地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

ゴーガイジャー367:うひょー、明らカイマがカイマでヒゃっほー?なあなたのために

いつもは地底のエルベナノデ~帝国たる謎の研究室にいる特派員 ハペボンなので~あります。 が、時に、地底から地上を覗きたくなるなので~あります。 そひて、地上を覗きながら、第五ヒゃっほー 明らカイマってけっきょく何だどぇ、篇、略して、「ゴーガイ…

ゴーガイジャー359:うひょー、しだいに明らカイマでヒゃっほー?なあなたのために

いつもは地底のエルベナノデ~帝国たる謎の研究室にいる特派員 ハペボンなので~あります。 が、時に、地底から地上を覗きたくなるなので~あります。 そひて、地上を覗きながら、第四ヒゃっほー 洞穴の謎が少しわかったどぇ、篇、略して、「ゴーガイジャー3…

世界一巨大なエビを探せ

題名:世界一巨大なエビを探せ 報告者:トシ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事で今現在で最も大きなタコはミズダコであることが判明した。しかしながら、世界最大といえどもその大きさは体長3m、体重30…

心臓の拍動を操る自律神経の機能

題名:心臓の拍動を操る自律神経の機能 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で心臓の働きのきっかけを生むキース=フラックの結節について調べるとともに、その発見の経緯についても触れ…

心臓の拍動を決定するキース=フラックの結節の発見

題名:心臓の拍動を決定するキース=フラックの結節の発見 報告者:ダレナン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で心臓とハートとこころについて考えた。ここでは心臓の働きについて、その働きのきっかけ…

心臓にはこころはないが、ハートにはこころがある

題名:心臓にはこころはないが、ハートにはこころがある 報告者:ダレナン 心臓はその名が示す通りで、心の臓器となる。今よりも医学が発達していなかったかつては、心臓は心の臓器となり、この臓器がこころ(物質的な心ではなく、精神的な心を、ここではひら…

人を操る謎の球体による洗脳的な感覚

題名:人を操る謎の球体による洗脳的な感覚 報告者:ゴンベ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事では鎖につながれた象の心理について検討していた。そこでは、鎖という心の洗脳によって象が操られている状…

鎖につながれた象の寓話に基づく象の心理

題名:鎖につながれた象の寓話に基づく象の心理 報告者:ダレナン とあるサーカスの象は小さい時から鎖につながれている。その小さな象にとって、鎖につながれた杭はあまりに大きく、逃げようと頑張っても、逃げられない。そのうちに、象は自分の無力さを認…

「The Fat of the Land」のカニの特定

題名:「The Fat of the Land」のカニの特定 報告者:ゴンベ 音楽はその音からもたらされる聴覚的な刺激だけでなく、時には視覚をも刺激する。例えば、この記事にも示したように、ジャケットからもたらされる音の印象は、そのアルバムを印象付ける大きな要素…

人工的な構造物の欠点に関する一考察

題名:人工的な構造物の欠点に関する一考察 報告者:エゲンスキー 人の知能といえば、人が他の動物と異なる進化を選んだ自然界がもたらした一つの結果となる。そのため、人の知能は、自然知能の最たるものとも言い換えることができようか。これに対して、人…

甘鯛はあま~い鯛なのか?

題名:甘鯛はあま~い鯛なのか? 報告者:ちょろりん 甘鯛は、その字の通り、甘い鯛と書く。何だか心が疲れて、誰か、人に、”甘えたーい”、時に食べる、そんな訳ではないだろうが、甘い、と、鯛、が組み合わさることで、なんて素敵な鯛なのと思いきや、さらに…

暗黙知の事例をスティーブ・ジョブズ氏の伝記から紐解く

題名:暗黙知の事例をスティーブ・ジョブズ氏の伝記から紐解く 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事でスティーブ・ジョブズ氏の魅力を考えるとともに、この記事でAppleの歴代の製品発…

直感と直観を調べることで、ちょっかんの勘を養う

題名:直感と直観を調べることで、ちょっかんの勘を養う 報告者:トンカツる 「ちょっかん ちょっかん ... ちょかん ..」と何度も繰り返すと、いずれ、ちょっとは口を噛んでしまう。その”ちょっと口を噛む”、略してちょっかんであるが、ちょっかんには漢字で…

人を動かすのは理性でなく、感情である

題名:人を動かすのは理性でなく、感情である 報告者:ダレナン ここで説明するまでもなく、自明の解答ではあるが、人は人からの影響によって人自身が形成されるも、その形成は理性ではなく、感情による影響が多くを支配している。理性は人が人であることを…

ピタゴラスの定理への理解

題名:ピタゴラスの定理への理解 報告者:ログ 例えば、街中を歩くと、ふと地面には綺麗なタイルが並んでいることがある。これを正方形のタイルとする。さらに、その正方形のタイルには対角線となる位置に線が入っている。そのタイルを巧妙に4枚づつ組み合わ…

歪んだ2次元は、3次元の意識となりうるのか?

