:まことにありがたきしあわせでございます。

 

エルベナノデ~帝国の国王:まぁ、まぁ。そんなかたいこと言わずに。saki-biancaさんから、ほら、ホワイトカレーの画像も届いておるがな。

 

f:id:centeroftheearth:20190113110631j:plain
© saki_biancaさん

 

うひょー、ホワイトカレ~。
ありがと-ごじゃいます。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

エルベナノデ~帝国の国王:そうそう。特派員 ハペボン殿。本日は、妃もここにくるように言ってあるのじゃが、よんでもいいじゃが?

 

特派員 ハペボン:(ホワイトカレ~の画像をみて、ダイヤモンド(注:地底世界のたべものはイオウかダイヤモンドしかありません)を口にほおばりながら)
もひろんですとも。こくおーしゃま。

 

エルベナノデ~帝国の国王:妃や。カモ~ンぬ。

 

 

f:id:centeroftheearth:20190111003217j:plain

 

 

。。。どきっ。。。

 

 

第二十ゃっほーで、仏像さまの目の光線からのホログラフィック的にでた美しいエルベ~人が、そこにいた。まさか、エルベナノデ~帝国の国王の妃だったとは...。

 

エルベナノデ~帝国の妃特派員 ハペボン殿。はじめまして。同席してもよろしいかしら~。

 

 

特派員 ハペボン:どーじょ、どーじょ。はんなりと。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

そうして、たのしいパーティがすすんだ。食もすすんだ。ちゅっと、たべすぎたかもしれない。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

エルベナノデ~帝国の妃:ところで、特派員 ハペボン殿は、かのオビ=ワン・ケ・ノービ・ダヨポン殿とそっくりですね~。

 

エルベナノデ~帝国の国王:そうじゃが。いいところに目をつけたのー、妃や。

 

エルベナノデ~帝国の妃:そうでしょ。だからね、もしかして、オビ=ワン・ケ・ノービ・ダヨポン殿の後継ぎとしていいかも~と思っているのよ。

 

特派員 ハペボン:ほぇ?

 

エルベナノデ~帝国の妃:命名:オビ=ワン・ケ・ノービ・ハペボン。国王、それで、どうかしら?

 

エルベナノデ~帝国の国王:いいんでないじゃが。

 

エルベナノデ~帝国の妃:じゃ。決まりね...。
皆さま。ただいまから、特派員 ハペボン殿が、オビ=ワン・ケ・ノービ・ハペボンとしてふさわしいかの、ハンターチャンスを開催しま~す。

 

会場:うぉーーーーーーーーーーーーーーーーー。

 

会場はおおいにもりあがった。

 

 

特派員 ハペボン:ハンターチャンス?

 

エルベナノデ~帝国の妃特派員 ハペボン殿。kanahiroさんの、この記事を、御覧なさい。

 

www.hachhach.net

 

特派員 ハペボン:まさに、ハンターチャンス.......なので~あります。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

アウト、セーフ、ハンターチャンス。

 

会場:ど、どうだったぁーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

 

特派員 ハペボン:あ、あ、アウト...........。

 

がーん

 

エルベナノデ~帝国の妃特派員 ハペボン殿。わたくしと「Boo’d Up」させるには、まだまだね。もうすこしローヤでしゅぎょうしてね~。

 

Ooh, no, I’ll never get over you until I find something new

That get me high like you do, yeah, yeah

 

新しい人を見つけるまで、きっと(ダヨポンを)忘れられない

あなた(ダヨポン)のように私(妃)をその気にさせる人に出会うまでは 

 

Head over heels in love

Listen to my heart go ba-do, boo’d up

 

あなた(ダヨポン)に(いまでも)夢中なの

(ダヨポンに感じた)この鼓動を聞いてほしい、このドキドキを

 

© https://ongakugatomaranai.com/ellamai_boodup/から()内追記

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

どうやら、オビ=ワン・ケ・ノービ・ダヨポン殿は、エルベナノデ~帝国の妃の♡を「Boo’d Up」させたナノデ~人のようであった。

 

そうして、じぶんは、また、ローヤ生活にもどった。The 地底世界の救世主までの道のりはヒジョー(非常・非情)②、とおかった。

 

 

第二十ニゃっほー ホワイトカレ~でサイコー気分が、ハンターチャンスでアウトだなんて~、篇

 

 

次回予告:ゴーガイジャー〇〇〇:うひょー、なんとかべつのホーホーでいくで~ヒゃっほー?なあなたのために

 

 

そして、 

 

特派員 ハペボンは、

 

ハイ・テン・ショーン

 

なので~あります。 

 

 

この記事は、地底のエルベナノデ~帝国たるの研究室で記者として働く、特派員 ハペボンからのゴーガイジャー601なので~あります。

 

 

f:id:centeroftheearth:20170307233430p:plain

(正式名:エン=ベルス・ドドリオンゲット・プーカラッポナー・ウヒ・ハペボン)

 

サムネイル:© https://www.deviantart.com/phungvulienphuong/art/Royalty-279884839を一部改