地底たる謎の研究室

3000km深から愛をこめて

何と読むのか分からない題名の映画”S@motność w sieci”の内容を類推する

題名:何と読むのか分からない題名の映画”S@motność w sieci”の内容を類推する 報告者:ログ 難しい、かつ、なんとなく高尚な映画に関して、時折その題名からして意味が分かりにくいタイプがある。表題の”S@motność w sieci”も映画で、それに相当する。しか…

悪魔の誘いと、天使のささやきを、大人目線で捉える

題名:悪魔の誘いと、天使のささやきを、大人目線で捉える 報告者:ダレナン 大人になると、経験値が豊富になり、あらゆることに対して言い訳で済まそうとする。若いころは心のセンシティビテイでもって、ややもすれば精神的に様々なことが負担となった。し…

アッパーカットな夜道を走れ

題名:アッパーカットな夜道を走れ 報告者:ダレナン 今日は満月だ。とても夜道が光っている。 「俺のAE86も昨日の丁寧な洗車で、ピカピカと光っている。よし…。」。実に誇らしげな俺の相棒(AE86)だ。 キーを回し、エンジンをうならせる。 ブロブロ…….、ブォ…

サーモンは如何にして高い地位の寿司ネタになり得たのか?

題名:サーモンは如何にして高い地位の寿司ネタになり得たのか? 報告者:トシ そう言えば、かつてはなかった寿司ネタにサーモンがある。今では回転スシの人気でNo.1とも言える勢いであり、回転スシ屋でまず始めに食べるネタがサーモンである人も少なくない…

Collective & Co.:なななななんてー、これはすきだなぁー的な、おっほほなー365日

いつもは地底のエルベナノデ~帝国たる謎の研究室にいる特派員 ハペボンなので~あります。 Collective & Co.を、今宵、またもや、リンジオープン。 そうして、なななななんてー、これはすきだなぁー的な、おっほほなー365日。 。。。。。。。。。。。 なぜ…

12という特別な数字

題名:12という特別な数字 報告者:ダレナン 12という数字は不思議である。例えば、干支は12支、星座も12星座である。その他、1年も12カ月、時計も12時間で一周りとなる。さらに、小学校6年、中学校3年、高等学校3年を合計すると12年となり、ここでも12とい…

地中海式ダイエットにおける医学的な見地

題名:地中海式ダイエットにおける医学的な見地 報告者:エゲンスキー ダイエットとは、日本では一般的に痩せるための意味合いが強いが、語源には食生活との意味もあり、例えば、進化的な属性としてチンパンジーの食べ方を研究した文献1)では、ダイエット(Di…

明るい目と、明るい髪の人々の分布の関連性

題名:明るい目と、明るい髪の人々の分布の関連性 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で明るい色彩も持つ人々の分布についてヨーロッパ圏を中心に調べ、青い目の歴史について探…

明るい色彩の目を持つ人々の分布から調べた青い目の歴史

題名:明るい色彩の目を持つ人々の分布から調べた青い目の歴史 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて青い目の人からのインスピレーションでもって、青い目の秘密を探り、それ…

青い目の秘密

題名:青い目の秘密 報告者:アダム&ナッシュ 日本人であれば、多くの人の目は黒、または、黒に近い褐色がほとんどであろう。時おり、それとは若干異なる色を持つ人もいるが、欧米には中でも青い目の人も多く見かける。例えば、図の写真はMaryanna Vostokova…

手羽先餃子のうまさの公式

題名:手羽先餃子のうまさの公式 報告者:ちょろりん 手羽先はこの記事でも示されたように食べ方にはコツがいる。鶏肉でも、その名の通りで手と羽に位置する部位であるために、骨が多い。そのため、箸などで食べるよりも、手で食べる方が食べやすい。まさに…

人にとってLove is はAllなのか?

題名:人にとってLove is はAllなのか? 報告者:ゴンベ 人と人の関係でも最も重要な概念はやはりLoveに他ならない。それは、男女間だけでなく、性別を超えた存在の人にも当てはまるであろう。男性が女性を、あるいは、女性が男性を好きになることは当たり前…

シャトー・マーモントホテルでの雰囲気を夢見て

題名:シャトー・マーモントホテルでの雰囲気を夢見て 報告者:トンカツる シャトー・マーモントホテルはセレブ御用達のホテルであり、生涯に一度は宿泊したいホテルではある。住所は8221 W Sunset Blvd, West Hollywood, CA 90046-2484にあり1)、その住所に…

どんだけ~は、どんだけ~か、どんだけぇ~か、それとも、どんだけ~!か の魔力

題名:どんだけ~は、どんだけ~か、どんだけぇ~か、それとも、どんだけ~!か の魔力 報告者:トシ どんだけ~は、言わずとしれたタレントのIKKOさんの名フレーズである(IKKOさんは、本業で言えばタレントというよりも美容家1)とされる方ではあるが、ここ…

シフォンケーキ作りにおける型の素材の違いがケーキの膨らみに与える影響

題名:シフォンケーキ作りにおける型の素材の違いがケーキの膨らみに与える影響 報告者:エコノ シフォンケーキは、アメリカの料理愛好家でもあったハリー・ベーカー氏によって考案された1)。その考案された当時、レシピが謎とされていた1)。たぶんにその謎…

