地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

その愛は、鳥ではなくとも羽ばたける。


あなたのシェアがとってもうれしいなので~あります。
pocket LINE




題名:その愛は、鳥ではなくとも羽ばたける。
報告者:ダレナン

 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 「おやっさん、来ました」

「おぅ、そうかい。じゃ、中に入ってもらいな」

「こちらにどうぞ」

 そうして、おやっさんと僕とで、彼女の面接をした(この物語)。

「Yifei Tangさん、ですね。なぜうちの猫ラーメンがよいのでしょうか」

「以前、こちらで拉面を食べたとき、とってもおいしかったです。だから、ワタシ、日本の拉面をベンキョウしたいと思いましたです。ワタシ、ここで、拉面のシュギョウしたいですす。いいでしょか?」

 おやっさんと顔を見合わせた。どうも日本の人ではないようだった。

「ところで、えーっと、タンさん。どこの出身だい?」

「ヂョングゥォ(中国)です。ヂョングゥォ(中国)のウーハン(武漢)です」

「へぇー」

 猫ラーメンも国際的に認められるようになってきた感じがした。僕はイギリス出身、そして彼女は中国出身。美味しいのなら、猫ラーメンはもっと世界へ羽ばたけるかもしれない。そうすれば、鳥 (図) ラーメン。



図 鳥1)

いやそもそも、猫ラーメンは、おやっさんが愛する嫁さんがつけた名前(この物語)。だからこそ、その愛は、鳥ではなくとも羽ばたける。きっとそうだ。なんやかんやとおやっさんもにっこりしている。

「じゃぁ、タンさん。おっちゃんのラーメン道は険しいで~。外人のおねーちゃんに、ついてこれるか?(この物語)」

彼女は「ハイ」と即答した。

1) https://illustrain.com/?p=24565 (閲覧2019.12.23)

From ここから。© 2015 This is 地底たる謎の研究室 version。