題名:歪んだ2次元は、3次元の意識となりうるのか? 報告者:ダレナン 現在の我々の住む世界は3次元である。縦と横と高さと3つの軸があるので、3次元となる。ゆえに、3次元空間となる。これに時間軸を加えて4次元とすることもある。しかしながら、時間は宇宙…

魔法の瓶の種明かし

題名:魔法の瓶の種明かし 報告者:トシ 魔法は実に魅力的である。人を意のままに操れる上に、妖怪・モンスターもやっつけることができる。逆に言えば、人を悪の意のままに操り、妖怪・モンスターを仲間にすることもできる。また、それを扱うことができる者…

オーディオメーカーMcIntoshにおける回路設計の特徴

題名:オーディオメーカーMcIntoshにおける回路設計の特徴 報告者:ログ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で部品一つ一つから電子回路を創り上げるディスクリート回路が、次第に集積化された回路の流れ…

電子回路におけるディスクリートから集積化の流れ

題名:電子回路におけるディスクリートから集積化の流れ 報告者:ログ 電子回路は一般的には抵抗器、コンデンサ、コイル、ダイオード、トランジスタなどの部品から構成される。トランジスタに関しては、かつては真空管が担っていたが、現在で真空管を使用す…

Joe Hendersonの音楽性から粋なJazzを巡って

題名:Joe Hendersonの音楽性から粋なJazzを巡って 報告者:ゴンベ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 この記事でJoe HendersonのBlue Noteレーベルの4140番であるPage Oneのジャケットデザインについて解析した…

失われた時を探して

題名:失われた時を探して 報告者:ダレナン 人は大人になると、現実的なことに目を奪われ、過去の時を忘れがちになる。特に、幼少期・青年期などの思い出は、記憶のあいまいさも伴い、その出来事すら大人となると振り返ることがなくなる。あるいは、大人に…

Joe HendersonのリードアルバムPage Oneのジャケットデザインの解析

題名:Joe HendersonのリードアルバムPage Oneのジャケットデザインの解析 報告者:ゴンベ 優れたレコードレーベルはその音楽性だけでなく、アルバムのジャケットデザインも秀逸なことが多い。近年では、音楽自体がMP3というファイル媒体で販売され、ジャケ…

目隠しの知覚遮断がもたらした非接触性に伴う精神面への影響

題名:目隠しの知覚遮断がもたらした非接触性に伴う精神面への影響 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にてデカダンス的な要素を人物画像から検討し、5つの要素を列挙することが…

人物画像におけるデカダンス的な要素の探索

題名:人物画像におけるデカダンス的な要素の探索 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事でデカダンスという言葉について検討した。ここでは、人物画像からデカダンス的な要素を探…

デカダンスを致命的という言葉から見つめ直す

題名:デカダンスを致命的という言葉から見つめ直す 報告者:アダム&ナッシュ デカダンスは一般的には退廃的、あるいは、背徳的として訳され、理解されている。元々の語はフランスにあり、フランス語でdécadenceとして綴られ、それが日本に定着し、カタカナ…

人生の潮干狩りで見つけるべき2つの貝

題名:人生の潮干狩りで見つけるべき2つの貝 報告者:ダレナン 天気のよい中、潮の引いた海辺でザクザクと熊手をつかって取る貝は、まるで宝を掘り当てたような気になれる。一般的な潮干狩りで使用する道具は、先の熊手、バケツ、さらに手袋などがあれば事足…

日本の偉大なるバックパッカーの軌跡

題名:日本の偉大なるバックパッカーの軌跡 報告者:トシ バックパッカーという言葉をご存じだろうか。バックは英語でbackとなるため、日本語では背中、パッカーは英語ではpackerとなるため、日本語では積める人となる。この二つを合わせると背中で積める人…

Talking Deadの索張りによるWalking Deadでのたわみの抑制

題名:Talking Deadの索張りによるWalking Deadでのたわみの抑制 報告者:トシ Walking Deadはこの記事でも示したように、一大的な社会現象ともなっている。それは、アメリカだけではなく、日本を含めた各国でも様々な情報が飛び交っていることからも推測さ…

シダ植物の形状の特徴を数学的に再現する

題名:シダ植物の形状の特徴を数学的に再現する 報告者:エゲンスキー シダ植物はその端正な形状と手入れが少なくとも美しくみえることから寺院にも多く植えられ、また、観葉植物としても栽培されることが多い1)。例えば、京都の右京区北嵯峨にある浄土宗の…

動画から見たApple史の変遷とAppleのコア

題名:動画から見たApple史の変遷とAppleのコア 報告者:ナンカイン 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先のこの記事にてAppleやスティーブ・ジョブズ氏の魅力について報告するとともに、Appleの理想の背景にはジ…