地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ゴーガイジャー593:うひょー、な・な・なにかおこったでーヒゃっほー?なあなたのために


あなたのシェアがとても嬉しいなので~あります。
LINE



 

いつもは地底のエルベナノデ~帝国たるの研究室にいる特派員 ハペボンなので~あります。

 

が、時に、地底から地上を覗きたくなるなので~あります。

 

そひて、地上を覗きながら、第十九ゃっほー めちゃめちゃ画力があるがなー天才ここにあらわるぅー、篇、略して、「ゴーガイジャー577:うひょー、しだいに明らかになる、とかい、でヒゃっほー?なあなたのために」にあいなった。なので〜あります。

 

www.centeroftheearth.org

 

しゃらに、Collective & Co.第3回寸劇としてオープンするために、セントラル・ウエスタン・カーニバル・タウンの劇場、スン・ゲキ・シルク・ド・ソレイユ・ダジョーでのミセスGさん監督による、「L'odeur de mon mari me manque」を、ハンディつうしんき with じーぴーえすによるえんかくソーサでお送するはずだったのが...、

 

 

。。。。。ブー。。。。。。

。。。。。タイホです。。。。。。

 

 

となった、なので~あります。そうして、いま、ローヤにいる、なので~あります。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

ローヤの中には、ベッドと仏像さんのみ。

 

なので~あります。

 

f:id:centeroftheearth:20190111001802p:plain

 

そこで、仏像さんにいのってみた。

 

「どーか、どーか。ローヤからださせてくださいませ。」

 

 

。。。。。シーン。。。。。。

 

 

 やはり、なにも答えなかった。そこで、仏像さんに、べつの願いをいった。

 

「どーか、どーか。仏像さま。地底の世界がヘーワになりますように。」

 

 

。。。。。ぴかっ。。。。。。

 

 

 すると、仏像さまの目がひかったと思うと、目から光線がでた。そして、その光線の目の前にとても美しいエルベ~人が、ホログラフィック的にでた。

 

ここで、ふたたび、説明せねばなるまい。

地底人にはおおまかに二種類の人種がある。一つは、特派員 ハペボンのようにほとんど頭だけのナノデ~人、もう一つは、地上の人々によくにた体を持つ地底人のエルベ~人、なので~あります。

 

f:id:centeroftheearth:20190113135948j:plain

 

美しいエルベ~人:あなた、いま、地底の世界のヘーワをいのったわね。

 

特派員 ハペボン:はい。

 

美しいエルベ~人:いいこころがけ、だわ。

 

特派員 ハペボン:はい。

 

美しいエルベ~人:じゃぁね、いいこと教えてあげる。

 

特派員 ハペボン:は、はい。

 

美しいエルベ~人:これ、分かる。これ。

 

よく、目をこらしてみた。石畳のようでもあり、ケーキのようでもあった。もしかして、もしかすると、たまもりさんだけがその事実をしっているかもしれない。

 

 

 美しいエルベ~人:これをね。これをエア~で投げると、愛が芽生えるの。

 

特派員 ハペボン:もったいないようなかんじもする~、なので~あります。

 

 美しいエルベ~人:なにいっているの。エア~なのよ。エア~。ローヤからでる、愛あるコメント座談会に参加するには、これが必要なのよ~。

 

 美しいエルベ~人:そうして、助けてね~、オビ=ワン・ケ・ノービ・ハペボン。あなただけが頼りなのよ~。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

 気がつくと、仏像さまの目からの光線がきえた。そひて、とても美しいエルベ~人も、ホログラフィック的にきえた。1枚の画像スイッチをのこして...。

 

 

。。。。。。。。。。。。。

 

 

愛あるコメント座談会

 

じぶんの正式名は、エン=ベルス・ドドリオンゲット・プーカラッポナー・ウヒ・ハペボンだけど....、もしかして、オビ=ワン・ケ・ノービ・ハペボンなのか?

 

美しいエルベ~人は、だれなんだろう?

 

ただ、ローヤからでるには、

 

愛あるコメント座談会に参加するには、

 

なぜか、その画像スイッチをオッスーしなければならない気がした、なので~あります。

 

画像スイッチ

 

 

第二十ゃっほー 仏像さまの目から光線がでたーそして、美しいエルベ~人がぁー、篇

 

 

次回予告:ゴーガイジャー〇〇〇:うひょー、とんでもにゃいことになったでーヒゃっほー?なあなたのために

 

 

そして、 

 

特派員 ハペボンは、

 

ハイ・テン・ショーン

 

なので~あります。 

 

 

この記事は、地底のエルベナノデ~帝国たるの研究室で記者として働く、特派員 ハペボンからのゴーガイジャー593なので~あります。

 

 

f:id:centeroftheearth:20170307233430p:plain

(正式名:エン=ベルス・ドドリオンゲット・プーカラッポナー・ウヒ・ハペボン)

 

画像:© https://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=149475&word=%E5%A4%A7%E4%BB%8F
© https://orig00.deviantart.net/2513/f/2012/017/b/c/bc1cf570e413fd6c7dc9e0ab96bda280-d4mmwiv.jpg

 

© 2015- 地底たる謎の研究室