地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

えんばさま・おん・まい・まいんど


あなたのシェアがとってもうれしいなので~あります。
pocket LINE




題名:えんばさま・おん・まい・まいんど
報告者:ダレナン

 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 さくばん、しゃないののみかいでケイコさんのとなりにぐうぜんにすわり、いきとうごう。そうしてぼくはいま、とてもしあわせにみちあふれていた。ぼくは、ケイコさんとむすばれるうんめいにある。そのようすは、すいさいがのようにぼやけていてもとけあって、ぼくのこころのなかはくっきりとして、ゆさいがのりありずむのように、りあるだった。…そういえば、きのうのばん、ぼくはケイコさんとなにがあったのだろうか?

「ケイコさん。きのうのばんのことだけど、ぼくなにかしたかな…」
「やっぱり、おぼえてないくらいに、よってたんだ…」
「ごめん、あるこーるによわいみたい」
「じゃあ、やくそくどおりびじゅつかんにつきあってくれたから、おしえてあげるかなぁ。そうそう、いまもうすぐでおひるだから、いっしょにしょくじにいかない? そこではなす…ね」
「りょーかい」

 きのうのよるのことはすっかりあたまにはない。でも、いまよこにいるケイコさんのすがたは、しぐさは、ひとつひとつがしっかりとあたまにやきついていた。
 しょくじをしながら、ケイコさんはきのうのことをおしえてくれた。なんでも、ぼくはのみかいでねつべんしながら、ケイコさんのてをにぎりしめて、このままいっしょにいたい、となんどもいっていたらしい。ケイコさんもおんなじきもちだったみたいだった。キッペイくんとならずっといっしょにいたい。そうかんじていたらしかった。わたし、このひととむすばれるうんめいにある、って。でも、ほてるにつくと、どきどきするケイコさんをしりめに、そのまま、ケイコさんにだきついたままでねたらしい。そういうないようだった。

「そっか、やっぱりのみすぎはだめだよね」
「でもね、さくばんよこにいるのがキッペイくんでよかった。なにわともあれ、これってうんめいだよね」
「うん。そうおもう」

 そのあとも、はなしがつきなかった。いたりーの、ふらんすの、すぺいんの、いろいろなえのことをはなした。ぼくとケイコさんはえにたいしてかんじるきもちがまったくおなじだった。ときおりぼくのこころがよまれているんじゃないかとおもうくらいに、ケイコさんとおなじだった。ぼくたちのこころはもうひとつにむすばれている。えんばさま・おん・まい・まいんど。そう、えんばさま(ず)にちかえた。



ず えんばさま1)

1) https://www.pinterest.jp/pin/663014376364173887/ (閲覧2020.6.23)

From ここから。© 2015 This is 地底たる謎の研究室 version。