日常と非日常に伴う精神的な陰陽の境目

題名:日常と非日常に伴う精神的な陰陽の境目 報告者:エゲンスキー 生活にはいろいろな側面がある。一般的に行われる、習慣的な内容であれば日常的な行為と言える。しかしながら、一般的ではない、非習慣的な内容であれば、それは非日常的な行為となる。し…

宇宙に満ちるダークエネルギーの正体に関する一仮説

題名:宇宙に満ちるダークエネルギーの正体に関する一仮説 報告者:ナンカイン 本記事は明らかに非科学的な内容を含む。そのため、「トンデモ本の世界」の”と学会”にも認定されるかもしれない。しかしながら、その本の中にある、例えば、ナチスはUFOを造って…

ニュートンの運動の法則を現実化の法則に置き換える

題名:ニュートンの運動の法則を現実化の法則に置き換える 報告者:ダレナン ニュートンに関してはここで言うまでもないが、偉大な科学者の一人である。微分積分を体系化しただけでなく、この世の運動に関する法則を見出したことでも有名である。所謂ニュー…

注視が持つ意味

題名:注視が持つ意味 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で眼球の動きから、視線の様子、さらにその心理状態を探ることで視線の背後にある意味について考察した。ここでは、そ…

視線の背後にある意味

題名:視線の背後にある意味 報告者:アダム&ナッシュ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事にて運命的な意識的な意識について考え、そのきっかけは自己内に意識化された記憶に基づいて相手からの注視によ…

脳内の特別な記憶を特別な想起に変える注視 -運命の人の背景論-

題名:脳内の特別な記憶を特別な想起に変える注視 -運命の人の背景論- 報告者:アダム&ナッシュ 目は口ほどにものを言う、ということわざがある通り、人は目から受ける影響が非常に大きい。こと体の部位に関することわざを調べても、鼻を含むことわざは19、…

トイレットペーパーの芯を覗くと、何が見えるのか?

題名:トイレットペーパーの芯を覗くと、何が見えるのか? 報告者:トシ トイレでトイレットペーパーを使う回数は人によって様々である。しかしながら、トイレットペーパーはシングルがいいのか、ダブルがいいのかについては、この記事でも報告したように、…

「考え方の違いは是正できない。できるとしても、どちらかが、結局は譲歩するだけである。それは意味のあることなのか?」に関する主観的時間の知覚論

題名:「考え方の違いは是正できない。できるとしても、どちらかが、結局は譲歩するだけである。それは意味のあることなのか?」に関する主観的時間の知覚論 報告者:ダレナン 社会的に存在するのが人であり、その社会的な存在になしには、人は存在しえない…

コンテンツが増えると飽きも早い。それはどうなのか?

題名:コンテンツが増えると飽きも早い。それはどうなのか? 報告者:トンカツる (カラアゲる) とんかつはうまい。なにも、それは、自分の名前が”トンカツる”だけであるからではない。とんかつが好きであることから、”トンカツる”としてみたものの、時折、”…

古代都市Pavlopetriの3次元的な新古学研究

題名: 古代都市Pavlopetriの3次元的な新古学研究 報告者:トシ 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で3Dの新たな時代の幕開けとして花束 3Dケーキを取り上げていた。ここでは、同じ3D(3次元)的な要素を調…

新たな3D時代の幕開けに向けて

題名:新たな3D時代の幕開けに向けて 報告者:ちょろりん 映画監督のジェームス・キャメロン氏による映画「アバター」以降、世の中は多くの3Dにあふれるようになった。3DとはThree(3) Dimensionの略で、日本語であれば、本来の語は3次元となる。ただし、今で…

”怒りの呪い”は如何にして断ち切るか? -リングからの考察-

題名:”怒りの呪い”は如何にして断ち切るか? -リングからの考察- 報告者:トシ 特に子を持つ親として、容易ならざるを得ない状況で、親は怒ることがしばしばある。しかしながら、その怒りは子のために良くないとは理解しつつも、ヒートアップした怒りは留ま…

愛から情への移り変わりは波の如く

題名:愛から情への移り変わりは波の如く 報告者:ゴンベ 人の精神のはかなく、それでいて、移ろいやすい。それだけ、人の精神の脆弱性を示しているとともに、どのような人であれ、人という存在は完全なる存在ではないことをも示唆しているのかもしれない。…

単純モデルによる集団数と生産性との関係

題名:単純モデルによる集団数と生産性との関係 報告者:エゲンスキー 本記事は、基本的にこの記事の続きであることを、ここで前もってことわりたい。 先の記事で生存率とGDPの国別の推移をギャップマインダー1)により確認した。そのデータの推移から、かつ…

発展途上国へのイメージは、もはやかつての神話でしかない。

題名:発展途上国へのイメージは、もはやかつての神話でしかない。 報告者:エゲンスキー 現在、日本の人口はどんどんと減少し、それと同時に労働人口の減少も伴って、生産する能力においてもかつてのMade in Japanと誇れる状況が次第に失われつつある。今や…

© 2015- 地底たる謎の研究室