地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

そのひかりをとらえる


あなたのシェアがとってもうれしいなので~あります。
pocket LINE




題名:そのひかりをとらえる
報告者:ダレナン

 本物語は、基本的にこの物語の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 いたりーからほーらんどへうつった、あのとうじ、かたときもエミリアのことをわすれたことがなかった。エミリアにあいたかった。ごーんごーんとかねがなり、ふぃれんつぇのよるはふけていく。でも、エミリアはあらわれなかった。あたりまえだ。ぼくはひにちをまちがえていたのだ。エミリアには「わたしとのやくそくなんて、きっぺいにはもうどーでもよかったのね。わたし、じ(ゅ)んせい、まちがえたみたい」。そう、こくられ、しゅうけつした、はまーすみす・おでおん。しついのじょうたいで、エミリアにわたすはずだったちゅーりっぷをみて、ほーらんど。つぎのていしゃえきは、ほーらんど。ほーらんど、にいくか…? いこー、いこういこう、ほーらんど。やっほーやっほーほーらんど、とすきっぷした。これぞ、まさしく、こいのかたみちきっぷ。もう、エミリアともとにはもどれなかった。
 マウリッツハイス。そこからはじめたせいかつだった。ひび、ふうけいをみて、そのひかりをとらえる。それを、きゃんばすにしょうさいにうつす。それが、ぼくのしごとだった。かんたんにいってしまえば、そういうしごとだ。いたりーでは、かんたんにいえば、ざいりょうをきって、おりーぶおいるでにんにくをいためて、さらにてくびをいためて、ぼくのりょうりをたべては、エミリアに「きっぺい、てんさいかも…」といわれていた。そういうしごとだった。そのときのえがおが、そのときのエミリアのえがおが、とてもすきだった。エミリアのえがお…。いけない、またおもいだしてしまった。
 でも、こんきゅうした、かせげないひびは、しだいにせいかつひがそこをつく。たりない。そうして、ぼくは、ふでから、かめらへとしだいにしゅだんをかえざるをえなかった。
 あらゆるものをさつえいした。もはや、しゅうにゅうがえられれば、なんでもよかった。なんでもだ。でも、このぎょうかいもらいばるがおおく、そのひぐらしのせいかつひをかせげるかどうかだった。そんなとき、エミリアのおもかげをたちきるように、ジェシカとであった。ぼくがさつえいし、ジェシカがもでるとなる。それを、なんどかくりかえすひびがつづき、せいかつひもしだいにあんていしていった。なんでも、あとから、どうりょうにきいたはなしによると、ジェシカがなんどもぼくをしめいしてくれたみたいだった。
 とうじ、ジェシカによくいわれた。「あなたのえ、とってもすきよ。かめらよりもえのほうがいいんじゃない。うん、ぜったいに、そう」。たぶん、せかいではじめてぼくのえをみとめてくれたジェシカ。でも、このいちまい(ず)は、たぶん、ぼくのえぢからではかんせいできなかったかもしれない、ほーらんどのひかり。



ず ジェシカとのすたーと1)

 「ジェシカ、おぼえているかい。あのときから、ぼくたちはすたーとしていたんだ。きっと」

1) https://www.pinterest.jp/pin/337981147017297172/ (閲覧2020.6.5)

From ここから。© 2015 This is 地底たる謎の研究室 version。